京浜東北線の横浜から先の部分根岸線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「根岸線」の項目を執筆しています。

根岸線(ねぎしせん)は、神奈川県内を走行するJR東日本の路線のひとつである。

ネギ支線と萌緑のお荷物

概要[編集]

よく京浜東北線と一緒にされるが、あっちが愛称なのに対してこっちはれっきとした正式名称である。したがって案内でも根岸線の表記で統一されているが、一部の京浜東北線信者が暴徒化して根岸線の取り込みを図っている。現在、両線の信者の間で激しい争いが繰り広げられている。

運行系統上でも京浜東北線と一体の直通運転が行われているため、京浜東北線で輸送障害が起きると根岸線まで被害を受ける。

ちなみにその京浜東北線だが、東京・横浜・東十条・北浦和を経由することからこの名称になったものであり、勘違いされがちだが東北地方とは一切関係がない。ところが、勝手に勘違いした一部の過激派が「東北地方じゃないのに東北なんて名前が付くのはダサイ!」と暴動を起こしかけた事から、一部では東北の名を消して京浜線とだけ案内されるようになった(南浦和駅など)。なお、東十条駅が下十条駅と呼ばれていた頃は、この路線も当然「京浜下北線」(けいひんしもきたせん)と称していた。

他には湘南新宿ラインの名にあやかって京浜東北ラインと改称する運動も起きたが、これは失敗に終わっている。大宮民国では依然「京浜大宮線」「京浜大宮ライン」などに改称するようJRに求めている。

また、横浜線の車両も乗り入れている。いずれは赤羽線と同じ運命か。

京浜東北線とは違うのだよ、京浜東北線とは。[編集]

  • 京浜東北線はあくまで愛称であるのに対し、こちらは正式な路線名称である。
  • 京浜東北線は競合路線があるのに対し、こちらは特にない。
  • 京浜東北線はデットヒートが多いのに対し、こちらは平穏である。
  • 京浜東北線は青い電車がピストン運動しているだけなのに対し、こちらは横浜線から緑の電車も入ってくる。
  • 京浜東北線と違い貨物列車が頻繁にやって来る。

車両[編集]

E233系
暴動で破壊された車両
元祖走ルンですを3年足らずで淘汰してしまった被疑者張本人。同じ平成生まれなのに世代の違いを感じるようになってきた。デビュー当時、209系真理教の信者が暴動を起こした事件は記憶に新しいだろう。
鉄道ファンからは嫌われているが液晶ディスプレィが設置されていたり、イスが209系よりやわらかくなったなどの理由で通勤客には好評である。ただしエアコンが雑巾臭い。また,色違いの車両が時々現れるが,運用は桜木町までがほとんどであとは車庫帰りを兼ねての走行なため大変少なくなっているので注意。たまに間違って大船まで逝く。
209系
老朽化が激しく、たったの15年弱で廃車になってしまったかわいそうな電車。素材丸出しの壁と、硬い椅子は利用者にある意味で評判。先頭車両にある「半分の電力で装甲しています」という宣伝文句はただの自慢に過ぎず、これは20年前に現役だったプロレスラーが過去の栄光にすがっているようなもの(比較対象が走れルンですであることから容易に想像がつくだろう)。今は車両を中古買取してはすぐ捨てるで潮風にさらされまくっているからよかったら応援しに行ってあげて。
205系
過去に運転されていた横浜線の主力車両。国内有数の規模を誇る横浜駅短い8両で乗り入れるためすこぶる評判が悪かったが、お隣4両なのでこれでも全然ましな方である。
車輪が精密なトロコイド曲線なので、車体が上下方向にブルブル震えるが、もちろん計算通りであった。

各駅[編集]

大船駅 (JK-01)
乗換客はいるが、乗降客はそれほどいない。東海道線横須賀線はお乗り換え。
本郷台駅 (JK-02)
「台」の付く駅その1。
港南台駅 (JK-03)
「台」の付く駅その2。
洋光台駅 (JK-04)
「台」のつく駅その3。
新杉田駅 (JK-05)
シーサイドラインはお乗り換え。この近くで京急本線と交差するが、乗換駅もないので誰も気にしない
磯子駅 (JK-06)
折り返し設備がある。行先表示ではおなじみだが、あまり行ったことのない人も多いそうだ。
根岸駅 (JK-07)
路線名の由来となった駅。しかし主要駅でもない。
山手駅 (JK-08)
大昔、山手線で方向幕に「山手」と掲出した電車が走っていた時期があり、この駅へ向かう列車と勘違いして山手線に乗ってしまう人も多かった。今では方向幕が分かりやすくなったので、そんな間違いをする奴はいない。
石川町駅 (JK-09)
石川県ではない。元々ここが中華街の最寄り駅だったが、みなとみらい線にその座を奪われて現在は閑散としている。それでも少しでも乗客を増やすため、駅名を「石川町(元町・中華街)」に改名した。しかし、似た駅名が増えたことで不便になったのは言うまでもない。
関内駅 (JK-10)
横浜市営地下鉄ブルーラインはお乗り換え。みなとみらい地区に近いが、ここもみなとみらい線に客を奪われている。
なおすぐ近くに青軍の拠点があり、頻繁に優勝騒ぎが発生する事でも知られる。
桜木町駅 (JK-11)
横浜市営地下鉄ブルーラインはお乗り換え。かつて思想が赤い電車が乗り入れていた駅。横浜市の都市部に近いが、やはりみなとみらい線には勝てない。
ちなみに、初代横浜駅はこのあたりにあったのだが、今となっては誰も気にしない
横浜駅 (JK-12)
根岸線はここで終点。しかし、全列車がここから京浜東北線に乗り入れるため、「終点」らしいものがどこにもない。もはや一つの路線と化している。何度も言うけどな、京浜東北線とは違うのだよ、京浜東北線とは。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「根岸線」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「根岸線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)