機動戦士ガンダム オンライン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機動戦士ガンダム オンライン」の項目を執筆しています。
どうしてこうなった
機動戦士ガンダム オンライン について、MS-07B3 グフカスタム
「まったくだ」
機動戦士ガンダム オンライン について、YMS-15 ギャン
「止めるんだ。こんなゲームを繰り返していたら、心が壊れて人間ではなくなってしまう。」
機動戦士ガンダム オンライン について、バナージ・リンクス
「ご安心下さい」
機動戦士ガンダム オンライン について、丸山和也

機動戦士ガンダム オンライン』(きどうせんしがんだむおんらいん)とは、バンダイナムコヘッドロックに頼んでファンタジーアース ゼロボーダーブレイク(以下FEZ、ボダブレと記述)と機動戦士ガンダムを足して3で割ったら完成したゲーム。ちなみに対モビルスーツ向けに開発されたインターフェイスという一面もあるが、完成度はこれとは雲泥の差がある。もちろんこちらの方が出来は良い。何故か2015年8月26日のアップデートでZガンダム、ZZガンダム、逆襲のシャアをすっ飛ばしてユニコーンガンダムへ突入した。恐らくユニコーンガンダムの人気からそうしたのだろう と思ったら2016年、時代がZガンダムに逆行した。

開発[編集]

バンダイナムコは考えた、ボダブレのシステムで50vs50の対戦ができるガンダムのオンラインゲーム作ればを売れるだろうと。他のゲームからルールをパクり、自社製のゲームからモデリングを流用すれば低コストで開発できるだろうと。結果、ガンダムオンラインという素晴らしいゲームが完成した。

素人にネットゲームを作らせてはいけない。繰り返す、素人にネットゲームを作らせてはいけない

ゲームの概要[編集]

基本的なルール、目的はFEZ、ボダブレと酷似している。しかしこのゲームはこれらのゲームと比較してゲーム展開が速く、簡単にハメ、即死コンボができる。そのため、FEZと違いチマチマネチネチと他のプレイヤーにストレスを与えるよりは、何も考えず敵にバズーカをぶちこんで転ばせ、転倒した相手に追加攻撃をして殺した方がストレスを与えられる(誰でもできる簡単な即死コンボの1つ、無敵時間が無いところがFEZと違い現実的であり面白い)。殺された相手プレイヤーもイライラするし、味方プレイヤーもキルやポイントを稼げずにイライラすること間違いないだろう。

敵本拠点をさっさと破壊してゲームを終わらせてしまえば相手のストレスがマッハなのは間違いない。このため、ストレスでハゲてしまうプレイヤーは日常茶飯事であり、酷い場合はストレスにより心が破壊され、「らん豚」という人でも豚でもない新しい生命体になってしまうことがある。らん豚はFEZ等のゲームにおいても既に確認されていたが、ガンダムオンラインが公開されたことにより爆発的に増えることとなった。

では自分がらん豚にならないため、ストレスを溜めないようにこのゲームをプレイするにはどうすればいいのか? 答えは課金である。課金さえすればストレスが溜まらず快適にプレイできるため神ゲーとの声も少なくない。1回300円のDXガシャコン(安い上に良心的なBOXガシャである)から強機体を出し、1枚200円のマスターメカニックチケットを使って機体を30回強化すれば良い(こちらも安い)。目当ての機体が出る確率は1/150であり、最悪40000円以上の出費を強いられることになるが、BOXガシャなので回し続ければいずれ出るしゲームを快適にプレイできるのなら安いものだろう。実はMS作成の際に3つの機体特性がランダムで選択されるので実質1/450このゲームで有名な外資系企業に勤めているエリートプレイヤーは既に100万円以上課金しているという。金銭面で更に余裕があるならついでにパソコンを買い換えると更に良い。こんなことはまずありえないだろうが、仮にこのゲームがサービスを終了してもパソコンがハイスペックならば他のゲームへの移住が容易である。残念ながら、らん豚になってしまったプレイヤーはもう二度と人間には戻れない。

また、このゲームの目的はFEZと同じく自軍の勝利ではないが、自分のストレスの発散かつ、他プレイヤーにストレスを与えるため、結果的に勝利に向けた行動することが多い。FEZと同じ感覚でプレイすると逆に気違い扱いされ、キックされてしまう。

ゲームの歴史[編集]

2014年12月3日に行われた「統合整備計画」により機体バランスが今まで以上に改善されたほか、使いにくいと言われていたビームライフルとマシンガンが強化され、格闘以外の攻撃では簡単に転倒することがなくなり、よりリアリティなゲームとなった。ついでにらん豚も減った。即死コンボが難しくなってしまったことは残念だが、バンダイナムコが素晴らしい運営であることを改めて見せ付けてくれた。この調整により相対的に格闘機が強くなったが、現在主流の格闘機は全て無料で入手できるため全く問題はない。

2016年11月9日に再度大型アップデートと名を冠した統合整備計画が再度行われた。この調整により「ダウンゲージ」という攻撃を受けることでゲージが減り、ゲージがゼロになると機体がよろけてしまうシステムが実装された。この調整によりほぼ全ての武装で相手をよろけさせる事が出来るようになったため一部除いた全てのMSである程度活躍できるようになったが、「百式で無双が出来なくなった」「Zガンダムでのハイメガ打ち落としができなくなった」「バウが強くなってしまった」等の批判の声が相次いでしまった。ユーザーからの評価は最低と言っていい程の悲惨なアップデートであった。しかしそれでも本作をプレイするユーザーは根強く存在する。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ゲームに登場するMSと種類[編集]

この項目ではゲーム内に登場するMSの種類及び、代表的なMSを挙げていく。各陣営で性能がほとんど変わらないMSは「共通」欄へ掲載している。

また、陣営によるMSの性能差から相手陣営のMSに対するネガティブな発言がしばしばゲーム内のチャットで見られるが、発言しているのは全てらん豚である。

強襲[編集]

高い機動力と強力な近接攻撃による近接戦闘が得意なタイプ、凄まじいスピードを出すMSが多いため上級者向け。

地球連邦軍[編集]

RX-78NT-1 ガンダムNT-1
基本的に連邦兵はこいつを持っていれば前線で大活躍できる。こいつで活躍できなければお察し下さい
無茶苦茶な威力のバズーカからの無茶苦茶な威力のガトリングでジオンの機体を溶かしまくる鬼畜、ジオン兵にハゲ頭が多いのはこいつのせいである。
対峙したジオン兵の話では、盾を構えながらガトリングを撃つことができ、機体バランスも300はあるという。
アップデートにより即死コンボが難しくなってしまったが、ビームライフルの強化と持ち前のタフネスさから使用率は未だに衰えておらず、ジオン兵にハゲ頭を増やし続けている。
RX-78-2 ガンダム
流石にNT-1には劣るが十分強い、しかも現在では無料で手に入る。運営が良運営であることを窺わせる機体である。
旧い機体とまさしくロートル機に成り下がっていたが、テムレイの強化パーツを使用し、一線級の機体に復帰した。
RX-79G 陸戦型ガンダム
フルオートビームライフルという、グフカスタムに唯一対抗できる武装を持ったMS。稼動初期は圧倒的火力でジオンのMSを溶かす姿がよく目に入った。機体性能に難があったものの、運営の迅速な神対応によりすぐに改善された。
何故かある時期を境に突然姿を消してしまった、理由は不明。
RX-78-5 ガンダム5号機
巨大な豆鉄砲を装備したガンダム。訓練兵の射撃訓練によく使われていた機体である。
統合整備計画により何故か豆鉄砲が重機関銃に改造される。
RGM-79L ジム・ライトアーマー
LAちゃんと呼ばれる連邦のアイドル、あまりにも紙装甲すぎるためバズーカ1撃で即死するところが可愛らしくてアイドル感がある。
マジカルステッキを片手に、今日も月に代わってジオン兵をお仕置きしている。流石アイドルである。
RGM-79D ジム寒冷地仕様
このゲームに登場する本物のゾンビ。強力なバズーカとグレネードを所持しているのに倒してもすぐ復活する怪物。
RGM-79HC ジム・ガードカスタム
コスト300でありながらガンダムNT-1を上回る耐久力をもつ最強の機体。
二丁のビームスプレーガンで一丁分の火力を発揮し連邦兵を大いに盛り上げた。
最近は何故かジオン軍に多く配備されている。
RX-81LA ジーライン(ライトアーマー)
ヘビーライフルという兵器を所持しており、ジオン兵を一方的に虐殺することができるバランスブレイカー。あまりの性能と快感に射精した連邦兵の数は計り知れない。
しかし射精しすぎてがなくなってしまったせいか、最近はこのMSよりもNT-1に乗る連邦兵が増えている。
何故か統合整備計画において運営にスルーされているも同然の扱いをされている。
RX-78XX ピクシー(フレッド機)
目的は不明だが、盆踊りをしながら敵本拠点へと突っ込んでいくことが多い。通った後はペンペン草一つ生えておらず、気がつくと何故か敵本拠点が破壊されている。たまに登山もしている。
RX-80PR ペイルライダー
ガンダムに匹敵する性能を持つジムスナイパー2をベースに作成されたMSのはずなのにゲーム内では性能はデザートジム以下という謎のMS。(後に運営がゲーム初心者に配慮して性能にリミッターをつけていたことが判明、良心的な運営である)
HAGESという使用するとハゲるシステムが搭載されているが、ハゲるため誰も使わない。いつの間にかHAGESの効果時間が1.5倍になったが、例によって誰も使わない。
2014年12月3日にリミッターが解除され、ジムスナイパー2並の性能に戻った。しかしそれに伴いHAGESを使うプレイヤーが爆発的に増え、結果アデランスの収益も爆発的に増えることとなる。
2016年2月24日に更なるチューンが施されHAGESの時間が30秒から45秒に強化され、ビームサーベルを振り回す力も強化されコスト320帯最強クラスに躍り出た。その力で現在は順調に連邦兵、ジオン兵共にハゲ頭を増やし続けている。
RTX-440 陸戦強襲型ガンタンク
見た目とは裏腹に原作通りのとんでもない機動性を持っている(最高速度だけならNT-1を上回る)が、段差に弱く、武装も頼りない。
火炎放射器を持っているため北斗の拳ごっこができる。実は地雷Wというユニーク武器を持っているが、誰も気がついていない。
こっそり正式実装時に怯み耐性が削除された。バランス崩壊を考慮した運営の英断である。
RX-79G 陸戦型ガンダム(06小隊仕様)
ハンマーを回せば回すほど威力が上がるというどこかで見たような武装を持つ陸戦型ガンダム。
しかし肝心のハンマーが重過ぎる上に機体の積載量も異常に低い。
「ハンマーだけ持って戦場に出とけ」という運営のメッセージが感じられたが、後にハンマーが異常に軽量化された。
重量が半分以下になったにも関わらず、威力はそのままで何故か攻撃の際の反動も減少している。連邦脅威のメカニズムである。最初からそうしてくれ。
RGM-79Q ジム・クゥエル
ビームライフルを回転しながら撃つ事により相手を強制転倒させることができる機体。
何故回転しながらビームライフルを撃つことで強制転倒させることができるのかは謎に包まれている。
ジオン脅威のメカニズムでもこの謎は解明できていないため、ジオン国民はハゲ頭が更に増え続けている。
しかしどうやら最近とうとうジオンもこの謎の解明に成功したらしい。
RX-178 ガンダムMk-Ⅱ
拡散式ハイパー・バズーカ後期型というショットガンでテトラに対抗するためだけに作られた機体。
しかし金図でないと普通の弾頭は装填できない欠陥品である。それでも脳筋ゲロビ使いの頭はハゲ続けている。
MSN-00100 百式
2015年12月に登場したコスト380のモビルスーツ、ガンダムMk-Ⅱのようにバズーカショットガンとバズーカを用いて戦う。
ビームコーティングが付いているが原作に合わせて装甲はガンダム以下という低さである。ビームコーティングのおかげでガーベラテトラのゲロを浴びても運がよければバズーカショットガンで反撃ができる。
その他の性能も一般パイロット用にリミッターがかかっているせいかアレックスに毛が生えた程度である。
2015年1月20日にリミッターが解除され、装甲、速度、ショットガンバズーカが強化された。現在はショットガンバズーカでテトラを転ばせることに精を出している。
RMS-154(?) バーザム改
まさかのガンダムセンチネルから参戦を果たしたモビルスーツ。コラボ企画による参戦だが、このMSの参戦によりセンチネルからのMSの参戦に期待をもたれている。
性能としては完全にガンダムを食う性能で、入手手段はDXガシャコンからのみのため特性を上げにくいくらいしかガンダムより劣る点は存在しない。
そのためガンダムに日々恨まれ呪われているという噂がある。
RX-78GP03s ガンダム試作3号機
実装当初は、お察し下さいな性能だったが、やがて、アレックスと同等以上の火力を持つ良機体に仕上がった。
シュツルムファウストの名前違い武器の大型収束ミサイルとユニーク武器の爆導索、さらに万バズを同時持ちできる。
あと、大型収束ミサイルと爆導索は、持ち替え動作がなく、一方的に、相手をハゲさせられる。
なお、大型収束ミサイルは邀撃ミサイルという誘導ミサイルに変更できる。これも高火力。もうテトラだって、怖くない。
RGM-89D ジェガン(低機動仕様)(高機動仕様)
スタークジェガンからミサイルポットをオミットし、代わりにジム・クゥエルと同じ謎の超技術が搭載された機体。ジム・クゥエル同様に回転しながらビームライフルを撃つことで相手を強制転倒させることができる。ジム・クゥエルと異なり、ビームライフルを二挺持っているため、
ジム・クゥエルと比べて攻撃時の隙が少ない。何故かジェガンより機動性が低い。高機動仕様とは一体…?
RGM -89 ジェガン
運営の方針によって派生機体のジェスタや、ジェガン高機動仕様より後に実装された機体。
非常に優秀なスペックを誇り、一時期上記の派生機体より性能が高かった。もうアイツ一人でいいんじゃないかな?


ジオン公国軍[編集]

ゲルググのダッシュ格闘。異様に範囲が広いがイフリートの格闘より弱い。
AGX-04 ガーベラ・テトラ
連邦のらん豚が乗るMSに緑色のゲロを吐き出す汚いMS。ゲロを浴びたMSはまたたく間に解けてしまうという。
その圧倒的な制圧力から現在このゲームを「機動戦士ガーベラ・テトラ オンライン」と呼ぶらん豚も少なくない。
一方で、その強さにも関わらず何故か旧式MSの初期型ジムに撃ち落される光景も多々見かけることがある。
MS-18E ケンプファー
連邦のらん豚が乗るMSにバズーカとシュツルムファウストをぶち込む爆撃機、MSのような形をしているが正確には爆撃機である。
ケンプファーに爆撃されたらん豚は「ケンプガーケンプガー」という鳴き声を上げる。しかしらん豚以外には誰にも相手にされない。
統合整備計画以降は拠点への即効力は相変わらずのため対本拠点用の特攻隊員としてよく用いられている。
ガンキャノンの大好物。
MS-14S 先行量産型ゲルググ / MS-14B 高機動型ゲルググ
連邦でいうガンダムのようなものだがケンプファーとイフリートのせいで影が薄かった。
……が、ケンプファーの相対的な弱体化によりオールマイティな機体として再度注目されることとなった。地味にダッシュ格闘の範囲がおかしい。
MS-14B 高機動型ゲルググ(ヴィンセント機)
上記のゲルググより機動性に優れており、ユニーク武器のミサイルも持っているが戦場では全く見かけない。
アップデートにより強化されたらしいが、真相は定かではない。
統合整備計画により更に強化!されたが、相変わらず影が薄い。
影が薄いだけで決して弱くはない、機動力もあるし、専用ミサイルも強いし……
MS-08TX イフリート
ダッシュ格闘の踏み込みが凄い。しかもダッシュ格闘中は無敵という素晴らしい特殊能力があり、以前はゲーム中最強候補のMSだった。遭遇した連邦兵は大体髪の毛が無くなる。
統合整備計画が実行された後も最強の名を譲ることはなく、更に入手が容易なレンタル機体も強化されたため、戦場にはイフリートが溢れるようになる。
そのため一部のプレイヤー(主に連邦兵)はこのゲームを「機動戦士イフリーター オンライン」とブチキレながら親しみを込めて呼んでいた。
現在は格闘移動が弱体化した点、2段格闘で転倒しにくくなった点から以前程の猛威は振るっていない。
MS-08TX[EXAM] イフリート改
イフリートの弟。当たり前だが兄より優れた弟など存在しないためイフリートより弱い。そのためヤケクソになって扇風機のマネをしている。FEZの大剣ウォーリアがパイロットをしているとの噂も。
MS-08TX/N イフリート・ナハト
イフリートの弟。イフリート改とは違い、素早くカタナを振る訓練を重ねた結果、最高クラスの発生を誇る格闘を手に入れ兄を超えることに成功した。サブウェポンにクナイを装備しており、忍者になる訓練をしていたという噂もある。
MSM-03C 肩
その名の通り異様に肩が大きいモビルスーツ。肩が破壊されると本体も壊れる。
強力な1発限りのミサイルと、バランスの良い格闘とビームガンを所持しているが、巨大な肩が足を引っ張り活かせる機会は少ない。
本来の名前はハイゴッグというらしい。
MSM-07N ラムズゴック
ゲームに登場する唯一のモビルファイターであり、ストリートファイターとのコラボ機体。波動拳、昇竜拳、スーパー頭突きといった技を使いこなす。しかしスーパー頭突きを使うと力尽きてしまうという欠点がある。
アップデートによりスーパー頭突きの反動が減り使いやすくなった。やっぱりSUMOUは最強である。
MS-07B3 グフカスタム
言わずと知れた名機。正式サービス開始時から実装されており、グフよりも早く実装していた所から運営のサービス心が窺える。
圧倒的機動力と高性能のガトリングシールドで戦場を蹂躙していたが、ある時期を境に陸戦型ガンダムと共に戦場から姿を消す。たまに見かけてもヒート剣で攻撃をしている機体が多い。
……と思いきや、2014年9月24日より以前ほどではないが、再び戦場で見かける機会が増えた。
元気にガトリングシールドとヒート剣を振り回している姿は見ていて安心する。
YMS-15 ギャン
こちらもグフカスタムと並ぶ名機。こちらはなんと実装後1週間程で戦場から姿を消した。忘れた頃にハイドボンブを撃つ機体を見かけることがある。
統合整備計画によりシールドを構えながらシールドミサイルを撃つことが可能になった。今まではできなかったのか?と疑問に思ってはいけない。
MS-06FZ ザクII改
バーニィのザクだがサンタはない…と思いきやいつの間にかサンタを出せるようになった。グレネードはあるが汎用機体と性能が同じ。チャージヒート・ホークという理論も存在意義も分からない武装を所持している。
余談だが、統合整備計画と同時にゲームも0083に移行したにも関わらず、バーニィは未だにこのゲームに登場していない(イラストは作成されている)。後にクリスマス限定で登場したが、未だに正式登場はしていない。
AMX-004 キュベレイ
2015年12月に登場したコスト380のモビルスーツ、ファンネルを使うことができる。うおおお!すげえええ!
しかし現実世界にはニュータイプは存在しないため大体のファンネルの精度は非常に悪く、歩行どころか無抵抗に落下している相手にすら当たらない。一体何を狙えばいいんだ
その巨大な見た目通りのアーマーと巨大な見た目にそぐわぬ素早い移動速度を併せ持つが、いかんせん巨大すぎて撃たれる=当たるなので敵に回すとめんどくさいが味方に居ても頼りないくらいの位置づけとされることが多い。
後に魔改造されファンネルがとんでもない速度で飛び交うようになった。

共通[編集]

PMX-003 ジ・O
原作ではパプテマス・シロッコが搭乗していたモビルスーツ。戦闘中膠着状態が発生することが多くなったため実装された。
アクションキーを長押しすることでサイコミュシステムが発動し、HPが全回復して機体性能が大幅に上昇する。ただし約13秒後に自爆する。
本来は戦闘の膠着状態を減らすために実装されたMSだが、サイコミュシステムが高性能だったためチンパンジーでも簡単にキルを取ったり本拠点攻撃ができる画期的なMSと呼ばれるようになった。
両軍に実装されたためジ・Oによる陣営煽りも発生していない、素晴らしいMS。サイコザクと一緒に運用しないでほしい。

重撃[編集]

豊富な射撃武器を持ち全体的に火力が高く、中距離戦の打ち合いを得意とする機体だが、動きがのろいため役に立たないゲームスピードに慣れていないプレイヤーも安心して使用できる。

地球連邦軍[編集]

RGM-79E 初期型ジム
チャージビームライフルをメイン武器とする機体。初期機体のため非常に手に入れやすい。なお、現状でテトラに対抗しうる機体は、これと百式くらいである。
RX-79G 陸戦型ガンダム(ジムヘッド)
3点式チャージバズーカでジオンのMSをことごとく虐殺していたMS。弾幕形成力が凄まじく、鉄壁の防衛を誇る。
例によってこのMSも一時期より姿を消していたが、今は超速バズーカやチャージビームライフルを持つ機体をしばしば見かける。何故3点バズを持たなくなったかは謎である。
「ネットガン」という敵の動きを鈍くしてイライラさせる固有武装を持つが、それより普通に攻撃して倒した方が自分のストレスが減るし、敵のストレスも溜まる。味方の攻撃に被せても感謝されるだけであり、FEZのスパイダーショットと比べて使い勝手は格段に劣る。
FA-78 フルアーマーガンダム
ガンダムの名前を冠するMSだが、ガンダムどころか他の重撃機と比べても動きが非常にゆったりしている。
動きがゆったりとしており、ユニークで使いやすい武装を多く持つためお年寄りや初心者にも優しいMS。ん? こいつのミサイル強襲機のミサイルより射程が検閲により削除
ミサイルの射程は運営の迅速な判断により修正された、やはり神運営である。
30日間大事に使い続けると量産型ガンキャノン(ホワイトディンゴ隊仕様)に進化する。
RX-78-3 G-3ガンダム
重撃といいながら、強襲用のブーストを持つ良機体。ヘタな強襲より速い。火力も申し分ないため、非常に使いやすい。強襲なんていらない。
RX-78NT-1FA ガンダムNT-1(FA)
チョバムアーマー(冬服)を装備して強襲から重撃にクラスチェンジしたアレックス。現状で最高コストの重撃機だが、動きはフルアーマーガンダム以上にゆったりしている。
しかしその代わりに怯み、転倒状態にならず、シュツルムファウストより威力が高く補給可能なチャージバズーカを乱射することができる。閉所におけるジオン兵のハゲ頭を量産している。
RGM-89S スタークジェガン
中国から輸入されたMS。バズーカからの肩部ロケットランチャー→6連ロケットランチャーというコンボが得意技であり、このMSのBZで受けて生還したジオンのMSはいないと言われている
実は中国の手抜きにより中国で使われているスタークジェガンと比べ武器性能がデチューンされているが、コンボを決めればジオンのMSは蒸発するため誰も気にしない
FA -010S フルアーマーダブルゼータ
一時代を築き上げた生きる伝説。後ろからバ火力の爆発物を垂れ流すだけでAPはおろか視界までごっそり持っていける最強のMS。
運営の修正を食らっても火力は未だに健在。尚、このMSが量産化された影響で、総人口の半分を死に至らしめたらしい。
爆発物以外にも産廃な格闘武器や多彩なビーム兵器を持つが誰も気にしない

ジオン公国軍[編集]

MSM-10 ゾック
崇めよ癒やせ その巨体を生かして味方の盾となる頼もしいMS。格闘の性能が素晴らしく、どんなMSも転倒させることができる。何か忘れているような気がする。
MSM-04G ジュアッグ
かわいい。うっかり見とれているとメガ粒子砲とロケットランチャーで死んでイライラする。ぅゎじゅぁっぐっょぃ。ジオンアイドル候補。
MS-14C ゲルググキャノン
ライデン専用ゲルググキャノンの劣化MSのはずだが、何故か最近使用者が増加している。
MS-14C ライデン専用ゲルググキャノン
あまりにもらん豚が増えすぎたため運営がしぶしぶ急遽用意した無料機体、エース機を無料で配布する運営は素晴らしいと言わざるを得ない。
重撃とは思えない足回りと射程を所持しており、ジオン国民の髪はフサフサになり、らん豚になりかけていた者は人間へと戻った。
何故か最近このMSに乗るジオン兵が減っている。ジーライン(ライトアーマー)といい、何があったのだろうか?
YMT-05 ヒルドルブ
ばかでかい棺桶。HPがやたら多いがでかいため意味がない。

支援[編集]

他のMSを修理することができる唯一のタイプ。FEZではアイテム使用による回復しかできないため、FEZとの差別化が伺えるタイプである。

破壊されたMSもゾンビのように復活させることが可能なため、支援機体が多ければ多いほど戦況が有利になるとされている。

共通[編集]

RGM-79T ジム・トレーナー / MS-06W ザク・ワーカー
最も基本的な支援機であり、色が黄色いことから共にヒヨコと呼ばれる。残念ながら陛下と呼ばれることはない。
何故かこのMSを使用するプレイヤーはハゲていることが少なく、らん豚になる確率も非常に低い。
しかも無料で簡単に入手できる極めて優秀なMSなのだが、何故かしばしば味方から罵声を浴びせられることがある。ポイント美味しいです。
RGM-79G 陸戦型ジム / MS-06JC 陸戦型ザクII(JC型)
一見上記のジム、ザクに毛を生やして支援武装が追加された機体にしか見えないが、統合整備計画によりファルコン偵察機を投げる事が可能になった。
PMX-002 ボリノーク・サマーン
味方を回復出来る格闘を持つ、ある意味最強の支援機。格闘なので当然弾数やリロードの概念も無く、また回復量も半端無い。更にはアクションキーで通常の格闘にもなるので攻撃も万全。こんな機体を両軍に実装する良運営さが改めて伺われた機体。森の熊さんの愛称で呼ばれ、ごく一部の熱狂的ファンもいる新アイドル候補。

地球連邦軍[編集]

RGM-79U ジム・スループ
水中に限りレーダーへ変身する能力を持つ変わったMS。このMSを使用するプレイヤーは例外なくフサフサである。
しかし味方からはジム・トレーナー以上に忌み嫌われている、何故なのか。
RX-79G 陸戦型ガンダム(コンテナ装備)
背中に救急箱を背負った陸戦型ガンダム。救急箱に入った治療道具で味方を修理する。
何故か救急箱の中にはビームライフル、ロケットランチャー、キャノン砲等も入っている。
RX-79G 陸戦型ガンダム(ジムヘッド支援装備)
一見陸戦型ガンダムコンテナ装備と顔以外変わらないように見えるが、救急箱の中身が違う。
こちらは救急箱の中に地雷やネットガン等が入っている。
ピザの配達に命を懸けている。

ジオン公国軍[編集]

EMS-05 アッグ武装型
支援機とは名ばかりで、2種類のミサイルで弾幕を形成し、近距離ではレーザーで連邦のMSを容赦なく溶かす。しかし肝心の性能はお察し下さい
MS-06E ザクII強行偵察型
ドダイに乗って移動レーダーとなるポイ厨の鏡。地雷を持てるため防衛にも使える、隠れた職人。

砲撃[編集]

砲撃による広範囲への一斉攻撃が可能な唯一のタイプ。その攻撃性能から戦艦に対して大きなダメージを与えやすいらしいが、砲撃機で戦艦に攻撃する光景は滅多に見られない。ぶっちゃけ狙撃機で遠距離から攻撃した方が早い。

地球連邦軍[編集]

RX-75 ガンタンク
見かけとは裏腹に強襲顔負けのスピードで戦場を走り回ることができるMS。でも大抵は前線には出ず、後ろで迫撃砲と榴弾を垂れ流している。
実は修正前の足回りは量産型ガンタンクと検閲により削除
RMV-1 ガンタンクII
量産型ガンタンクに毛が生えた程度の機体だが、何故かコストは60も増加している。
目玉武器のロケットランチャーは当たれば強いがニュータイプでも当てるのが困難なため、素直に量産型ガンタンクかガンタンクを使おう。

ジオン公国軍[編集]

MS-06V ザクタンク(グリーン・マカク)
焼夷弾で相手を燃やし、燃えた所に体当たりを仕掛けてくるマジキチ。強いが砲撃要素がどこにもない。
MSM-04G ジュアッグ
やっぱりかわいい。迫撃砲を使った時のばんざいポーズが特にかわいい。
YMS-16M ザメル
砲撃ができるでかくて硬い的。ミサイルも撃てるが的なので意味がない。

狙撃[編集]

圧倒的な射程を持つ狙撃銃により、後方から直接の攻撃援護を行うタイプ。相手の射程を理解することで一方的に攻撃を続けることができる。

つまり相手を一方的にハゲさせることができる、優秀なMSが多い。支援機と同じく、数が多ければ多いほど戦局を有利にできる。

なお、ジオンの機体は、半分近くがでっちあげ当ゲームオリジナルの機体である。

共通[編集]

RGM-79G ジム・スナイパー / MS-05L ザクI・スナイパータイプ
何故か狙撃機にも関わらずレーダーを置いたりカメラ撮影をする機体が多い。ヘタな支援より邪魔。
しかし敵戦艦が確認されると途端に狙撃銃を持ち始め、戦艦を狙撃することが多い。
RGM-79SC ジム・スナイパーカスタム / MS-06F ザクIIF型(狙撃装備)
チャージビームスナイパーライフルというこのゲームにおいて最強クラスの攻撃力を誇っていた狙撃銃を装備している。
作中のMSに致命傷を与えられ、中コスト強襲くらいならほぼ一撃で倒すことができる。当たり方によってはNT-1も一撃で倒せる。直撃出来ればの話だが……。
そのためイフリートと並んで作中最強MSとの声が高かった時期があった。
RX-78-4 ガンダム4号機 / MS-11 アクト・ザク(狙撃装備)
出力限界と呼ばれるほとんどのMSをかすっただけで倒せる狙撃銃のような何かを装備している。
シールドを貫通するため強襲だろうが関係なく倒せる。しかし何故かビームコーティングの影響は受ける。
逆にこれがないと初期砂にすら劣るレベルで弱い。金図装備の照射ビームは弱いし出力限界を同時に持てないのでお察し下さいである。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ミッション[編集]

所謂ゲームモードのことである。

大規模戦[編集]

50vs50で戦う基本的なモード。時々50が51になったりするが誰も気にしない。51になったと思ったら「K」という謎のチャットにより50に戻ることもよくある。

FEZとは違い、参戦するマップは自動で選択される。FEZのようにわざわざフィールドマップを見る必要がないため便利である、流石良運営。

協力戦[編集]

6人で小隊を組み、出現する敵NPCをひたすら倒し続けるモード。FEZのモンスタースマッシュと多少似ているが、こちらの方が難易度が高い。

週に1度だけだが条件を満たすとDXガシャコンチケット、マスターメカニックチケットを1枚ずつ無料で入手できるため、倹約家ちょっと変な人、らん豚がよく出現する。

統合整備計画と同時に可能性にお察し下さい

局地戦[編集]

6vs6の少数精鋭で戦うモード、FEZでいうバンクェット。多くの猛者が参加しているが、しっかり課金した君なら決して勝てない相手ではない。日頃の訓練の成果を見せ付けてやろう。

マップ[編集]

この項目では大規模戦に登場するマップを紹介する

オデッサ鉱山基地
かつて登山者が多く訪れていたマップ。虎穴虎子、懸崖撒手という痛いサブタイトルがついた二種類のマップが存在する。しかし敵陣に戦艦で突っ込むかSFSで突っ込むか程度の違いしかない。
中央にある山を陣取れば有利になると言われているが、狙撃機が大量に山に登ると防衛がザルになり負ける。
本拠点への攻撃が通りやすいため、参戦したプレイヤーによってはレースマップと化することがある。
ニューヤーク
ゲーム開始時から公開されているマップ、他のクソマップと比べて出来が良くプレイヤーからは好評である。対岸の銃火、塵煙の激闘の二種類のマップが存在する。
対岸の銃火はリニューアルされ、凸の多いマップになったほか、地下通路が広くなっている。秘密結社の基地でもあったのだろう。
塵煙の激闘は常時敵が攻めてくるため迅速な判断と動きが必要なマップ。こちらもどんな機体でも平均的に活躍できるため評価が高い。だが本拠点上の芋スナ、てめーはダメだ。
旧対岸の銃火では中央拠点にプレイヤーが密集し、待機することが多かった。これは、中央拠点を奪取、明け渡すことを繰り返すことによって誰でも簡単にポイントを稼ぐことができるからである。運営が初心者でも高ポイントを得られるように調整した良マップの1つ。
ベルファストヨットレース
実装直後はエースのガンペリー(カイ・シデン)orコムサイ(ジオン一般兵)を呼び出して敵本拠点に移動させるだけで、
開始2分ほどで勝利が確定するとんでもないクソマップいわゆるレース会場となっていた。
勿論神運営により迅速で修正された……と思いきや、ジオン本拠点であるザンジバルを囲う金網にまさかの手抜き工事が発覚。
連邦軍は狙撃機を使い、金網の隙間からザンジバルを容易に狙撃することができた。これもすぐに修正されたが、今度はプレイヤーの研究によりジオン水泳部が圧倒的に有利なマップだと発覚、結局レースマップであることは変わらなかった。
状況を重く見た運営はマップ内のオブジェクト配置を変更し、レースになりにくいマップへ変更した。何故かその際に本拠点前に大量のコンテナが置かれた。
現在は変更後のマップで落ち着いている。
ジオンの海産物たちが大量発生するマップ。そのせいで陸が押されまくる事が多い。
一本糞と呼ばれたマップ
ジャブロー
あまりのプレイヤーからの批判により、なんと1日で配信停止してしまった伝説のマップ(実際にはバグ修正のための配信停止だったが)
配信再開後も視界が悪い、稼げないと不満が多いマップだった……が、とあるルートを通ることで敵本拠点へ簡単に到達し、破壊できることが発覚。
ポイントを荒稼ぎするプレイヤーが増加した。当然運営はすぐに修正をしたが、修正後のマップ配置がとんでもなく適当であり、菱型マップ、一本糞マップと呼ばれていた。
そのため再度修正され、現在は補給艦ビーコンで攻防を行うマップとなっている。
何故か修正前から現在まで通して、マップ上部でのグレネード雪合戦が流行っている。
鉱山都市
レースマップと糞マップの二面性を持つ両極端なマップ。都市電撃戦と震える山の二種類のマップが存在するが、都市電撃戦は電撃戦とは名ばかりのひきこもりである。
狙撃機と砲撃機が拠点に居座っているため、ヘタに前に出ようものならすぐに溶かされてしまう。
そのため本拠点攻撃の難易度が非常に高く、敵MSもなかなか倒せないためポイントが稼ぎづらい糞マップの筆頭である。
逆に震える山は戦艦本拠点が対面設置されており、本拠点を殴って下さいと言わんばかりの配置である。
そのため当たり前だが開始2分前後で終わるレースマップとなり、最初の本拠点攻撃についていけなかったプレイヤーは全くポイントが得られないまま終わってしまう。
逆に本拠点を少しでも殴れれば美味しいため、賛否両論のマップでもある。
ちなみに両方とも現在は配信停止されている。当たり前だが。
現在は疾風怒濤というマップが追加されているが、これも結局レースマップだった。
一応まともな戦略が立てられるため以前のわけがわからないマップに比べれば評価は高い。
タクラマカンサーキット
ガンダムオンラインで最も有名なレースマップ。戦艦本拠点と基地型拠点が併設されているマップだが、鉱山都市とは違い、敵と味方がぶつかることがほぼないため鉱山都市以上に簡単に本拠点攻撃が出来る。
しかも戦艦型拠点はほぼ防衛が不可能なため、攻撃が通れば破壊確定である。
そのため基地型拠点への攻撃・防衛が重要になるのだが、基地型拠点への攻撃は基地型拠点は攻撃がしにくいほか、自機が破壊されるリスクが高いため、
戦艦型拠点に味方が殺到し、その間に相手が基地型拠点と戦艦型拠点両方を破壊して負けてしまうという敗北パターンを多く見かけるようになった。
「まず箱拠点から壊そう(俺は裸拠点を壊すけどな)」
タクラマカンサーキット について、とあるプレイヤー
なんだかんだで短時間で終わり稼げるマップだったがプレイヤーから苦情が殺到、修正されることとなった。
しかし修正後は鉱山都市電撃戦以上に膠着状態になりがちな何をすればいいのか分からないマップとなってしまい、配信停止してしまう。
オデッサ沿岸部
こちらもニューヤークと同じくゲーム開始時から公開されているマップ。右側がやたら不利。
かつては戦艦を利用して崖に上ったり、崖の上から敵本拠点へ核を決めたりとやりたい放題のマップだった。
安全な本拠点前で砲撃や狙撃をしているプレイヤーが多いが、引きこもってるプレイヤーが多ければ多いほど不利になり負ける。
というか、敵に押し込まれると安全ではなくなる。だから前出ろ前。
北極おしくらまんじゅう
その名の通り中央から敵拠点へ押し込んだ方が勝利確定となるマップ。押されて泣くな。
押し込みがあまりにも酷かったため本拠点前に金網が追加されたがあまり意味がなかった。
ちなみに、ごく稀に敵本拠点まで押し込んだ状態であっても核を決められ負けることがある。
みんなレーダー置かないで敵本拠点前のリスキルに必死だからね、仕方ないね。
現在は北極マッスルタワーという別バージョンのマップが存在する。そちらでは塔の中を暴れまわるジ・O、クゥエル、ナハト、グフを多く見ることができる。
キャリフォルニアカップ
以前はレースとまではいかないが、早期決着が多いマップだったが、
運営のご英断により、確実に20分間MS戦が楽しめる神マップとなった。
<del>懲役20分です本当にありがとうございました
テキサスコロシアム
マップ中央地下に闘技場が存在し、イフリートとジムコマンドが斬り合いをしている姿をよく見かける。
城郭都市
バンダイナムコが送り出したオリジナルマップ。常に中央を境に砲撃機の榴弾、迫撃砲が飛び交う緊迫した戦いを楽しむことができる。多数の砲撃機のにらみ合いは見るだけでも圧巻である。
しかし何故か普通に拠点に取り合うマップへと変更されてしまう。
東南アジア戦線
リボー・コロニー
ククルス・ドアンビーチ
ククルスドアンの名を冠しているのに何故か以前はククルスドアンは不在だった。現在は連邦ジオン相手に無差別に即死岩を投げるNPCとして登場して活躍している。
「ママー、あそこでザクが石を投げてるよー」「見ちゃいけません!!」
ソロモンレーシング
プロトタイプガンダムか先行量産型ゲルググを持つ者以外は人権がないといわれていたマップ。逆にこれらを持っていれば簡単に本拠点を殴れてポイントを稼ぐことができた。
後に改修されコンペイトウとして再公開された。
暗礁宙域
宇宙要塞ア・バオア・クー
昔は外部だったが、運営のご英断により、確実に20分間雪合戦を楽しめる通路内マップとなった。
FAーZZと玉ねぎの爆発物が延々と飛び交う超エキサイティング!な構造となっている。
トリントン基地
全体マップが肛門に酷似した公然猥褻マップ。
中央の建物の中で日夜スマブラが繰り広げられる。
コンペイトウ
ついに封印が解かれたソロモン。
X-A間のドアを利用して味方を孤立させる戦法が有効。
タクラマカン遺跡
協力戦のマップをおもいっきり流用したマップ。
このマップの本拠点にはネット砲台という意味の分からない画期的な拠点防衛兵器が備え付けられている。
トリントン港湾基地運動会
劇中の名シーンが再現されると思いきやそんなことは一切無く、グレネードを使った玉入れが開催されている。
現在はジ・Oがシャンブロを切り刻む光景を見ることができる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


Shootgun.jpg シャア・アズナブル「足が付いて無いようだが?」ジオン技術士官「なんて只の飾りです!偉い人にはそれがわからんのです」 (Portal:スタブ)