柊鏡

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「柊鏡」の項目を執筆しています。

柊 鏡(ひいらぎ かがみ、1989年7月7日 - 、血液型:B型)は、埼玉県久喜市(旧:北葛飾郡鷲宮町)にある鷲宮神社の看板少女である。また三種の神器勾玉)の一つに当たる名前がついていることから分かる通り、現世にいる人間に扮せし現人神)の一柱である(他に天皇田代まさしなど)。

名の「」とは照らされて美しく輝く名器であり、「太陽に照らされ輝く」、「ボケに反応する突っ込み役」、「からかわれて照れる」、といった一面を備えていることを示している。

2007年、「幸運星」という某番組で紹介されたことにより知名度を向上させ、それまで一部の者にしか信仰されていなかったのが、日本台湾一定階層幸運の三大女神三連星)の一柱として共通信奉される存在へ変化した。 また、「戦いの神」でもある。

目次

[編集] 概要

柊鏡命 肖像画(中国古典より)

その神聖さゆえ、台湾では早期から電子網上での祀り上げがなされており、維基百科の他に偽基百科でも相当の分量がある記事が執筆されてきたが、日本では安易なことを書くと不敬罪として処罰される可能性があったため、長らくその紹介を偽基百科ですることは憚られていた。

今回、このような記事として記すことも、日本国などから不敬罪に当たらないかの審査を経てのことである。それゆえ、一見未熟に見える内容について言及することは禁則事項です

なお、天然教かつ酢研究会代表を務める柊司がいる。彼女もまた別の意味で崇拝の対象とされているが、鏡について記すことに限り特別認可を受けたこの項目では、それについて詳しくを記さない。

[編集] 特色

八岐大蛇の化身だけあって時おり火を噴くこともある
  • 鏡は突照+微御宅此方の談)という珍しい組み合わせで生まれた神とされており、その特異さが神聖の所以であるといわれている。
  • 此方の言によれば、鏡は突照型現人神の中でもまだ分かりやすい部類(孤立不安型)に入る神とされており、実際に此方と少し対話するだけで、彼女の「照」の側面が掘り起こされる事例がしばしばみられる。
  • 鏡の「照」側面は、それ単独では特筆する水準ではないとされるものの、「突」と対比した場合の格差の大きさゆえ、此方等が神聖視するようになり、世俗でも此方の見識が今は定着している。
  • 鏡は「朱に混じれば赤くなる」を地で行く神であるとも言われている。彼女自身は否定しているものの、此方との関与回数が他の神と比して高いことから、知らずしてその手の専門知識の多くを獲得してしまっている。この点では、鉄道に関する横見浩彦菊池直恵の関係にも似ている。
  • 毎月の15日(旧暦)頃、彼女は出雲大社から何かのパワーを奪い取り、八岐大蛇に変身することがあると言われている。狼男のように動物ではない所、さすがは現人神である。
  • また、鏡の特徴であるツインテールは彼女がもっとも愛した生物であるといわれている。神の保護政策によって繁殖を続け、現在では日本の文化に大きな影響を及ぼしている。その証拠に、他の突照属性と称される女神にもツインテールの寄生が多く見られる。
  • 鏡は食の神としても知られている。妹の司が生産の神であるのに対し、彼女は消費の神である。しかし時に、その消費が行き過ぎて不機嫌になり、世俗など周囲に悪影響を及ぼすことがある。そのため世俗で食に関する消費欲が増える秋から冬にかけては、彼女の影響か女性が不機嫌になる事例がしばしば見られる。
  • また十五夜に月へ団子をお供えする風習も、一説には彼女が好きな団子をお供えして、その機嫌をなだめるためだと言われている。
  • 一時、此方から俗称として鏡を音読みして「きょう」と呼ばれたことがあったが、「凶」・「狂」など悪い意味に繋がるため鏡自身が嫌悪感を示し、代案として「鏡様」を提案したことがあった。しかしこれは、「此方および司よりも鏡は優位であるのか」という誤解を世間へ広めることにつながってしまい、提案日中に鏡当神による陳謝の上で撤回されている。

[編集] 月の女神

突照大神として日本内外問わず、篤く信仰されている

2007年、布教番組の放送により彼女の名は世界規模で知られることとなり、その人気の高さから鷲宮神社へ新たなる女神「柊鏡命」(突照大神:つきてらすおおみかみ)として奉祀されることになった。

「つきてらす」の読みが示す通り、鏡命はの神である月読命(つきよみのみこと)の加護を受け、平成の世に降臨された新たなる月の女神であり、まさに闇夜に輝く月の如く控えめながらも我々を優しく見守られあそばされる。太陽神である天照大神の加護を受けた双子の妹柊司命天然大神)とともに、人々の心をあまねく明るく照らし続けている。彼女の凛とした美しさは観る者を惹きつけ、心を捉えて離さず、まさに女神と呼ばれるにふさわしい気品を備えている。

つり目」、「本当は寂しがりや」だが「人前では素直になれない」性格、動物で「ウサギ」に例えられ「おもちが大好き」、「照」の面があるため映える、といった神性が多く見られるのも、彼女が月の女神だからこそであろう。

日本では、鏡命・司命の当世への降臨日である7月7日は昨今になり、神武天皇が日本建国を宣言したとされる2月11日、それに鏡命・司命とともに平成の日本で崇拝されるようになった和泉此方命の降臨日である5月28日(此方節)と共に、「鏡司節」として国民の祝日へ定められた。この日は鏡命・司命の降臨を祝い、久喜市鷲宮地域にて例大祭が大々的に催される。

[編集] 関連項目

  • テレパシー少女 蘭(彼女の養分を補給するための番組)
  • かがぶー(豚と合成された亜種)
  • 美水鏡(創造神)
  • 加藤英美里(柊鏡に魂を吹き込んだ者。こちらは三大天女と称されている)
  • 小清水亜美(かつて柊鏡に魂を吹き込んでいた者。なぜ手を引いたかについてはお察し下さい)
  • 初音ミク(柊鏡のアーティストとしての名前)
  • 秋山澪(つり目、ツンデレ、突っ込み役、照れ屋等柊鏡と共通点が多い人気キャラ)
  • 十六夜咲夜(凛とした美しさを持つ作中屈指の人気キャラ。月に因んだ名を持ち、一説では月人だとも言われる。つり目、世話焼き、完璧主義など鏡と共通点も多い。)
  • 鈴仙・優曇華院・イナバ(紫色の髪、清楚な容姿、真面目な性格、突っ込み役、苦労性等柊鏡と様々な共通点を持つ月の。新参ホイホイ。)
  • 加賀美新(柊鏡の異次元同位体のひとつ。柊鏡と同じく『カ・ガーミン』と呼ばれる、戦いの
  • 嘉神慎之介(柊鏡の異次元同位体のひとつ。剣神?)

[編集] 外部リンク


Kagami-Hiragi2.jpg この記事「 柊かがみ 」はらき☆すたに関連した書きかけ記事だけど、でも勘違いしないでよねっ! は別に、アンタに加筆して欲しいわけじゃ無いんだからねっ! まっ、まあ、アンタがどうしてもって言うのなら、ちょっとだけ書かせてあげてもいいけど・・・・・・ (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語