水無月

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

水無月(みなづき)とは、6月のハズである。………6月、だよね。


[編集] 概要

「水」が「無い」のにもかかわらず梅雨前線によって多量の雨がもたらされるという、矛盾した月である。これは、「いかなるものも突き通す矛」と「いかなるものも通さない盾」を同時に販売していた福岡ダイエーや、なにもないところで自然発火したビッグバン、「とりあえずパラドックスと言っておけば誤魔化せるだろう」という甘い考え、などと同クラス(Bクラス)の矛盾である。

[編集] なにかと疲れる

なんと、祝日が存在しない月である。小中高生では、土曜日、日曜日と、その他学校都合上発生した休校日以外で休むことを許されない。まさに夏休みと対極に位置するといっていい。

梅雨前線により雨が多く、必然と雨の中で通勤通学というシーンもよくみられる。「長靴を履いてみずたまりを気にせず無邪気に歩く」といった姿は小学校3年生頃までが限界(見納め)で、それ以降になると徐々に彼ら彼女らのプライドが許さなくなる。ちなみに筆者個人としては中学生ま(中略)によって、身につけているモノが濡れて大変なストレスを感じることになる。ちなみに筆者(中略)鬱になる人も多い。

幼稚園児小学生にとっては、外で遊べないうえに祝日がなく、その上虫歯予防デーと称して無理矢理歯磨き指導や歯科検診が行われる(その結果虫歯が発見された場合は強制的に歯医者送りとなる)恐怖の月である。

複数日にわたって降り続ける雨は、乾かない洗濯物を増やし、またその量と比例してお母さんの怒りのボルテージは指数関数よろしく上昇する。このときのストレスは凄まじく、実際に体験しないとまずわからないだろう。お母さん本人にも疲労が蓄積されるのだが、普段より機嫌の悪いお母さんのそばで、いつが落ちるかビクビク怯えながら日々を過ごさねばならない家族にも、想像し難いストレス、怒り、疲労が蓄積される。双方が双方の疲労についてよく理解できていないため、何かと険悪なムードになるのは必至。しかし離婚の多い月は実は3月であり、これは一般に水無月マジックと呼ばれている。

[編集] 関連項目


この項目「水無月」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語