東武鬼怒川線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鬼怒川線(きぬがわせん)は、栃木県日光市下今市駅から同市の新藤原駅までを結ぶ、東武鉄道の鉄道路線である。その名の通り、鬼怒川温泉へ向かう路線である。

概要[編集]

この路線は大正のはじめ、鬼怒川に水力発電所を建設するための資材運搬用の鉄道として、今市から下滝(現在の鬼怒川温泉まで建設された。

その後、大正6年1月に下野軌道株式会社が「おらが村にも汽車を」とその路線を買い取り、大谷向今市(現:大谷向)~中岩(廃止)間で営業を開始した。同年11月に大原(現:鬼怒立岩信号場)まで、大正8年に下滝(現:鬼怒川温泉)、新今市(現:JRイマイチ)まで、さらに、藤原(現:新藤原)まで開通した。

大正10年に下野電気鉄道と改称し、その翌年に電化されたが、経営難に陥った。そこに、鬼怒川の渓谷と温泉に目をつけた東武が少しずつ資本を注ぎ込んで子分にしていき、東武日光線が下今市まで開通した昭和4年、東武がぴーを使って國鐵との接続を止めさせ、代わって東武日光線と接続させ、新高徳まで改軌させた。その後、全線の軌間と電圧を東武に合わせさせた。

そうして東武は鬼怒川温泉で儲けまくった。そして気が付いたら、東武鬼怒川線になっていた。しかし、ターミナルが浅草という不便な場所にあるためか、根性もとい路線が曲がってしまったようだ。そこで、新宿池袋からも金ぴーもといお客様を呼ぼうと言うことで、かつてライバルだったはずのJRと手を組んで、直通特急を走らせた。しかしほとんどの関係者はもう曲がった路線は治らないだろうと考えている。

運行形態[編集]

一般車[編集]

普通と区間急行があるが、鬼怒川線内は各駅に停まる。

列車によっては福島県の会津田島駅まで運行されるものもある。うっかり寝てしまうと、最悪の場合、第三セクター2社を経由して南会津まで連行される。

会津鉄道の気動車を使った快速「AIZUマウントエクスプレス」が、鬼怒川温泉から会津若松まで走っている。野岩鉄道や会津鉄道の秘境駅は華麗にスルーする。

特急[編集]

特急は、浅草発の「とうふ」とJR直通の「きぬがわ」、会津鉄道直通の「リバティーシティ会津」がある。「とうふ」は、鬼怒川線内で急加速・急減速・ドリフトなど運転士の気まぐれで様々な技を決めながら鬼怒川公園、鬼怒川温泉・新高徳に停車する。なお、「とうふ」では、車掌は、審査員となり、10点満点で技の得点をつける。特急料金は、技の得点の2乗の50倍となる。

「きぬがわ」は、いたって普通の運転である。新高徳は通過する。特急料金は、サイコロの目の100倍となる。 また、夏と冬に夜行が走っているらしいが見たものは誰もいない。時刻表にも載っていない。

見えたならそれは幻覚です。すぐに浅草寺鷲宮神社でお祓いしてもらう事をお勧めします。

「リバティ会津」は、浅草直通の快速を特急に格上げしたもの。要するにぼったくり特急である。そのような非難を少しでも抑えるためか、鬼怒川線内は各駅に停車、かつ下今市駅〜会津田島駅は乗車券のみで乗車可能という太っ腹。各駅停車じゃ特急の意味があんまりないような…とも思われるだろうが、千葉のほうじゃ普通にやってるので誰も気にしない。特(に)急(がない)=特急。

SL大樹[編集]

2017年8月10日に運行を開始したSL列車。下今市〜鬼怒川温泉で土休日に運行され、途中の停車駅は東武ワールドスクウェア駅のみ。機関車にはJR北海道が所有するC11形207号機が使用されるが、これはJRが維持しきれなくなって行き場に困っていたところに東武が救いの手を差し伸べたもので、その際にJRが“いつでも取り返せるように”との保険をかけたため、東武が借りている扱いとなっている。つまりいつかは返せ、と言うことなのだが、これに対し東武は「いつかえさなかった!?えいきゅうにかりておくだけだぞ」と反論するつもりでいる。ちなみに客車(14系、JR四国から)や補機のディーゼル機関車(DE10、東日本から)は譲渡された扱いとなっており、JR北海道のがめつさが垣間見えるというものである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東武鬼怒川線」の項目を執筆しています。


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「東武鬼怒川線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)