松田伊三雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松田伊三雄」の項目を執筆しています。

松田 伊三雄 (まつだ いさお、1896年3月10日 - 1972年6月23日)は、かつて越後屋の大旦那を務めていたうどん県生まれの人物である。ちなみに祖先は宇喜多直家ハニートラップの犠牲者である。

概略[編集]

学歴[編集]

  • 1912年3月 - うどん県三豊市立某中学校、卒業
  • 1912年4月 - うどん県立観音寺第一高等学校、入学
  • 1915年3月 - うどん県立観音寺第一高等学校、卒業
  • 1915年4月 - 慶應義塾大学経済学部、入学
  • 1919年3月 - 慶應義塾大学経済学部、卒業

職歴[編集]

  • 1919年4月 - 両親及び兄弟もほぼ全滅したため、越後屋に住み込みで丁稚奉公する。この間に手代となる。
  • 1940年前後 - 越後屋、京城支部の支配人になる。
  • 1947年 - 越後屋の番頭になる。
  • 1949年 - 越後屋の大番頭になる。
  • 1963年 - 越後屋に大旦那になる。
  • 1971年 - 越後屋史上最高の売上高を達成する。
  • 1972年 - 大旦那の座を降りる。天国に支店を出す。

エピソードの数々[編集]

京城からの撤退戦[編集]

戦時中、越後屋は韓国京城に支店を出していたが、内地への撤退が決まったため、支店放棄を決定した。

松田は自ら殿軍として、使用人とその家族を逃がすために敵の追撃を食い止めたと言う。松田の勇姿は、世界一のアンチブルジョワであった金日成をして数滴チビらせ、彼は敵将に敬意を表したと言われている

帰国後[編集]

日本まで無事退却した松田は、その武功によって、越後屋の番頭に任命された。

そして当時の大旦那であった岩瀬英一郎の隣に机を置き、銀行屋上がりである岩瀬の独裁体制下にあって、内心おびえつつも、堅実に自己の職責を全うしたという。

「松田さんね、人間やっぱ食いすぎちゃ駄目だって。適度に食って、しっかり運動しなきゃ」
越後屋 について、岩瀬英一郎
「岩瀬さんの隣に机を置いて、“量より質、変化より安定”の大切さを叩き込まれましたね」
上の発言 について、松田伊三雄

大旦那になる[編集]

1963年。前の大旦那であり、松田の唯一の上司だった岩瀬が没したため、越後屋の大旦那に就任した。

松田の大旦那時代は、岩瀬時代に比べ雰囲気が少しまったり気味だった。…これが悪名高き後の越後屋事件の遠因になったのは言うまでもない。しかし松田は岩瀬の方針を踏襲し、一方で機械的な解雇や左遷を激減させていった。容赦なく厳しい人だった岩瀬と異なり、「仏の松田」と綽名される優しい人物と評された。

1968年には越後屋・銀座店も完成し、1971年には越後屋史上一番の売り上げであり、小売店業界で最高値の1000億円の売り上げを達成した。

翌年、松田は大旦那の地位を降り、天国支店の支配人に就任した。享年76歳。

死後[編集]

  • 時代劇では悪徳商人として有名な越後屋だが、松田の死から10年後、あの越後屋事件が発生し、その後々にいたるまで越後屋の屋上には、ディグダグどころか、アイマスの筐体すらおかせてもらえなかったと言う。
    • ↑の事件を受けてナズェダ!!と、下手人である当時の大旦那は憤慨したが、最後は小声で「何故だ……」としか言えなかったらしい。これが当時の流行語となった。後にこの大旦那は奉行所にしょっ引かれていった。
  • 松田の死後35年が経過し、ついに越後屋は乗っ取られる事となった。

有名な言葉[編集]

のれんは磨いて初めて値打ちが出る。先人たちは、過去を踏まえながらも、絶えず時代を先取りする先見の明を持っていた。
越後屋 について、松田伊三雄
「岩瀬さんは、部下の間違いを断乎許さず、降格や左遷ばっかりしてましたね。私も内心ビビッたものですよ…」
岩瀬英一郎 について、松田伊三雄

参考文献[編集]

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
松田伊三雄が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/実業家」へ収録されています。


この項目「松田伊三雄」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)