池沢春人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。
サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
「つまらん!お前の漫画はつまらん!」
池沢春人 について、大滝秀治

池沢 春人(いけざわ はると、生年月日不明 )は日本のTwitter職人。師匠のコネ副業で漫画家もやっている。

サムネイルの作成エラー: サムネイルを保存先に保存できません
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池沢春人」の項目を執筆しています。

プロフィール[編集]

  • 本名は池沢友秀(いけざわ ともひで)何故ペンネームを春人にしたかは「池沢と梅澤って語感似てるし、名前をいじれば憧れの梅澤春人先生に近づける…」という安易な考えである。
  • ヒカルの碁のファンでありパクる参考にするほど、それにわざわざ作画の小畑健が審査員のときに漫画を投稿。
  • 父親が漫画家。

Twitterでの活躍[編集]

漫画家としてではなくこっち方面で活躍してほしいというファンが多い。

  • リボーンのアンチであることを公言したが、本当はパクる参考にするほどリボーン大好き。いわゆるツンデレである。
  • 他にもめだかボックスSKET DANCEのアンチであることを公言。ちなみにこっちはツンデレではなく本物である。
  • ギャグ漫画には厳しい目を持っており、わっしょい!わじマニアのようなまったく笑えない糞漫画からギャグ漫画としては間違いなく名作の部類になるいぬまるだしっにも厳しく「ボケと突っ込みがワンパターンで面白くない。」と叩いた評価した。
  • エロシーンが嫌いなようで、その表現のあるラブコメのI"s ToLOVEるを「読んでたらいじめられる」と叩いた評価した。が、自身の漫画にも同じようなシーンを入れてるため。これもツンデレである。
  • 賢い犬リリエンタール保健室の死神誰にでも予測つくような打ち切り予言をしていたが、予言より遅れた。
  • 「人気無い漫画しか評価できないのか」と思われたくないのか発言当時ジャンプの看板漫画だったBLEACHにも暴言発言。しかし、ねこわっぱ! 初連載の号で読者プレゼントコーナーの当選発表者のページの挿絵にBLEACHの登場人物の卯ノ花烈のような女性を描いており。これもツンデレである。

漫画家としての活躍[編集]

  • 黒鉄 -クロガネ-(読切、デビュー作、『週刊少年ジャンプ』2011年03・04合併号、センターカラー49P)
    ちなみに連載版一話と大差ない。
  • クロガネ(連載、『週刊少年ジャンプ』2011年39号 - 2013年9号)
    内容が救えないほど破錠してるにもかかわらず当時ジャンプに黒子のバスケハイキュー!!しかヒットしてると言えるスポーツ漫画がなかったため新編集長の方針と師匠のコネでプロテクトされかろうじて一周年突破。しかしその年の42号で新しいスポーツ漫画(こっちも内容は同じくらい破錠してるが)が来た影響によりあと少しで円満になりそうなのに打ち切りになる。
  • ものの歩(連載、『週刊少年ジャンプ』2015年42号 - 2016年34号)
    ジャンプでは珍しい将棋漫画。やっぱり愚直型主人公とチャラ男っぽい脇役が主軸ですすむ。「棋譜が全然無いのでなぜそのような局面になったか読者が置いてけぼり」という将棋漫画にあるまじき作風であるが、心理描写や作品自体のトンデモさは前作よりは幾分かマシで、同時期に連載が始まったおバカギャグマンガ『左門くんはサモナー』と共に安パイ(ヒロイン・みなとちゃんの体型に非ず)枠に就任。売り上げは『左門』よりだいぶ下だが、題材が将棋という取っつき難いネタである点を考慮するとねえ…。その後2016年に『ゆらぎ荘の幽奈さん』と『鬼滅の刃』が連載を開始し安パイ枠がそっちに移ったため掲載順もジリ貧になりあっという間に打ち切り。今回は一周年突破はできなかった。
  • ノアズノーツ (連載、『週刊少年ジャンプ』2018年15号 - 2018年38号)
    一年半の沈黙を破り、ジャンプへと帰還。おっぱいおっぱいなバカギャルとマッド考古学者のコンビが主人公。「10万年前の施設が、地下にほぼそのまま埋まっている」というのはまだしも、発電機構まで生きている(エレベーターも可動)という『Dr.STONE』にケンカを売るようなトンデモマンガ。人気は順調に低迷し、後発の「紅葉の棋節」などと共にドベーズの位置が固定化されつつある。スリーアウト制を採用しているWJにおいて、これがコケたら後は無い。とか言っていたら突然バカギャルが殺され、そのまま次のループへ入りバッドエンド。自己最短記録を更新し、ものの見事にスリーアウトである。しかしこの世界では、地層学とかどうなっていたのだろうか。10万年分毎にまったく同じものが出土するの?

関連項目[編集]

  • クロガネ
  • 旧・糞漫画王
  • イケザー被害者の会
  • 尾田栄一郎 師匠
  • 葦原大介 因縁の相手。具体的に言うと、自分より格下だと思ってたのに自分と入れ替わりでワールドトリガーの連載を開始され、あっという間に抜き去られる。
  • 宇佐崎しろ 因縁の相手その2。具体的に言うとノアズノーツ連載に先立ちアクタージュ act-ageを連載し、速攻でドベ1を踏んでしまったが何故か2回目センター配布。その後ドベに沈むことなく周年巻頭を獲得した。
  • 芥見下々 因縁の相手その3。具体的に言うと、池沢先生のラストチャンス時に初連載呪術廻戦を連載開始。最初期はドベに沈んでいたが何だかんだドベ1はアクタと違って踏んでおらず、16話で2回目センターをもらった後は基本的に掲載順上位で早くも中堅上位〜準看板の地位を固めつつある。
  • ※ちなみに宇佐崎先生と芥見先生は葦原先生の大ファンである(ファンによると作品の雰囲気がどこかしら似てるらしい)。そんなわけで葦原ファミリーは池沢くんの天敵とも言えよう。
  • ツンデレ
  • Twitter

外部リンク[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg 池沢春人 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、池沢春人加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)