江戸時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

江戸時代(えどじだい)とは、徳川王朝日本を支配していた時代である。1603年3月24日から1868年5月3日までの265年間。

様々な搾取の法が存在し、搾取によって人々が支配された時代であるが、一つ後に来るカルト国家帝国時代よりはましか。このことは海外からも指摘されており、英語版の当該記事では生理痛富士山で製造されるアイスクリームの消費量が激増したという歴史学の定説について述べられている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「江戸時代」の項目を執筆しています。

身分制度[編集]

徳川王朝に魂をささげた政府の構成員が武士という特権階級に分類され、凶器の所持や苗字を名乗ることを許された。

この武士が、中流階級である、農民工人商人を搾取した。中流階級の人々は、下級階層である穢多非人といった人々をいじめる事によって憂さ晴らしをした。

斬捨て御免[編集]

武士には、気に入らない中流階級以下の人間を処刑する権利が与えられた。これによって、町人の女の元カレや農民の女の彼氏などが虐殺され、武士の嫁選びの自由度が高くなった。

鎖国[編集]

徳川王朝は、自らのゴッドファーザーという立場を阻害する外国の警察の捜査から逃れる為に、徳川王朝に忠誠を誓ったオランダ清王朝李氏朝鮮以外の外国人の来航を禁止した。

1853年にアメリカからマシュー・ペリー警部が捜査に来るまで鎖国は続けられた。

幕末[編集]

1853年にペリー警部が「か~いこ~くしてくださいよ~、さもーなくーばあーせんそーしろー」しに来てから、徳川王朝の居城が天皇薩摩藩長州藩の連合軍の手に落ちる1868年まで、「なんたら派」と「かんたら派」に分かれてBattle(発音よく言うとバトゥール!)していた。しかしよくまあ15年間も飽きないこと。何だその長さは。

年貢[編集]

徳川王朝の活動資金は、主に農民から搾取した米によってまかなわれた。初めは各年の収穫量から一定割合を搾取していたが、八代総長吉宗の時代に毎年一定量を搾取する定免法に切り替えられた。

関連項目[編集]