オイル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
から転送)
移動: 案内検索

オイル(Oil)は、ベトベトした液体で、お察し下さいに使われることが多い兵器である。

使用方法[編集]

調理に使用する 
この使用方法はクソ真面目で実にくだらない使用方法である。
サーキット場にまく 
そこを通ったがすごい勢いでスピンし他の車に衝突するなど、とても面白いことになる。
高速道路にまく 
サーキット場ほどではないが、同じような面白いことになる。
人にかけ、火をつける 
かけられた人が激しく燃え、逝ってしまいます
家にまき、火をつける 
家が激しく燃える。やり方によっては隣の家も燃えることになる。

「調理に使用する」以外の場合、警察に逮捕されたり閉鎖的な空間にぶち込まれたりするかもしれません。良い子はマネをしないように。

バナナの皮との違い[編集]

オイルとバナナの皮は、「相手を滑らせる」という面では同じだが、オイルは、上で説明したように、さまざまなことに利用できるが、オイルには、「値段が高い」という欠点がある。そのため、なんでもかんでもオイルを使えば良いというわけでもなく、正しく使い分けることが重要である。

バナナの皮との使い分け[編集]

さて、ではどのように使い分ければ良いのか。

使い分け方は下のように使い分けると良い。

  • を滑らせたい場合

この場合は、バナナの皮でも十分に滑るため、バナナの皮を使った方が良い。

  • 車を滑らせたい場合

この場合はバナナの皮では踏み潰されるだけなので、オイルを使った方が良い。

  • 多数の人を滑らせたい場合

この場合バナナの皮だと1人が滑るとバナナの皮はどこかへ行ってしまうため、オイルの方が良い。

オイルの欠点[編集]

「バナナの皮との違い」で、「値段が高い」という欠点を1つ説明したが、そのほかにもいくつかの欠点がある。 その欠点には、このようなものがある。

  • 臭いがある
  • おき場所がない
  • 運びづらい
  • 重い
  • 飲んでしまう人がいるかもしれない。

オイルの保管方法[編集]

自分の家で保管するなら火の気をさけ、ぴーながら、ぴーに注意し、安全にぴーることが重要である。

しかし、他人の家で保管する場合、火の近くに置いておいても面白いかもしれない。

ウザいと思ってるやつの家で保管するならば、火のそばに置いておくのが良いでしょう。ただし、その状態で自分が火をつけたら犯罪者になってしまう可能性があります。くれぐれも注意しましょう。

その他[編集]

「OIL OIL OIL.」をリズム良く二回書くと、サザエさんのエンディングの冒頭に聞こえる。(トリビアの泉より。)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オイル」の項目を執筆しています。