森永理科

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森永理科」の項目を執筆しています。

森永 理科(もりなが りか、1980年4月25日 - )とは、日本森永製菓森永乳業が開発した理科教育マシーン。子供の理科・科学離れを防ぐために開発された最終兵器。開発コードRika.F5。

人物[編集]

開発者は警視総監であり、完璧な刑事になってお父様に認めてもらうため、姉妹達と血みどろの合戦を繰り広げている。

デビュー当初は黒髪の清純派を装っていたが、いつの間にかT.M.Revolutionのような頭になっており、ダイスケ的にもオールオッケーなのかという議論が数多くなされた。近年、平野綾ことデコビッチが同じように突然の変貌を遂げた際に多くのアンチを生んだが、森永の場合、知名度やファンが皆無であったこと、単に頭の弱い人間だと思われていたことからそのような事態を招くことはなかった。

今となってはもはや黒髪の頃の原型はほぼなく、この世のものとは思えないすさまじい風貌になっているがラジオやテレビにおけるトークはほかの声優と同じように、いたって普通にこなしているため、「面白味に欠ける。あの風貌なら気狂いじみたトークをしていても不思議ではない」という意見もある。

もえたんのラジオにおいて「好きな人と過ごすクリスマスってなんなんだよ、ほんとうぜぇ」と裏の顔を見せたことは何故かヲタク連合を大いに喜ばせた。「理科たん、俺たちがいるじゃないか!」という慰めにもならない慰めを2chなどの掲示板に書き込んだ男も多数。「お前らがいてもどうしようもないじゃないか。」とはっきりいえないのが声優のつらさなのである。

また、同時期より活動を森永理科名義からMorinaga Makes Revolution、通称MMRで行うことが多くなる。MMR誕生秘話は後に週間少年マガジン誌上で連載され、多くの科学ファンから絶大な支持を得た。

生物学教育の実績[編集]

現在は、生物学教育の第一歩として、ブリーダーをしており、主にブログで猫飼育のルールを教えてあげようとしている。尚、飼われる猫の側の心境を知らずして人様を教育する事はできない、との事から、自身もさる女主人の屋敷(現、雀荘植田)に住み着き、狩りのお手伝いやその他の雑用を仰せつかりながら、猫とは多少意味合いの異なる別のネコとしてご奉仕していた時期がある。

2007年は副業である声優の仕事が増え、猫の飼育が疎かになるのではないかと心配する者が後を絶たなかった。 しかし、途中からよくわからないバンドの方に力を注ぎだしたため、声優の仕事も順調に減りつつある。

声優としての活躍[編集]

本業は科学教育だが、その目的のために声優業を副業とする。なお、声優業のファンは親しみを込めてMさんと呼ぶことが多い。

  • 科学を啓蒙するために、人形から人造人間まで、ショタ・ロリから女子高生まで、ゆりかごから墓場まで非常に幅広い演技をこなす。さらに、演技については、ローゼンメイデンでは人形役を演じているにもかかわらず鼻声で演じるなど、非科学的な常識にとらわれない演技をする。
  • まだ開発中で、非常に病弱であるため、週に3度はアメリカへ渡り、臓器移植の手術を受けている。これを怠ると非常に高い確率で残念な結果になってしまう。このため、演じたキャラは100%死亡する。
  • 近年はそうでもないが、デビュー当初はロリキャラを演じることが多かったため、同じロリキャラ使いの斎藤千和が血反吐を吐くようプレッシャーを与え続けた。しかし因果応報、仕事がなくなった。
  • 科学教育の一環として、アニメで共演者が結成していたユニット「みっくすJUICE」の一員に成りすますことが度々ある。詳しくは後述。
  • みなみけのマコちゃんの可愛さは異常。←お前に言われんでもわかっとる!アッー
  • 声優の腰の低い悪魔残念美人等の異名で鳴らしている小林ゆうの突発的な行動・言動に対して引かず、戸惑わず、気圧されないどころか逆に手綱を締めることができるという稀有な特殊技能が搭載されている。

みっくすJUICE[編集]

みっくすJUICEとは、妄想科学シリーズワンダバスタイル」というアニメの企画で結成された声優ユニットであり、メンバーは中原麻衣植田佳奈斎藤千和、および清水愛の4人であり、森永理科はあくまで同番組の共演者にすぎない。

インターネット上でたびたび、森永自身がみっくすJUICEのメンバーであるかのような記述が見られるが、これは間違いである。このような間違った情報が世間一般に広がっている原因としてはいくつか考えられている。

一番の原因は、子供の理科離れを進めるユダヤ陰謀論である。

また、中原麻衣植田佳奈斎藤千和と森永理科が当時、同じ事務所に所属していたため、スタッフが混同してしまったとも言われている。また近年、森永理科自身も混同してしまっていた可能性が指摘されており、自分がみっくすJUICEのメンバーだと信じ込んでいたのではないかと言われている。この説が真実であると仮定するならば、森永理科が不自然なほど自然にみっくすJUICEのメンバーを演じていたこと、スタッフをいともたやすく騙したこと、良心の呵責にとらわれないインターネット上での情報操作など多くの点が説明できる。

更に近年では、歴史学でお盛んな根本史料の捏造説ブームに乗じて、みっくすJUICEそのものが森永を売出すことを目的としており、中原・植田・斎藤はそのおまけに過ぎなかったが、中原らが不名誉となるこの事実を捏造して真相を記した史料を隠蔽したために、現在では森永を売出すためのプロジェクトであった真実を記した文書が「偽文書」扱いされているとする歴史修正主義に基づく大胆な仮説も存在する。

なお同ユニットを経て、中原麻衣は有名なギタリスト、植田佳奈は仮想世界での狩人、斎藤千和はゲーム名人、清水愛は立派な二の腕となり、現在も活躍中である。

よくわからないバンド[編集]

近年、副業である声優業を対価とし、よくわからないバンドへ精力を注ぎ始める。よくわからないバンドであるため、構成メンバー、活動目的、活動内容など全てが不明である。本当に存在しているのかも不明であるため、森永理科の頭の中だけに存在している可能性も指摘されている。

一説では「バンドを装いつつ怪音波を発して支持者を増やしているのではないか」というのもあるが 慶應義塾大学理工学部教授のT氏は「陰謀論にすぎないが、可能性は否定できない」という学説を発表している。

声優業については科学教育のためにやむを得ないと目を瞑っていた教育者たちも、このバンド活動については本当に必要なのかと首をかしげる者が多い。しかし、常識にとらわれない非科学的な科学を提唱してきた森永にとって彼らの非難など取るに足らないものであり、「日本の教育者と呼ばれる人間は滑稽だね」と一蹴している。

声優としての仕事が少なくなるのではないかと心配するファンがいる一方で、「(仕事のない)Mさんが帰ってきてくれた」と喜ぶファンも多い。ただし後者のファンについては、彼らが本当にファンなのかどうか議論の余地がある。 しかしながら、みなみけで女装好きの少年を演じたことで再ブームの動きも見られ、「TGW-SMW-DHW(The Group Which Supports Morinaga Who Don't Have Works)」という団体が彼女の仕事をなくさせようと画策しているとの情報も入っているが詳しいことはわかっていない。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「森永理科」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)