泌尿器科

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「泌尿器科」の項目を執筆しています。

泌尿器科(ひにょうきか)とは、病院の診療区分の一つ。主として男性向け医療区分となる。

概要[編集]

恐らく多くの男性が抱いているであろうイメージ。

泌尿器科は尿道を中心とした泌尿器周辺を専門に扱う。場所の都合上、女性の場合は婦人科に統合される場合が多い[1]

肛門科と並び、世の男性が恐れと憧れを抱き続けると言われている[要出典]。多くの男性は少年期に泌尿器科という「合法的にちんちんを弄って貰える場所」の存在を知り、行ってみたいと思いつつも野球ボールがかすっただけで悶絶する場所に乱暴されたら敵わんと小さな怯えも同時に抱く[要出典]。そして大きくなって包茎やオナニー性尿道炎、異物挿入による裂傷などで実際に泌尿器科へ赴き、思うのである。

「話と違う」と。

現実[編集]

Aonisai.gif この項目には、青二才の君たちが見たくもない現実が含まれています。
君たちがまだ青臭い理想を抱いている場合、この記事の内容は受け入れがたいものである可能性があります。
現実を直視できない場合は、家に帰ってママのおっぱいを吸っているか、その場で精神崩壊して時が来るまで夢を見ていてください。

まず、泌尿器科に「若い美人の女医/看護師」などと言うものは滅多にいない。腫れを助長するから、ではなく単に技能の問題である。尿道オナニーで綿棒を挿入しただけで内部に裂傷が出来るほど繊細な上、尿の雑菌により傷の完治に時間もかかる。加えて感覚器官が無駄に敏感であるため、必要最小限の接触かつ最短時間で施術を終える必要がある[2]。これは婦人科でも同様で、婦人科に若いイケメン医者がいると言う話は女性向けAVくらいでしか聞かない[要出典]。こちらも性欲など枯れ果てたような年寄りか若しくは同性が殆どとなっている。

それに万一免許取り立てホヤホヤ研修医上がりの若くて可愛い女の子が担当してくれたとして。彼女にとって貴君は「仕事相手A」でしかなく、ブツを見せたところで心踊ったりまして発情したりはしない。医者と言うのは学ぶ段階で徹底的にそういった部分を潰し、死体の解剖実習後に平気でユッケを食べたりカレーを食べながらうんこの話をしたり出来るように「成長」させられるので、今さら何とも思いはしない。一応「短小」「早漏」などは泌尿器系NGワードと教わるので口には出さないが。

そして下半身のだらしなさを散々指摘され、夢を砕かれて帰ってくるのである。医者にとっては病人を叱るのもお仕事なのだから[不要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 更に産婦人科に統合される事も多い。と言うかどうせ同じ所を診るんだから。
  2. ^ 構造を知り尽くしている分同性の方が信頼されやすいと言う。

関連項目[編集]

やめられない、止まらない この記事「泌尿器科」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)