母乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「母乳」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「母乳」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「母乳」の記事を執筆しています。

母乳(ぼにゅう)とは、多くの生物を大型化する生体増強飲料である。

概要[編集]

商品化案の一例。残念ながら正式流通には至らなかった。

母乳は哺乳動物の胸部から分泌される分泌液であり、その生物の産数平均によって分泌腺の数が変化するが基本的には偶数対である。例えば人間の場合は二つ一対であり、犬は六つ三対存在する。 数の差はあれど分泌量はさほど多くなく、分泌腺に吸い付いて吸い出す方式で摂取される事が多い。分泌腺の発達具合によっては圧迫して搾乳する事が可能で、の場合は非常に分泌腺が発達している上に造乳量も多いため他の生物の飲用にも用いられる。

その効能の中で特筆すべきものは、身体の高速成長促進である。人間の場合は新生児の段階では3000g程度で全長50cmほどだが、約一年ほど母乳を摂取することで体重3倍、身長も1.5倍と凄まじい速度で成長する。他の生き物も授乳期だけで大きく成長し、その後一般的な「食事」ではそこまでの成長は望めない。

現代では利便性を考慮した粉ミルクや人工母乳が出回っており、母乳が出にくい体質であっても子供の高速育成が可能となっている。ただし世の中にはそういった新しい技術を好まない世代も多く、世代間闘争(俗に言う嫁姑戦争)に繋がってしまうこともある。

母乳の問題点[編集]

上記の通り人間の母乳摂取時期は一年ほどに留まるが、これは母乳に含まれる成分に問題がある為である。母乳は圧縮栄養剤と言うべき多種栄養分の塊なので、ある程度身体が出来上がってから服用すると身体に大きな負荷がかかって悪影響をもたらしてしまうのである。これは牛の乳でも同じであり、大量摂取すると乳糖不耐性傾向を持つ人間は消化不良を起こしてしまう。

もう一つの問題点としては、分泌期間が短いことが挙げられる。人間の場合は妊娠中期から出産数年以内しか分泌出来ず、その後必要になったとしても再分泌が極めて難しい。その為人間の母乳は大量確保が難しく流通に乗せにくいのである。

母乳と胸部発達の関係[編集]

母乳はあくまで分泌腺の発達が重要であり、その周辺組織に関しては特に関係がない。例え脂肪組織付加率が低くても量や質が劣るわけではないし、視覚的発達が著しい場合もそれが母乳に反映されるわけではない。逆に乳腺が脂肪で塞がることもあるため、むしろ前者の方が良いくらいである。

ただし分泌腺が露出しにくい場合は摂取の障害となることがあるので注意が必要である。万が一出なくとも先に挙げた粉ミルクや人工母乳という選択肢もあるので、深刻な欠陥ではないが。

関連項目[編集]