板垣退助

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「板垣退助」の項目を執筆しています。
「自由は死んだのに板垣は生きているなんて滑稽だね」
板垣退助 について、宮武外骨

板垣退助(いたがき たいすけ)は、大和民国小説家1593年2月22日生。福井県鯖江市出身。本名板垣進助。1620年「よいニートになるために」で紫式部賞を受賞。

作風は緻密な心情描写が特徴で、西洋哲学の影響を受ける。「私が死んでも私の精神は残る」という発言をしたことで著名。また類稀な口舌の徒であったのは良く知られている。一時はさる国の紙幣百円札の紙面を飾ったこともあり、三枚集めると三百代言の称号を名乗ることができた。

板垣退助の作品[編集]

  • 大和文庫
    • 「よいニートになるために」
    • 「松茸のおいしい食べ方」
    • 「灰色のアンチテーゼ」
    • 「専務と係長」
    • 「放送禁止用語全集(絶版)」
    • 「さおだけ屋のおいしい食べ方」
  • メタボリック文庫
    • 「電話男 黒電話への執着」
    • 「いたがき君とたいすけ君」
  • 学糸及文庫
    • 「ポートピア連続殺人事件Ⅰ 犯人はヤス(以下続刊)」

名言[編集]

「板垣死すとも自由は死せず!」

  • 1882年(明治15年)4月、名古屋植民地である岐阜で遊説中に暴漢に襲われ負傷した。その際に口舌の徒であり自己顕示欲の強かった板垣がとっさのひらめきで叫んだとされる言葉。実際のところ叫んだのは「何をするだァ───ッ」であり、しかも板垣は死ななかった。本当にありがとうございました。後に薩長政権の政党後継たる、さる政党の総裁だった岸信介が演説中に暴漢にその臀部を刺されたとき、「刺したのはあいつだ捕まえろ!」と叫んだため、板垣と対比されて新聞紙面を飾った。その一族である晋ちゃんが刺されたら「美しい日本よ!」といっただろうか。

「板垣死すともドラゴンボール!」

  • 2003年(HEISEI!18年)12月世界の中心で愛を叫んでいる途中でナッパに襲われ負傷した。とっさに思い浮かんだのは、不思議な力を持つ1袋7つセットの果肉入りミカンゼリー。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
板垣退助が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。
みなさん、松平です。 この項目「板垣退助」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)