機動戦士ガンダムΖΖ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機動戦士ガンダムΖΖ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「機動戦士ガンダムΖΖ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「機動戦士ガンダムΖΖ」の記事を執筆しています。

機動戦士ガンダムΖΖ(きどうせんし-ダブルゼータ)は、機動戦士Ζガンダムの続編として製作されたアニメじゃない(アニメじゃない)。よく架空のアニメ作品と勘違いされているが、機動戦士ガンダムZZは確かに実在しており、むしろ怪奇現象と言ってもいい。本編よりもOPが注目された珍しいガンダム作品。元祖妹キャラ、エルピー・プルを輩出した。

OPのことに関してはツッコんじゃいけないのがルール。

あらすじ[編集]

天体観測をしていた少年は、そこでこの世の物とは思えない何だか凄まじい物を発見した。興奮した少年は大人達にこの事を話すが誰にも信じて貰えず「テレビの観すぎ」と馬鹿にされる始末。だが少年の言っている事は紛れもない真実で、古いタイプの人間には感じ取れない何物かが地球に迫っているのは本当の事である。それらが何なのかは現状の科学技術では検証不能である。

ストーリー概説[編集]

前作「Zガンダム」で、製作者富野はあまりに調子に乗りすぎて最初から最後まで鬱展開を展開させ、キャラを殺しすぎた。その為サンライズ上層部から「お前本気で子供向けアニメ作る気概があるのか!?」と叱責された。逆上した深く反省した富野は、底抜けに明るいギャグ全開のストーリーを主軸とした物語としてZZを作ったが、作っている内に鬱展開とキャラを大量に殺すのが大好きという本人の性分が抑え切れなくなり、後半からはZ同様キャラ死にまくり、鬱展開多すぎという、前作Zと何ら変わらないストーリーとなってしまった。サンライズ上層部は「コイツ病気だからもうしょうがないか」と叱責、軌道修正させることを諦めた。

関連人物[編集]

エゥーゴ[編集]

エルピー・プル(妹)
血が繋がってないのにお兄ちゃんと慕ってくる妹キャラの元祖。お風呂大好き。ウェーイ!ウェーイ!
「エルピー」がファーストネームで「プル」がファミリーネームなのかわからない。
ZZの構成成分の約5割を占める。もう5割はプルツー。
某漫画では意味も無いのに裸でいる。
ジュドー・アーシタ
受動的考え方をする柔道の達人。アーシタになれば何かいい事があると思うとか、そう言った甘い考えは捨てた方がいい。また、あの時アーシタ方が良かったとか後悔する前に、今自分に出来る事を考えて明日へ向けて行動した方が建設的である。
両親が育児放棄しても変にひねくれず前向きである。
一度だけ生身でオーラバリアーを使用して銃弾を弾き返した事がある。
カミーユ・ビダン
精神病疾患者。過去の苦悩(恋愛?)から精神病を患ってしまい、今では半植物ニート状態である。
エゥーゴのごく一部の人間からは混沌とした戦争を終わらせた救世主か人の死を考えさせた哲学者として崇められているが実際のところはもう廃人手続きされているニートである。
Zガンダムという伝説を残したが、今ではそのZガンダムはジュドーの手によりぎこちない奇怪な動きをするMSとして見られている。
唯一の救いはニートにはありえない恋人に看護され続けている事と無職ヒキニートでも衣食住に困っていない事である。鬱病。
リィナ・アーシタ(妹)
ジュドーのでありジュドーの唯一神。誘拐要員。しっかりものでタダの小学生には見えない。グレミーに教育(もちろん性的な意味で・・)を受けさせられた為にニュータイプに目覚める。もちろんジュドーとは血の繋がったであるが大好きお兄ちゃんという設定の為に一線を越えてしまうまさに昼ドラ・まさにそれなんてエロゲ?である。
彼女のインパクトが強く、同様に主人公の妹という設定のリィズ・アノー(「機動戦士ガンダムF91」)の存在が霞んでしまう。
中の人は前作のマッシュルーム女と同じだが、イボルブではプリキュアのいらない子と中の人が同じだった。
エル・ビアンノ(幼馴染)
ガンダムMk-Ⅱ専任のパツキンの少女。最終的にルーにジュドーを寝取られてしまった。
ルー・ルカ(お嬢様)
最後にジュドーと事実上の結婚をしたことから、事実上のヒロインである。前作のファ・ユイリィ同様、最後まで生き残った為、さすがの富野も主人公の嫁は殺さないという評価がファンの間で定着。だが逆襲のシャアでアムロの嫁ポジションだったチェーンはゴミのように死んでしまった。多分彼女は主人公の嫁ポジションじゃなかったんだろう。先代主役機にも乗れてかなり優遇されていた。
ビーチャ、モンド、イーノ
一応、ガンダムチームのメンバーであるが雑魚である。ビーチャだけは百式専任であるが、あとの2人は補欠である。
ブライト・ノア
これまでの全作品に登場している、某シリーズにおける「おやっさん」の様な人。まだ20代のはずだが老け方が凄い。初代では、おやっさんの如くアムロに特訓(合体訓練)をさせていた怖い人であったが前作からは「気の良いおっちゃん」になっている。既婚者であるが単身赴任の為、ナニに不自由しており、本作で初めて「不倫」と言う領域に手を伸ばした。
エマリー・オンス
ブライト艦長の不倫相手。しかしお亡くなりになったので、にバレずブライトは安心したとか?。
アストナージ・メドッソ
アーガマのメカマン。前作にも登場していたが、視聴者が認知できないほど目立たない。カミーユとは仲が良かったが「ガキが嫌い」と言う理由でジュドーを苛めていた。しかしカミーユも立派な厨二だと思うが。
トーレス
同じく前作から登場していたがサエグサと同じく、アーガマのブリッジで座ってるだけの人。・・・が、本作で幼馴染が登場したお陰で1回だけスポットがあたり、漸く存在を視聴者に認知してもらった人物(筆者もこのエピソードがあるまで、ただのエロイ空気の様な男としか思ってなかった)。しかし幼馴染は死んでしまうが、それに気付いてないと言う気の毒さである。前作でカミーユから香港製のエロビデオを貰った疑惑がある。そうそう・・月の出身ってことが本作で発覚した。
サエグサ
序盤で負傷して退場した際、ローディストによって「死亡確認」された人物。
この出来事は「出番が無くなった脇役は死んだも同然」という教訓を与えてくれた、はず。
実は最終話のジュドーとルーを皆で見送るシーンに出てる。

アクシズ[編集]

マシュマー・セロ
マジック革命を起こした天才マジシャンのセロの先祖である。バラとハマーン様がお気に入りで登録している。ゆとり帝国アクシズでは「土曜日休みとは何か!」を部下に教え、数々の失敗を犯した張本人である。
数々の失敗でショッカーのごとく改造手術を受けるが今ひとつ能力が上がらずますます病的にハマーンとバラを気に入るだけだけの馬鹿になってしまった。あまりの馬鹿ぶりにハマーンに呆れられてしまった。
ゴットン・ゴー
マシュマーの漫才の相方。可笑しな上司ばかりに仕えた苦労人であるが、策におぼれてトーレスの幼馴染と共に爆死した。
キャラ・スーン(ヤンデレ)
昭和全盛期の浮浪者。忘れ始めたマイレボリューションである。洗濯が趣味という見た目からはツンデレみたいに見える趣味を持つ。
強化人間じゃないらしいがMS恐怖症で乗るだけでワケもなく気が狂うという時点で明らかに強化人間である。
得意技は大きなバストを生かしたぱふぱふ
グレミー・トト
見た目はイケメンだがロリコン。ジュドーの妹を誘拐して「これはルー・ルカではないな じゃあ何してもいいだろう」という事で監禁。まさに白い王子様のような変態である。登場当初はママ!ママ!と連呼し、周りからマザコンと言われていたが、自分より幼い相手を見てマザコンを捨て、ロリコンに走る。
空気を読まずにハマーンに反旗を翻してネオ・ジオンを駄目にした。なにをやってるんだか。
あまりの偏愛ぶりにキレたルー・ルカにより最期はあっさりと死んだ。
一応ギレン総帥の末裔だがそれが本当なのかは激しく疑わしい。
また監督によるとシャアが出られない代わりに彼を出したらしいが結局はただの変態にしか過ぎなかった。しかし自軍に対して反抗するという部分だけ一致した。
プルツー(妹)
初登場からサービスシーンだったからロリコンの味方かと思いきや、数週間後にエルピー・プルを爆死させ、全国のロリコン達を傷つけた。終盤、狭いMS内でのタンデムを強要してきたグレミー・トトに嫌気がさし、裏切る。
妹たちが他にもいっぱいいる。後のイノベイドの先駆けである。
ハマーン・カーン(ツンデレ)
ゆとり帝国アクシズの最高責任者であり、邪悪なミンキーモモ。もしくは戦う田嶋先生赤いロリコンのせいで男嫌い。
ゆとり帝国アクシズを文部省に訴えて土曜日休みを廃止したネオ・ジオンを創設。ジュドーを誘惑したはずがジュドーのアニメじゃない感じを察してジュドー恐怖症になった。
元々センスが悪いジオンの軍服をさらにストリップ嬢の様なデザインにした困った人。
ラカン・ダカラン
語呂が良い。
避難する民間人を平気で殺す「武人」。
ラサラ&サラサ(巫女)
あれ? どっちがどっちだっけ? まあ・・どっちでも問題ないか。
声と容姿がシロッコと似ている事からシロッコのクローンではないかと筆者は思う。
宇宙世紀でも怪しい宗教団体は健在であることを教えてくれた。
イリア・パゾム
すんごい後半にちょっとだけ登場したネエちゃん。無駄に美人で能力が高い。リゲルグ(ゲルググに毛が生えた程度のMS)が愛機と言うのが泣かせる。
キャラにも負けない露出狂であるが、ネオ・ジオンの軍服のセンスに問題があるらしく一概に彼女の趣味とは断定できない。

その他[編集]

シャア・アズナブル
opだけに登場。ただ叫んでいるだけにも関らずファンの間ではネタにされる。第1話ではクムとシンタと共にナレーションを務めていたがギャグ化しており某所でのシャアと化していた。一応漫画版では最後に出る。
アムロ・レイ
同じくopだけに登場。小説版では出番があった分シャアより優遇されてる。
ハヤト・コバヤシ
カッ・・・カツ!?
何故か死ぬ。
ヤザン・ゲーブル
前作ではエースパイロットだったが今回はホームレス生活をおくっている廃人。序盤だけのムードーメーカー。スタッフのせいで存在そのものを抹消される。
ホワイト将軍
誰それ?←ダブリンにいた連邦の高官です。
名前とは裏腹に黒い。
何気に某漫画に愛人付きで登場。けど「誰それ?」
オウギュスト・ギダン
カッコイイオッサン。
グレミーとバトル・ロワイアルをしようとした。

登場モビルスーツ[編集]

見よ、このZガンダムの滑らかな動きを。
MSZ-006 Zガンダム
前作の主役機。今作でも続いて大活躍(大迷走)する。新たに頭を換装できるようになったのでザクの頭にしてZザクとして生まれ変わったのでOS一切の機能が向上し、ジュドーの時のような奇怪な動きが減った。CMキャッチがZガンダムのままなのは実は今作でも主役機であった設定を富野が消し忘れた為に起こったせいである。
MSZ-010 ZZガンダム
今作の主役機である。実はパーツがバラバラ状態の未完成であり、3機のパーツが合体しないとMSになれない。その為ジュドーその他が勝手にパーツごとどこかへ行ってしまい、ZZガンダムでなくなってしまう事が多々起きた。ハイパービームサーベルなど装備する高出力のデブMSであり、額からは必殺兵器である「メガ・アニメじゃない砲」が発射される。さらには本来武器になる鉄砲の部分にも人が乗れるようになっていて、若者の間ではそのスリルを求めてその場所に乗り込む事が流行し、酔ってゲ■を吐き散らかして使用不能になる事も多かった。
スーパーロボットを気取ってるが、所詮はリアルロボットなので「合体中は攻撃されない」という補正の対象にならない。合体時には味方の援護もしくは犠牲を必要とする。
とあるゲームでは、ザンギエフのデータが混入したらしくレスリング技を多用するようになっていた。キュベレイをスクリューパイルドライバーで捕まえたまま大気圏突入とか無いからね。
FA-010S フルアーマーZZガンダム
MS形態でコクピットが露出するという設計段階で誰も気づかなかったマヌケな欠陥を補うためにFAを装着したZZ。百式と違ってちゃんとしたビームコーティングを施してくれたため、クィンマンサのビームにも耐え抜いた。だがキュベレイとの決戦ではすでにぶっ壊れたため意味がない。スパロボでは無理やり変形させてる。
他の作品でわざわざテスト機体が開発されるが、クィンマンサより軽武装のガンダムに全滅させられている。なぜかZZのプラモではこっちが使ったビームランチャーが付属している。
AMX-006 ガザD
ゆとり帝国アクシズの量産型可変MSである。Dは『達磨デブ』の略称。色を変えてセーラーアタックガスという妙技を見せた。カニではない。
AMX-102 ズサ
ゆとり帝国アクシズの量産型可変MSである。変形もできるしミサイルも夢もたくさん詰まってるしビームサーベルも使えるのになぜかあまり活躍していない。これはあまりに性能がよかった為にマシュマーが搭乗してネガティブキャンペーン活動をし、期待されなくなってしまったのが理由とか。だが、忘れられた頃に紫色になって白ヒゲの時代に迷い込んでしまった。
AMX-109 カプール
現場では評判の悪い水陸両用機。しかし忘れられた頃にサイズダウンして白ヒゲの時代に大量に登場しヒロインの一人に乗ってもらえた。
AMX-011 ザクⅢ
量産されなかったザク系MS。
AMX-107 バウ
Zガンダム系のパクリ。上下合体のコンセプトはベスパのゾロにパクられた。
AMA-01X ジャムルフィン
三位一体攻撃を得意とするJSAよろしくハンブラビ的な奴ら。ネオジオン創設初の最初に開発した可変MS。ゲンゴロウではない。
NZ-000 クインマンサ
サイコガンダムとキュベレイがアーン♥♥して生まれたでっかいオーラバトラーっぽいMS。セミではない。
シャア専用ゲルググ・ズゴック・ジュアッグ・アッガイザク・その他
どっから沸いて来たんだ!? さっさと成仏してくださいっての!
もっともミンキーモモに搭乗してもらう幸運に恵まれたアッガイはその秘められた性能をフルに見せつけ、専用機が必要なのは腕が悪いからという真実を仮面の人に突きつけるとともに、全国にアガーイたん信者を生み出す引き金となった。

黒歴史化[編集]

この項目は『機動戦士ガンダムUC』の映像化につき、黒歴史化しました。

機動戦士Ζガンダムの劇場化によりZZは黒歴史の中の黒歴史になってしまい、無かった事にされた。精神崩壊のないEDに批判が相次いだものの、ZZフラグ消滅に関しての批判は報告されていない模様。禿の英断である。まぁ平成仮面ライダーシリーズでも似たような事をほぼ毎年やっているし、万事モーマンタイ


このモビルスーツ「機動戦士ガンダムΖΖ」は、まだ量産型リ・ガズィです。シャアに喜ばれるνガンダムにして下さるアムロ・レイを求めています。 (Portal:スタブ)