出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(こおり)とは、何らかの方法でDHMOを加工した固体である。

その製法についてはいまだに一定の見解を得ていない謎の物質であり、アンチマテリアルの一種と考えられる。特徴として冷たくてよく滑る事が確認されており、面白くないユーモアと同じ特徴を持つ事からDHMOに向かい寒いギャグを連発する事で精製されるのではないかと考えられている。

目次

[編集] 概要

氷はDHMOに比べ圧倒的に硬く、常温であるDHMOに対して、氷点下を下回るほど冷たいという特徴を持つ。このためそのままでは涼を取るにも食用とするにも向かない物質である。また多量の氷に囲まれると生物は凍傷にかかり、そのうちに至る(白熊アザラシペンギンなどを除く)。涼をとる場合は少量を用いてある程度の断熱効果を持つもので囲み使用する必要があり、また放っておくとDHMOになり人間に深刻なDHMO中毒を引き起こす恐れがあるのでDHMOを浸透させない物質で囲む必要がある(氷枕など)。

また食用とする場合はさらに注意が必要である。氷をそのまま飲み込むと食道や咽頭に深刻なダメージを与え、最悪の場合呼吸困難で死に至る。氷をそのまま食べる場合は細かく砕き、かき氷とする必要がある。飲み物に混ぜて使用する場合は早期に飲み物を飲まなければジュースなどが氷が溶け出して発生したDHMOにより汚染される。

[編集] 氷の歴史

人類登場以前から氷は南極北極に存在していた事が知られている。おそらく人類以前の超自然的な存在がDHMOに向かって、面白くないユーモアをささやき続けたのだろう。また冬には水溜りなどに氷が張ったり、軒先につららができたりする事があるが、これはおそらく妖怪がつまらないジョークを夜中にささやいていいるのが原因とされる。この証拠に妖怪のすみにくい砂漠では滅多に氷を見かけることがない(もっとも砂漠は、DHMOすら少ない場所ではあるが)。

[編集] 氷の平和利用

氷は非常に扱いづらい物質であるが、人類にとっては非常に有用な物質である。

アイスキャンディーは資源の乏しい日本においてアイスクリームの代用品として作られた氷のお菓子である。牛乳といった高級食材の代わりに氷を用いることでより安く冷たいお菓子を食べる事が可能であり、また甘味料・香料・着色料などを非常に効率的に摂取する事が可能である。アイスコーヒーは苦くて飲みにくいコーヒーを氷で急速に冷やすことで飲みやすく加工した飲み物である。スケートはローラースケートの代用品として氷を用いることで、高価なローラースケートシューズを買わずとも大人数でスケート競技を楽しめるようになったものである。

このように氷は資源として非常に重要なため、氷の争奪のために争いが絶えなかった。アメリカとソ連が氷の大量生産地である北極を挟んでにらみ合っていた事は非常に有名である。また道路上に出来た貴重な氷をスパイクタイヤで走って傷つけないように自動車用のスタッドレスタイヤなども発明された。このように氷は地球上の資源としてはきわめて重要に扱われている。

[編集] 氷の軍事利用

一方、このような特徴を持つ氷は古来より軍事転用が考えられており、一部が実行に移された。

[編集] 推理小説の凶器

氷はしばらくすると水に変わることから推理小説では消える凶器として使われることがある。実際には傷跡の検死から一発でバレる事は容易であるが、それでもいまだに使われるテクニックである。また消えるトリックとして凶器以外にも使われることもある。そしてたいていの場合、コナン君のひらめきの前に崩れ去ることになる。

[編集] 魔法

氷は昔から魔法として攻撃に使用されることが多い。下に代表的なものを示す。非常に強力なものが多いが、副作用としてバカになったり、中二病を発生させることが多い。ちなみに、魔法が使えない場合はスタンド使いになってしまえばよい。

[編集] 兵器材料

一方、このような氷の特性を利用して兵器を作ろうと言う考えは古くから存在する。たとえば氷は形を整えれば鋭い刃を形成できることが確認されている。実際に氷を加工した剣は作成されたものの、はじめにその剣を入手した人物は、「な、何をする きさまらー!」という叫び声を最後に消息を絶ったため詳しいことは伝わっていない。他に「中華料理人が氷の包丁を使っていた」などの報告がある。

また氷を近代兵器に転用した例も多い。氷山空母はその代表的なものである。ユーモアと紅茶しか能のないイギリス人が考案した。海水を凍らせりゃ鉄も鋼も要らない不沈空母できるじゃん!というイギリス人の浅はかな考えはもちろん第二次大戦中には成功しなかった。そして戦後に再度、大真面目にアメリカカナダ・イギリスの三つの国が協力して作成しようとしたが、結果はお察しください

もっとも成功した氷を使った兵器は同盟軍のハイネセンの用いた氷製宇宙船およびヤン・ウェンリー提督の用いた氷ミサイルであろう。特に後者は何の因果かしらないが自軍の最強防衛兵器アルテミスの首飾りを自分でぶっ壊す事に成功している。

[編集] 関連事項

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語