江南スタイル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「江南スタイル」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「江南スタイル」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「江南スタイル」の記事を執筆しています。

江南スタイル(カンナムすたいる、강남스타일、Gangnam Style)とは、大韓民国ソウル特別市江南区から突如として電送されたPsyキックである。世界の正統文化に与えた衝撃波はガンダムStyleをも軽く吹き飛ばす。なお、韓国以外では朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市江南郡日本国新潟県新潟市江南区、同国愛知県江南市、さらには中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市江南区が発祥との説もある。

概要[編集]

このPsyキックは2012年秋、韓国のソウルを乗せて密かにダンス・ミュージックとして全世界へ向けて配信された。Psyキックの主はパク・ジェさんだ。ソウルから流れる黒い彗星のPsyキックを前に、全世界は大きく魅了され、この楽曲のミュージックビデオは2012年YouTubeにて最も多く再生された。そして、K-POPは東アジアを代表する文化現象として、未熟なAKB48の歌曲よりはるかに高い頻度で世界の正統文化において話題を集めた。今やYouTubeの公式動画は世界中の人間の7人に一人(笑)が見ているほどである。

しかし、日本では嫌韓Waveの前にこのPsyキックは威力を発揮していない。これについてはネズミ大統領東方竹に乗っかる悪戯を独り繰り広げたためという説と、「日本なんか世界の本流と無関係でいいんだよ、ガラパゴスAKB君」という韓国娯楽界の裏の陰謀があるという説が論争を繰り広げている。いずれにせよ、井の中の秋を過ごす東京のガンダムStyleが江南スタイルのPsyキックにぶちのめされたという事実が深く認識されていることに変わりはない。

歌謡スタイル[編集]

その歌謡スタイルはたいへん特徴的である。黒ずくめのタキシードと黒いサングラス、黒髪のPsyが手をぐるぐる回しながらソウル下町のPsyな高級車を映し出し、多くのミニスカート美女をPsyキックで動員して派手な歌をかますのである。

中でも最も特徴的なのは何と言っても足の動きだろう。その足を上下へ激しく振動させるパフォーマンスは公式には馬ダンスと呼ばれている。だが、そのPsyは他言語版で「コンドーム・スタイル」とも呼ばれている。なぜ、そう呼ばれるのかについては、歌詞をみれば深く理解することができるだろう。

歌詞[編集]

(改作あり。原文はこちら[1]

オッパ 江南スタイル、江南

昼の間は人間娘

コーヒー余裕の風格娘

夜はモエル心臓娘

そんな二役娘

俺は男

昼の間は人間雄

コーヒーIKKI飲み男

夜は心臓裂ける攻めの男

おお、なんと美しい、君は美しい

今からとことんイってみよう

オッパ 江南スタイル、江南

Eh、Eh

淑女そうでも遊んでくれる娘

結び髪をほどく娘

急所を隠す方がより抜けれる

俺は男だ

暇そうでも遊べる男

やるときゃとことん基地外

筋肉のような頭脳の男

くれよhey、くれよhey、君を嫁に

今からとことんイってみよう

オッパ 江南スタイル、江南

Eh、Eh

とぶ、とぶ、俺は超越した存在

オッパ 江南スタイル、江南

Sexy lady

オッパ 江南スタイル

反響[編集]

こうした頽廃的すぎる歌詞のため、韓国人は当初「そういや江南って親日的な高級住宅地だったな」と疑惑の目を向けた。しかし、そのPsyが日本を除く世界で大評判になっていることを知ると、無かったことにした。

米国ではこのPsyがハリウッドの音楽帝国を突き崩す脅威になることを恐れる動きが高まった。不安のあまりキツネにつままれた米国人の中には、「この歌詞は反米的だ!!」と怒鳴り散らす者まで現れ、「歌詞読めよ」と大いに突っ込まれたという。

中国では人気の高まりを受けてお家芸のパクリユニットが登場した。香港映画の周星馳はパロディを結成した。一方、本土では美少女たちがパクリ曲を円舞し、微かな原創性(オリジナリティー)を示した。人権芸術家のアイ・ウェイウェイは「Psyな横歩きは河蟹よりも生きている蟹の動きだ」と絶賛し、自らPsyになって民主化運動史上の道とした。河向こうの草泥馬飼い主の娘を相手に同様の歌謡曲を奏で、赤いペンキを受けているという。まあかくいうこの「江南スタイル」も某黄色い帽子のカー用品チェーンのCMのダンスをパクってんだけどね。

日本でも注目する動きがあった。しかし、「こんな歌詞で世界を征するのはけしからん。こんな歌詞でモテてはいけないんだ」とガンダムStyleの消費者たちが嫉妬したため、普及することはなかったという。

外部リンク[編集]

  • [2] - 演奏元

関連項目[編集]