沙慈・クロスロード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

普通である事に飽きるな、それはいつか失われる日々・・・刹那の瞬間に世界は逆転する クロスロード」(交差する道の中で運命は待つ

『「普通」であるということを・・・、どう思う?』

普通の枠から出ていないと言う事は、世界に対して影響を及ぼしていないと言う事である。

レールに乗っかってしまっていると言う事である、そこに安住してしまっていると言う事である。

何かを変えたければ、そこから逸脱しなくてはならない。

しかし、それは安定の破壊を意味しない。

変質をも、転落をも、脱線をも意味しない。

「自身」を保ったまま、「変化」出来るか否か・・・?

その時、彼らは「普通」ではあっても、もはや「凡庸」ではありえない、しかし『普通』は現在の立場が『悪夢』となると道を外すことで何かを『得る』と同時に自身を『保つ』ことができる。

とにかく普通でない人々の中では、普通の人はありがたいものであり、際だった存在である。このことは、普通ではない人生を送ってきた綾崎ハヤテが、好みの女性は「普通の女の子」だと言ったことからもよくわかる。さよなら絶望先生の、彼女にしても安全な女性キャラ第一位は某普通少女に違いない。「普通」とはかくも重要なものなのである。

概要[編集]

沙慈・クロスロード(ソラ)(中の人:パラッパ
「間違った方法で得た結果に、意味は無いのに・・・」
「悪が平和に変えられるならば・・・俺は邪悪であっていい!!」
「お前たちは・・・自分が悪だと気づいていない・・・・最もドス黒い悪だ・・・!」
「破壊による再生? そんなもの! 存在しない! 俺自身が「訂正」してやる! あるのは「破壊」による「終わりの無い破壊」だ!」
「負けちゃえよ・・・ガンダム・・・・」
「お前らさえいなければ・・・!! 俺の居場所は守られていたのだ・・・・神の裁きを受けよ・・・」
日本に住む仮面ライダーゼクロス」という通称を持つ関西人在日高校生。娑慈・クロスロードとか慈悲・クロスロードという偽者が存在しているらしい。
セカンドシーズン主人公。(確定)なのかどうか最近怪しくなってきてる。
普通な子ですが、そのまま普通なら本作に登場している意味がない。
そのうち普通じゃないことに巻き込まれ、普通じゃない道を歩む予定。
ソレスタルビーイングの活動が気に入らないらしく、彼等のやり方は「価値観を相手に無理やり押し付けて他人を踏み台にしていることが」理解出来ない。
その為、遺族が彼等と同じ存在になっていき「無限連鎖」が続いていく事も早い段階で熟知している。
ルイス曰く「他人の痛みを心からわかっている」御仁。
彼女が、彼の自称恋人として付き合う理由が良く解る発言である。
その為、一部では「ルイス死亡フラグの元凶」にならないかと不安視されていた。
幸か不幸か、ルイスの左腕1本を詰めることで死亡フラグを回避してもらった。
だが、この惨状を考えると死なせてあげた方がまだ救いだった……。
結果、沙慈の心はソレスタルビーイングへの復讐から抗争への憎しみ、そして平和への願いと変わる。
そして彼はゼクロスになる事となる。
全てのマイスターの権力を手にする為、「天使の支配者」を冠する機体「ガンダムルシファー」に搭乗予定。これはノベライズ限定で本編では「悪魔」を意味するMS「サタン」に搭乗予定
この機体を駆り刹那との決戦に挑む気であり、戦いが進むにつれ心が疲弊していったのはいうまでもなかった。
「死神」の属性をもち、彼の前でNGワード「ガンダム」を口にすると死ぬか瀕死の重傷を負う。
既にルイスの母、ルイス本人、沙慈の姉が死神による裁きを受けている。
現在は隣人の刹那・F・セイエイ君に死亡フラグが立っており、その内うっかり「俺がガンダムだ」と言って自ら死を招くのは、言うまでも無く沙慈自身。ガンダムによって一度命を救われ、そしてガンダムによって姉とルイスとの仲を失った皮肉な運命の人物。
量産MSジンクスのバトルを見て「負けちゃえよ……」とまで言い放つ程で、マイスターズのせいでガンダム嫌いに拍車が掛かるのは言うまでも無い。この呪いの言葉が効いたのか、ことごとくガンダムは壊れまくった。日本の言霊思想の賜物である。
ここまでガンダム嫌いにもかかわらず皮肉なことに彼もまた次期マイスターの候補者である。「ゼクロス」とは「1と0」「最後の存在」を意味するものであり始まりと終焉を意味するものという意味ではまさに的確と言える。
セカンドシーズンに入ってから、ミヤサカのせいで彼の「日常」はさらに壊された挙句(しかも同僚たちは傍観するだけで助けてくれず)、刹那に「お持ち帰り」され、「それ☆すたのやってることは正しい」という洗脳教育を受けさせられている。必死に「テロリストに正義は無い」と「正論」で抵抗するも、「正論」すら許されない現実ゆえに撃たないけど支援機に乗るというとこで妥協した。
なんだかんだでルイスを取り戻した(せっちゃんのおかげであるが)。アロウズが潰れた事でお尋ね者指定もあやふやになったらしく普通の人に戻りました。
あとOPの全裸で判明した事だが彼は脱いだらスゴいんです。性的な意味で。
カップルを見ると懐の指輪を取り出してはニヤニヤする悪癖がある。実はミヤサカの巻き添えで逮捕された時に「沙慈は潔白だ」と同僚達が証言して助けてくれなかったのはこの悪癖ゆえに「リア充死ね!」と普段から思われてたからかもしれない。
昨年の春からは夏目智春と名乗って高校生をもう一度やっていた模様。なんだかんだで青春を取り戻したかったようだ。

関連項目[編集]