株価

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「株価」の項目を執筆しています。

株価(かぶか)とは、園芸植物1株のお値段のことである。

概要[編集]

園芸植物の値段は園芸農業全般の需要を示す有効な指数である。園芸農業は天候などの外部要因に影響されにくく、ガーデニングブームを除けば単純に景気によって好況・不況が決定される。そのため、実は園芸植物1株の値段は景気の良し悪しを表す重要な指標なのである。

株の選定[編集]

園芸植物と言っても、どの株を選ぶかが重要である。たとえばバラは恋人同士での贈答用に多く用いられるため、恋愛のブームが起きると価格が高騰する。カーネーションも母の日の贈答用として定着しているため、親孝行な子どもやマザコンな子どもが増えると、やはり価格が高騰する。盆栽高齢化にともなって徐々に需要が増え、価格は右肩上がりである。そこで、こうした特殊な理由により価格が変動しない品種を選ぶ必要がある。

農林水産省および経済産業省は、225種類の植物を定めた。これは日本経済指標園芸植物225種であるが、日経225種という通称で呼ばれることが多い。これらの植物の平均価格が日経225種平均(NIKKEI225)である。

株価の評価[編集]

株価はおもに東京の卸売市場で取引される商品の価格で決められる。この価格は1968年1月4日の取引価格と比較し、TOPIX(Tokyo Ornamental Price IndeX)によって表される。

また、ニュースなどではその日の取引量(出来高)と取引価格が毎日報道される。一般的には「今日の東商(東京卸売市場取引商品の略)の終わり値は、前日より○○円高い○○円でした」というように報道されている。

株価の変動[編集]

株価の変動は景気と密接に関連する。景気がよければ園芸植物を飾る余裕が出てくるが、景気が悪化するとそういった優雅な趣味に時間を割く余裕がなくなるからである。総理大臣が交代したり、プロ野球チームが優勝したりすると、お祝いのために花束や装飾用の鉢植えの売れ行きが伸びるため、一時的に株価は上昇する。逆に企業が倒産したり、著名な実業家や政治家が逮捕されたりすると、企業や事務所に鉢植えを飾っている場合ではないので、需要が減り株価は下落する。

まれに株価は暴騰したり暴落したりする。たとえば17世紀のオランダでは、チューリップの株価が急激に上昇したのち暴落した。

株価への執着[編集]

農家でもないのにやたらと株価に執着する人物も、世の中には少なからずいるようである。村上世彰堀江貴文らがその例である。草花を愛でる人々からすれば、花をいくらで買えるかということにあまりに執着しすぎるのは見苦しいことである。とくに、事前に開花時期を不正に知る行為は、いつ咲いたー取引という犯罪である。

関連項目[編集]