機動新世紀ガンダムX

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「機動新世紀ガンダムX」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「機動新世紀ガンダムX」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「機動新世紀ガンダムX」の記事を執筆しています。

機動新世紀ガンダムX(きどうしんせいき-たーんえっくす)とは、機動戦士ガンダムシリーズの作品の1つである。 またの名を勇者王ガンダムという。

概要[編集]

本作世界の住人がモビルスーツを見つけた場合に起こりうる事態

ガンダム登場から15年後、耳からを流した元ニュータイプで現ニートであるもみあげパイロットが「月は出ているか」と叫びながら幼女をさらうことがテーマとなっている。 ガンダムシリーズ唯一の主役機がガンキャノンであるが、次回作∀ガンダムの主役機体が家電であるインパクトの方が大きいため、そんなことは誰も気にしない

監督が握乃手紗貴である為、必然的にメタ的展開になった。負債に否定された作品の1つ。顔に傷を持つ三十路男はロリコンであるという事が実証された作品でもある。

本作は新機動戦記ガンダムWの続編として製作された。Wが腐女子歓喜の良声優ラッシュだったにも関わらず、イケメン主人公が完全に脇役声な為、続編らしさはまったく無い。

ちなみにOP主題歌は前期・後期共に非常にクオリティーが高いので必聴。いやまじで。156cm率いる集団とか黒田の拉致った女子高生なんて相手にならないくらい。

登場人物[編集]

ガロード・ラン
我が道を行く少年。服装は「黄金勇者ゴルドラン」の主人公「原島タクヤ」。名前は文字通り「ゴルドラン」である。とても少年とは思えない声である。
同時期に放送が始まったあるアニメの中の人が同じで有名な脇役2人や、転落人生まっしぐらの人より世間に知られていない。
ちょっとした偶然で戦略兵器とその起動キーを手に入れるが、どこぞの非殺主義者(自称)と違いその力を人間相手に使うのはかなり抵抗があるようだ。
ただしティファがさらわれた場合は例外で、容赦なく戦略兵器を打ち込んでいる。
また、ガンダムを売りに出すなどという暴挙に出たので、ガンダムを愛する人や、ガンダムを神と崇める人検閲により削除
ニュータイプでもないし素手で高エネルギービームの照射もできない自爆もしないコーディネイターでもないガンダムバカでもなければガンダムを自分で作ったわけでもないし女顔でもない。ぶっちゃけガンダムの主人公の中では最も普通の人間である。
ティファ・アディール
ニュータイプ。でもモビルスーツにはたまに相乗りするだけで操縦桿はいじってないが、念じるだけで非NTのガロードにニュータイプ補正がかけられると思われる。ファイナルファンタジーVIIのティファとは無関係。ガロードの嫁。
紅顔な見た目とは裏腹に、実は思いのほか美乳
ガンダムヒロイン中最もよくさらわれている。きっとライバルはピーチ姫。ただし誘拐するよう指示した人間には漏れなく死亡フラグが付いて来る。ただし何故か実行犯には死亡フラグが付かないので彼女をさらいたい場合は他人にそう指示させるよう誘導する必要がある。
中の人は後にヴァニラ・H(アッシュ)を演じる。声の出し方はほぼコンパチである。
別の世界での人格はトラップ愛好家でポテチに目が無い。
ジャミル・ニート
元ニュータイプ。砂漠の虎/アンドリュー・バルトフェルドと容姿が似ている。
自分の行動が第7次宇宙戦争におけるコロニー落としの惨劇を招く原因となった事を酷く後悔しており、二度と過ちを繰り返さないために、働く事をやめた
NTが失われているものの、その戦闘能力は未だに高い。それなのに何故、戦闘に参加しないのかは、名前を見てお察し下さい
すごいモミアゲ。よく見ると足が短い。前々前作では主人公の父親だったが、最終決戦直前の特攻に恐れをなし逃亡。2年間の潜伏期間を送る。彼のファミリーネームがアレなのは、そのことに由来し、自分を戒めるためである。
ウイッツ・スー
声がロロノア・ゾロと一緒である。というか、しゃべり方といい、性格といい、作品内でのポジションといい、何から何までゾロっぽい。戦闘時には三刀流を使うかと思いきや、二挺拳銃でしたorz茶髪ロン毛の同僚バルチャーとあまり仲が宜しくなかったが、戦場に出て行く中で何らかの絆が芽生えてしまったようだ。
搭乗機はエアマスターであってエサマスターではない。たとえエサのような扱いを受けていたとしても。
ロアビィ
声がトリッピーと一緒。キザで2枚目のロン毛男。女性の扱いがかなりうまくおば様方に大変モテる。ガロードを子供扱いしている。白馬の騎士とは親戚の間柄である。
ロン毛でチャラ男で二枚目声という三拍子揃った飛行機乗りキャラであるにも関わらず、手足の付いた重戦車に乗るという矛盾の塊。
テクス・ファーゼンバーグ
医者。ガンダムに乗ったりしないけど影の主役かもしれない。どさくさに紛れてティファのおっぱい触った疑惑がある。
「死んだ女房の口癖だ」が口癖。
トニヤ・マーム
月に代わってお仕置きよ!
エニル・エル
ガロードのストーカーだったがのちにトニヤとレズビアン関係になったり医者に恋したり。と思ったら最終回でロアビィとくっついていた移り気な女性。おそらくは男性依存症かなんかだが、医者のおかげでヤンデレ属性はとれた模様。
フロスト兄弟
フロストだけど、どっかのゲームに出てくる雪ダルマとは無関係。ニュータイプ研究所の検定試験で兄弟仲良く『カテゴリーF認定』と判断され僕等はやればできる子なんだと世間を逆恨みする
新連邦の諜報員だが上司がアホばかりだったので、うまいことやって、みるみるうちに大出世
劇中ではコンビネーションで何度もガロードを追い詰めるがトドメを刺す前に何故か兄さんがちんたらと語ったり無駄に大技で仕留めようとするのでいつも援軍が来たりして失敗する。ぶっちゃけとっととトドメを刺してればガロードは3、4回は死んでる。
  • 兄 シャギア・フロスト
  口癖は 「私の愛馬は凶暴です」と「オォルルバァァァァァァァァーよ」
  • 弟 オルバ・フロスト
  趣味は束縛プレイ。
  口癖は 「僕らが求めた戦争だ!」と「うん、わかったよ お兄ちゃん!!」
カリス・ノーティラス
ティファに振られて発狂して欝病になる。強化人間では珍しく死なない。声といい見た目といいどう見ても女の子にしか見えないが、そっち系のキャラが少ない本作では貴重な存在と言えよう。
パーラ・シス(中の人 伊吹マヤ
劇中後半に登場のおっぱい担当の15歳。Gファルコンに搭乗しガロード操るガンダムDXと何度何度も合体した。
ガロードに気があったようだが、嫁のティファの存在を知ってからは諦めたようだ。
ルチル・リリアント
ジャミルの連邦兵士時代の教官。金髪の美人さん。機関によってLシステムに組み込まれてしまう。
だが彼女が入れられたLシステムのコンテナにはあろうことか「NTL」と書かれている。つまり革命軍との戦いで精神を破壊しつくされたとはどういうことか、そしてジャミルがどのようにして彼女を失ったかがおわかりいただけるだろう。
D.O.M.E.
天の声。削られた話数にストーリーを詰め込むための「な、なんだって~」の衝撃の事実を伝える超展開ではお約束のキャラ。が、うまく伏線回収したので急展開で済んだ。脚本はがんばった。
アベル・バウアー
かませ犬役のオッサンなのに何かの間違いでニュータイプ能力に目覚めちゃった。このことは過去のガンダム作品のニュータイプ信者から作品ごと嫌われている要因になった。
ウイリス・アラミス
怪人ゾナー
ルクス・ハノマアク
27歳。先の国家主席の死後ウイリスの補佐を命じられていた。新連邦政府と政治取引をし、自らの死をもってエスタルドの戦争責任を清算した。本人曰く、そのために生きてきた、とのこと。どうでもいいが、彼が27歳というのは某レディ・〇ンの19歳並に信じられない。
リー・ジャクソン
エスタルド軍の将軍。ハト派に対するタカ派な人。会議中でも工場でも飛行機内でも、そして死に際でも頑なに帽子をとろうとしない。きっと優柔不断なウイリスや平和ボケのグラントに苛立つ毎日で禿げてしまったのだろう。
エスタルドの新連邦への降伏が我慢できず、迷惑がかからないよう置手紙を残し博物館に飾ってありそうな年代物のMSで出撃してバンザイ突撃を遂げた。
グラント・スチュアート
ハト。

登場兵器・モビルスーツ[編集]

GX-9900 ガンダムX[編集]

ガンダムX(サテライトキャノン仕様)。ただしビームソードを装備してるためガンダムと呼ばれるにとどまる。
NT専用機だけどちょっとだけ量産されてる。GX(ジーエックス)と略されることがある。
サテライトキャノン
チャージ時間は長いがコロニーだって壊せる装備。
これが発射されるとき、光が雲を切り裂いて地表を照らすという幻想的な光景を目にすることが出来る。見たければティファを誘拐するよう命じるといい。ただしその時貴方は死亡フラグが立ってることを忘れてはならない。
ガンダムXを良く知らない人にとっては、これがガンダムXという作品の全てである。
サテライトシステム
サテライトキャノンとそれをぶっ放すためのいろいろな仕組み、スラスターとか認証システムとか。
背中のスラスターは使用時は開いてX字型、不使用時は閉じてL字型になる。そのため設定画しか見ていない人はなぜXなのか分からなかった。
大型ビームソード
サテライトシステムからエネルギー供給出来るから大きくしたらしいが気づかれていない。
シールドバスターライフル
ビームライフルとシールドを一体にするのは無理がある。被弾して爆発する可能性を考えなかったのであろうか?
バスターライフルと名付けられてるが、前作のと違って普通のビームライフルである。
非使用時にはバックパック(背中)にマウントするのだがいよいよ後ろに転びやすくなる。
ブレストバルカン
名前こそブレストファイヤーっぽいが実際はただのバルカン。
Gビット
ガンダムX専用のビットモビルスーツ。
頭部パーツが違うだけのガンダムエックスと同じ機体(サテライトシステム搭載)…と思いきや、サテライトシステム以外殆ど別物。
性能は同じとされているが見え張ってるだけで、無人機なので装甲をケチっているのかもしれない。
これを最大12機同時に操るという厨戦術。ただし要NT能力。
反則にしてプラモ販促と、思いきや・・・「ガンダム売るよ」じゃ無く売れよ。
不思議装甲
ガロードの被弾率からすると敵MSの10倍は硬いんじゃないか。さすがに無敵とまではいかない。
実はサテライトシステムのチャージビーム(マイクロウェーブ来る!)は湖が水蒸気爆発起こすくらい強力で、それを浴びて平気なGXにビーム射撃はほぼ無効だと推測される。きっとサテライトキャノンが本来戦艦に積むべき性質の装備でも、それが適わない原因がこの辺。
ディバイダー
サテライトシステムと換装する形で登場。ガンキャノンの特徴が完全に失われた。
多連ビーム砲、シールド、ブースターと何にでも使えるハーモニカ。
メカニックは先に母艦の貧弱な武装を何とかすべきである。
ちなみにその際ビームソードが2本になったことでシルエットがXとなり「ああだからXなのね」と視聴者を分かったような気にさせた。
この状態では「ガンダムXDV」と略されるが、放送当時はともかく今ではいろいろヤバい略称だろう。

GX-9901-DX ガンダムダブルエックス[編集]

「出力増やして武器増やせば戦闘力2倍にならね?」という非常に安易な発想で製作された劇中最強のガンダム。あれやこれや積んだおかげか実際の戦闘力は2倍どころか(4×4×2×8で)実に256倍である。略称はDX。転じてダブルエックスとも呼ばれる。一応元祖ヒゲガンダムである。砲塔が2本になりよりガンキャノンらしくなったが、ビームソードやシールドを装備するのは邪道なので残念ながらガンダムと呼ばれるにとどまる。

ツインサテライトキャノン
砲塔を2つに増やした結果威力は当然従来の2倍、ラジエーターの強化により冷却効率も2倍。リフレクターも増加して集光率も以前の2倍だが、砲塔が2倍なのでフルパワーまでの充電時間も2倍なのでこれは±0。劇中フルパワーで撃つ事は無かったが、実際のスペックは以前と比べて4倍である。
コロニーの中心を打ち抜き、ちくわにする能力を有する。
ハイパービームソード×2
両方の腰に1本ずつ装備され、一本辺りの出力はガンダムXのそれの2倍。結果的に戦闘力は4倍である。
劇中では自機の前後で刃を出し、自身を串刺しに見せる一発ギャグを披露。敵味方を困惑させ、敵機に至ってはあまりの意味不明さに爆散してしまった。
専用バスターライフル&シールド
専用とは名ばかりで、実際はかっぱらって来た物を流用している。シールドが壊れても射撃が出来るので汎用性は以前の2倍である。
ブレストランチャー&その他
砲門は2つになり、当然制圧力も威力も2倍。実は両肩にも付いているが気付かれていない。威力が2倍の頭部バルカンとあわせることで、8倍の濃さの弾幕を展開できる。コルレル(ケンプファーを超える紙装甲MS)なら蜂の巣に出来るのだが、DXの装甲的にラリアットでも倒せるレベルだ。
不思議装甲DX
とっても重装甲なのでビームサーベルで十数回斬られても平気どころか、次のシーンで完治しちゃう。
サテライトキャノンと同レベルの砲撃(サテライトランチャー)じゃないと破壊できない。
ただしコルレルのビームナイフは例外。この後、上記のように十数回斬られても平気だった・・・ということは、エスタルドで何らかの強化が行われたことが推測できる。もっとも、エアマスターを強化する程の軍事力を持ってすれば容易なことであろう。
とりあえずガロードはリー将軍にお礼を言っとくべきである。

GS-9900 Gファルコン[編集]

ガンダムに合体可能な支援戦闘機、つまりGファイター。
追加エネルギーパック付きの状態でガンダムDXと合体するとチャージなしでサテライトキャノン一発かませるとか厨設定があったが作中未登場。番組後半で巻きが入ったからね。
ガンダムXとの合体を想定して作られたことになってるのに本編でもプラモでもそれは出来ません。ただしレオパルドやエアマスターとの合体は可能です。
スパロボでは分離不可のDX用追加パーツ扱いされていることも。

GT-9600 ガンダムレオパルド[編集]

前作ガンダムWのヘビーアームズみたいな重装備機体、きっとヘビーアームズと入れ替えても気づかれない。
実弾だけでなくビームも乱射できるのよ。
換装で海中もいけるけど空は飛べません。
ビットモビルスーツが設定上存在するためNT専用機っぽい。

GW-9800 ガンダムエアマスター[編集]

前作ガンダムWのWガンダムみたいに可変する機体。でも活躍はメタス程度。
バスターライフルを2丁持ってるけどWのツインバスターライフルと比べ物にならないほど弱体化している。
劇中では飛行可能な機体が珍しいという世界観なので回避盾として非常に優秀、つまり「餌になってくれ!」。
ビットモビルスーツが設定上存在するためNT専用機っぽい。

NRX-0013 ガンダムヴァサーゴ[編集]

ゲテモノガンダムその1。
腕は伸びるし腹が縦に割れて極太ビームを撃つ。
物語序盤はしばらくパイロットの負傷で出てこなかった。
さらに中盤においてもNT疑惑のある人たちを見守ってるだけだった。
キバヤシ 「つまりこれは、フロスト兄弟が実はヘタレだったということを隠そうとしていたんだよ!」
ギャラリー 「な、なんだってー!!」
ちなみにこの機体についてごひ氏と流竜馬氏は、「明らかなパクリだ。俺とナタク/ゲッター1に謝れ」とのコメントを出しているが、シャギア氏は「悪かったとは思っている。だが私は謝らない」との回答をしている。
ビットモビルスーツが存在するNT専用機だってことはパイロットの前で話題にしないのがマナー。
後にガンダムヴァサーゴおっぱいブレイクに改修。開いた胸元から三連ビームを撃つ変な子になってしまった。

NRX-0015 ガンダムアシュタロン[編集]

ゲテモノガンダムその2。
兄よりも活躍の機会が多かったにもかかわらず、その全てをかませ役のシーンで消化してしまった。
そして兄を負傷させて序盤の出番を奪った張本人だったりもする。
蟹っぽい物に変形するのが唯一のアイデンティティ。ぶっちゃけガンダムとグラブロの間に出来た子。
・・・と、思いきや最終回で、パワーアップ後は兄貴と協力してサテライトキャノンもどきを撃てるようになっていたことが判明。
相打ちとはいえDXを破壊する大武勲を成した。
ビットモビルスーツが存在するNT専用機だってことはパイロットの前で話題にしないのがマナー。
当初はカニだったが、途中でヤドカリになった。そのせいでプラモにしてもらえず、バーザムキャトルと一緒に悔し涙を流していることだろう。

RMSN-008 ベルティゴ[編集]

NT専用MS。多分キュベレイの系統。
重力下でビット兵器が使える優秀な機体だが、ビットモビルスーツの技術の前では影が薄い。
硬いGXサテライトキャノンをぶった切るなど頑張った。
搭乗者のカリスはたかが強化人間のクセに「僕がニュータイプだ」とか調子こいたため、ティファに振られた上に非NTのガロードにビットを全部落とされる。
この世界でのニュータイプの基準がビット兵器を扱う能力に重きを置いているため、機体がビット兵器を失ったことで、女の子に振られた病弱な少年に成り果て欝だ氏のうと自暴自棄になっていた。そんなタイミングでガロードが声をかけたため、彼の中の何かが芽生えた

RMSN-002 フェブラル[編集]

NT専用MS。よくジオングに間違われるが似たようなもんだ。
プロローグのコロニー落しに登場しジャミルの載るGXと相打ちになった。

NRX-007 コルレル[編集]

紙製MS。こんなもの作るのは軽量化の好きな日本の職人に違いない。
剥き出しの内部フレームに和紙を張っただけと思われるが、機動性抜群でビームナイフ1本でDXをかなり追い詰めた。
でもまぁ結局は紙装甲なんて死亡フラグでしかないよね。

RMS-019 クラウダ[編集]

硬い。
しかしおへそを狙われるとひとたまりもない。

DT-6800 ドートレス[編集]

敵どころか味方にまでかませにされるザコメカ。
たまに空を飛ぶ。

機動戦艦ナデシコ17話[編集]

本作の監督である高松信司に擬せられた人物が登場し、一方的に責任を取らされ最後は死亡してしまう回である。当時のガンダムXの制作状況を表してい…

あれ?こんな時間に電話が…


もっとも、元ネタの内容はともかく、この脚本は製作者の自己満足でしかない。そんな話を書いているヒマがあるならストライキのひとつでも起こすべきなのだが、結局は仕事が楽しいため(「生活していくため」ではない。今の日本でアニメの仕事をやめたからといって生活できなくなる事などありえない)、後続の若者が迷惑を被ろうが「別にいいや、俺のせいじゃねーし」で済ませてしまったのである。

関連項目[編集]


このモビルスーツ「機動新世紀ガンダムX」は、まだ量産型リ・ガズィです。シャアに喜ばれるνガンダムにして下さるアムロ・レイを求めています。 (Portal:スタブ)