株主総会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

株主総会(かぶぬしそうかい)とは、票を買う金権選挙である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「株主総会」の項目を執筆しています。

概要[編集]

株主総会とは団体や企業の行く末を決めるために行われる選挙である。株主総会は実施団体のことすべてを決めるため通称『総選挙』と呼ばれることが多い。最長四年に一回しか行われない衆議院議員総選挙と違い、最低でも年一回の実施が保証されている。

参加方法[編集]

株主総会への参加は至って簡単であり、投票券を生みだすと呼ばれる参加権を購入するだけである。あとは株主総会に出席、それができないときは会場参加者へ代理投票を依頼することで参加することができる。株さえあれば貴方のひいき企業の目標を自由気ままに選ぶことができるが、生半可な投資では、一部の数の暴力によってあなたの野望はついえる可能性が高いだろう。

それと、大多数の企業では千株などまとまった株券を所持しないと投票権なしと切り捨てられる。これはまとまった株すら買えぬ貧乏人には株主総会に参加する権利はねぇという取締役会の方針だったりする。

なお、本気で株主総会で自分の意見を通したい場合は、投票権を独占する、既存株主を味方にするなどの方法があり、株を大量に買って意見を通す人を支援するために証券取引所が設置されている。実際にやるためには証券取引所などによってTOBの実施などが義務づけられているが、これは選挙の平等性の確保のためである。

特典[編集]

株主総会参加者には特典があり、それは二種類に大別される。一つは株主総会自体である。株主総会内ではエクストリーム・謝罪の模擬練習や総会屋相手への茶番、アーティストのコンサートなどいろいろなイベントが行われている。中には会場内でお土産を渡す企業もあり、株主総会でしか手に入らないものもあると好評である。

もう一つは株自体に付属する特典である。株を持つと投票権の他に引換券や現物をもらうことができる。昔は現物と言ったら食料や衣類、各種施設への入場券などが定番であったが、最近では同じ曲の入ったCDが株の分だけついてくる団体が登場した。これは株主総会に気軽に参加できるように投票権にCDを付加するという画期的アイデアであり、その方法はCDランキングでもトップになるという素晴らしい評価を得た。ただ、同じ曲の入ったCDは株主も持て余しているというのが現状である。選挙にはまるのもほどほどにということか。

関連項目[編集]