東南アジア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

東南アジア(SE Asia)とはアジア大陸のうち、中華ソビエト共和国インドにはさまれたあたりの地域を指す。メジャーな国からマイナーな国まで数多くの国がある。経済的には恵まれていないが、熱帯雨林には恵まれている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東南アジア」の項目を執筆しています。

地形[編集]

ごちゃごちゃと入り組んだ海岸線と、曲がりくねった河川が特徴。赤道付近は島々がごちゃごちゃしている。

この地域の地図は非常に描きづらいため、地図の制作を依頼すると別料金(ごちゃごちゃ料)を請求されることもあるほどである。

歴史[編集]

アヘン戦争から第二次世界大戦までの105年間に亘って、イギリスフランスオランダといったヨーロッパの蛮族が東南アジアを植民地にして横暴やりたい放題を展開した。しかし、アヘン戦争から100年後の1941年12月には、これにブチキレた大日本帝国がヨーロッパの蛮族を倒そうとしたが、やったことは「天皇様マンセー」でヨーロッパの蛮族と同じだった。東南アジアの民衆は、大日本帝国軍を追放した後には、ナチスドイツとの戦争で疲れ切ったヨーロッパの蛮族を追放した。

その後は、中華民国人か中華ソビエト共和国人(以下、あわせて中国・中国人と呼ぶ。華僑とも)がミニ植民地を作った。まれに現地人も見受けられるが、社会的に恵まれていない。このことから、同地域は中国の傀儡地域、もしくは半植民地と言われている。

現地人は勤勉実直であり、進んで稲作、バナナの栽培、売春などに励んでいる。

宗教[編集]

かつては伝統的に多くの国で仏教を熱心に信仰していた。しかし近年では無宗教の中国人が大量に流入したため、宗教色が薄くなっている。しかしお金にうるさい中国人は、なにかにつけてお金お金と唱えるため、拝金思想が一種の宗教と化している。

東南アジア各国では、よく金色のアクセサリーをつけた人を見るが、これは拝金思想が抽象化された結果である。

経済[編集]

この地域の国富の99.8%は、日本国中華民国中華ソビエト共和国からの入植者や企業がもたらしたものである。多くの国で累進課税制度が採用されているため、所得税収入の99.96%はこれらの入植者や企業を税源とする。

この地域で古くからさかんな産業としては、の栽培、バナナの栽培、天然ガスの採掘などが挙げられる。このうち中国人が携わっているのは、天然ガスの採掘だけである。

日本国・中華民国・中華ソビエト共和国の観光客も多く、日本人には東南アジアの米を買う者も多い。しかし、夜間には大抵外出禁止令が出される。これは、毒蛇による被害が多いためである。従って、外国の企業は、毒蛇の駆除や、毒蛇への防衛策を講じることを要求される。

日本との関係[編集]

天皇ヒロヒトラーが惹き起こした大東亜戦争で破壊された地域の一つ。大東亜戦争中には、日本帝国軍とヨーロッパ各国の総督府によって食糧を劫奪され、「ネ申」である天皇に反く者は次々と処刑された。このため、原爆投下に対しても「ざまあみろ!」って思ってる人が大半である。

大日本帝国が倒れ、日本国が立った後も、日本国の商社は次々と禁則事項ですを建設し、日本国の政治家は東南アジアの開発独裁者と結託して、ODAの金で民衆を懐柔した。洋食屋で出されるが、実は東南アジアの養殖池で養殖されてることは禁則事項です

著名人[編集]

関連項目[編集]

この項目「東南アジア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)