機動戦士ガンダム MS IGLOO

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の記事を執筆しています。

機動戦士ガンダム MS IGLOO(きどうせんし-えむえすいぐるー)とは、熱狂的なジオン軍信者による二次創作アニメである。

概要[編集]

機動戦士ガンダム」においてジオン軍は「敵軍機より性能が劣ると発覚して尚、過去の栄光から旧型機にしがみつく」「戦線後退に焦る余り、実戦に耐える保証の無い試作機まで投入」という「敗戦国の軍隊がやりがちな失敗」をテンプレートになぞって結局ボロ負けするというある意味リアルな敗戦を迎えた。そしてその負けっぷりは、判官贔屓な日本人に愛され熱狂的なジオニストを産んだのである

彼らは思った。「もし、ここでもっと凄い機体があったら」「ここで作戦が変わっていたら」、と。なんにしても敗戦自体は変わらないだろうが、華々しい最期を遂げたのではないか、と。そして彼らは持ちうる資金とコネを使い、「末期の水物兵器集」「世界の駄っ作機」を彷彿とさせる「敗軍の隠れた名機紹介アニメ」を作成しようと目論んだ。これが本作である。コンセプトは「挫折するプロジェクトX」であり、言わば「敗けの美学」を描こうとした意欲作となった。

ただしあくまでジオニストの二次創作であるため、設定はメチャクチャである。明らかに作中設定を無視しているし、そもそもの時点で兵器関連の知識がおかしい。放物線を描く実体砲(有名なところでは大和の46サンチ砲など)ならともかく、亜光速のビーム兵器に正確な前線観測が必要なのだろうか[1]。また「高性能だが全力出すと空中分解するモビルスーツ[2]」が出てくるが、設計の段階で普通は気付く。気づかないままコンペに出して爆砕させておきながら政治的圧力とか言うのはおかしいのではないだろうか。

続編[編集]

色々と物議は醸したもののガンダムシリーズのスピンオフとして評価され、続編イグルー2も作成されている。 これは上記の挫折するプロジェクトXというコンセプトに加えて「勝軍への深い憎しみ」も描かれており、連邦軍視点でありながら毎回主人公が絶望的な状況でどうにもならないまま非業の死を迎えることになる。

しかも彼らは最初から死神(しかも17歳)に見守られており、生存ルートは一切見いだせないというオマケ付き。一応敗けの美学を背負って華々しく散った前作メインキャラクターたちとは雲泥の差である。その上、彼らは連邦軍の秘密兵器など使わせてもらえず戦車だの廉価ガンタンクだので散ることとなった。それどころか「ガンダム」はまったく登場さえしない。ジオニストの執念恐るべし、である。

脚注[編集]

  1. ^ 磁気やら何やらで直進しないから、となっているがヨルムンガンドの口径なら適当に敵艦隊目掛けて撃つだけで壊滅させられる気もするが。と言うかソーラレイやコロニーレーザーも観測機なんか飛ばしてなかったはずですが。
  2. ^ その後のゲーム作品に登場すると、必ずと言って良いほど特攻系の攻撃手段を付加されていた。ガンダムブレイカーシリーズではボディパーツの土星エンジンというスキルが特攻スキルに。その土星エンジンはドムシリーズも使ってるんですが。

関連項目[編集]

Shootgun.jpg シャア・アズナブル「足が付いて無いようだが?」ジオン技術士官「なんて只の飾りです!偉い人にはそれがわからんのです」 (Portal:スタブ)