洛星中学校・高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
PushPlease2.png
プレビュー活用依頼
この記事はある編集者が保存ボタンを猛連打して編集しているせいでアンサイクロペディアのサーバがピンチです!
どうか記事を書き込む前にプレビュー機能を猛活用し、虚弱体質のサーバをいたわってください!
Aonisai.gif

この項目は、主に現役中二病の視点により書き込まれています。

この記事は主に勉強部活もやらずに暇をもてあました中高生が中二病全開で執筆しています。内容には受け入れがたいものがある可能性があります(ただし執筆した当人は本気で面白いと思っています)。あまりの痛々しさに直視できない場合は、ウィキペディアに逃げてそちらの記事を改善するか、検索サイトでも使っててください。発達心理学者の方は、まれに研究対象として役に立つかもしれないのでがんばって読んであげてください。

洛星中学校・高等学校 (らくせいちゅうがっこう・こうとうがっこう、Rakusei Junior and Senior High School) とは、京都府京都市北区にある私立中高一貫校である。皇紀2679年現在では中学からの募集のみであり、原則高校からの募集はない(欠員補充、としては存在する)。

この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

正式名称は、大本営所属対外治安総局占領円滑化組織京都洛星支部。したがって洛星の理事長の推薦をもらえればほぼ確実に大本営(帝大系列)に足を踏み入れることが出来るし、そういう進路をとる人も多い。 (でもヴィアトール会カナダ管区の管轄なんだな、実は。)

アクセスは白梅町か等持院東町までバス、JR円町から自転車、阪急の西院から徒歩、もしくは屋上のヘリポートや、校舎前の道(ラバディーロード)も滑走路として利用可能なのでプライベートヘリか零戦での登校も可能である。むしろ、生徒会は零戦での特攻(=分解必至の急降下)による登校を奨励している。F-22とかはだめ。そっちの人が語り出すから。 ただし文化祭においては公式パンフレットに自家用ヘリでの来校を禁止する旨が書かれているのでご注意あれ。

概要

元は1948年に来日した聖ヴィアトール修道会によって開設された私学校であり、戦後間もない日本にキリスト教を伝道し、GHQ命令に基づく日本人を対象にした思考改造実験を施すための組織であった。1951年に学校法人として認可され、翌1952年に中学校3クラスを開設、次いで1955年に高等学校3クラスを開設、のち細部の編集を経て現在のスタイル(中学校・高等学校各5クラス)に落ち着いた。これは中学・高校の計6年間、じっくりと思想・宗教教育が施せる方が望ましいから、という理由であり、その点から分かる通り、アメリカによる日本人の思想改造実験は未だに継続中なのである。一方で、一部の教師によりぴー禁則事項などに基づいた教育も行われている。


教育方針

KdSot5lb0611vt0dvS7cjsz9 500.jpg


本学園における教育精神は「キリスト教精神に基づく変人(全人)教育」および「中二病患者の治療と教育」である。

前者は「すべての人」に対する教育ではなく「全(まった)き人(=完璧な人)」に対してのみの教育であり、キリスト革命思想的に健全と見なされた人間(=頭がアッー!な奴)のみがそこで学ぶことを許され、キリスト革命思想的に完成されたと見なされた人間のみが卒業することを許される。

後者はその名のとおり生徒の92.5%を占める中二病(一部の患者)のみが学ぶことを許される。 ※一部の小二、高二病患者も含まれる。 とりあえず生徒は神に愛された♂存在であることを自覚させられる。つまり洗脳される。

校長の座右の銘が「ゲームは還暦になってから」であることからして、IT系にはめっぽう縁がない学校である。 Twitterを授業中に更新した輩のせいで、教師達によるTwitter監視係が出来たのも、つい最近の話である。鍵がついていてもあまり関係が無いらしく、生徒達は警戒態勢を敷いている。(でも情報の授業中はPC弄り放題なので、そっちではいい意味で調子に乗っている)

Twitterといえば、「洛星の現実bot」というアカウントがWikipediaに晒されて、一時Wikiがアンサイクロペディア化したのも、最近の話である。 なお現在は「洛星の現実bot」はいろんな圧力により封鎖されている。

校章

完全なる真理の三角形。

本学園の校章は上下逆の二つの三角形(六芒星)によって構成されており、

  1. 人間の本質的欲望の解放
  2. 神と人間との関係逆転
  3. 洗脳行為の美化偽装

を表していると言われている。上向きの三角形は勿論プロビデンスの目を表し、すなわち彼等がメイソンリーの一部であることをを示すとともに、学園の守護聖人である聖ヴィアトールのVをひっくり返した形、すなわち聖ペテロの逆さ十字(磔)、そのままイエス・キリストに対する無二の忠誠を誓うことを意味している。この二つは矛盾しない。いいね? また、下向きの三角形は天から授かる慈愛を余す所なく受け取る、という意思を示すために聖杯の図案を簡略化したものである。

本当は人類社会の究極の到達点である全世界人民の共産主義への理想の象徴として「紅い五芒星」にしたかったとかなんとか

(「どうしてもダビデ/シオンの星に見える」というユダヤ/ナチス党員も一部存在する…らしい。筆者である。)

校歌

本学園の校歌『嗚呼洛星』(通称)は戦意高揚の歌として、かの『威風堂々の歌』に匹敵する名曲だと言われているが、実際に歌っている人数がケタ違いであるため、誰も気にしない

1番
衣笠の松 ぞわぞわと
ほくそ笑えり 友愛の護り人
(以下繰り返し)
おお洛星 平和の使徒ぞ
布教に励め 修行の努め
2番
古くしなびた 伝えを壊せ
躍進躍進 (五芒)星の導くまま
(繰り返し)
3番
祈りと実践 守護者に捧げよ
われらの野望 聖ヴィアトール
(繰り返し)
4番
안녕하세요. 지금 함께 데이트하자.
엣 ... 또 남자 친구가있는거야? 미안.
(繰り返しニダ)
5番
蓋伊,虛假索賠。我要強姦。
並提出。讓我們感覺良好。
(繰り返しアル)
6番

نني أطلب منكم ، لا يتمتع. سأحاول مرة أخرى غدا للذهاب الى منزل لك.اسمحوا تكون مستعدة لها. امرأة.

(繰り返しアライクム)
7番
ウォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお……・・・・・・・・・・・
(繰り返し)

ただし、2番の存在が30年以上なかったことにされ続けているが誰も気にしない。 そのため校歌であるにも関わらずほとんどの在校生が2番を覚えていない。

ほどほど真実のユーモア
次のものは真実と同じにしろよ!

文化祭

洛星高校文化祭は非常に混沌とした状態となっているのが通例である。例を挙げると、

  • 毎年女装癖のある輩が現れる。かつそういったやつに限ってモテる。
  • 彼氏ゲット目当てにわざわざ休日にも関わらず制服を着て女子高生が大量発生する。
    • それに誘発されるように洛星の関係者でもない男子高生が現れる。
  • 当の本校生徒は「女子とかまじうぜぇ。(迫真)」とか言いつつ大ナンパ大会が実施される。が、やはり多数の生徒のラインアカウントがブロックされる。
  • ナンパ大会で快く連絡先を教えてくれた女子高生は尻軽女と罵倒される。

文化祭終了直後は事後のような気分である。 (※ただし大半の生徒が女性恐怖症(免疫不足)のため、このような行為を行う猛者がまずいない。できない。 男子校なので至極当然のことである。)


年間行事

本学園はキリスト教カトリックを基本とした生活宗教教育をモットーとしており、長年キリスト教の生活サイクルに慣れ親しむことで従来の日本文化から若者を切り離し、日本人をより欧米化・猿マネ化させようという本音はあるが、当然隠しているに決まっている。

聖体賛美式(Ceremony the Holy bone)
いわゆる入学式である。聖なる神の教えに従って、それまでの世俗的な自分自身と決別し、純粋無垢なままの肉体を文字通り神に捧げるー儀式である。学園にはショタ好きな教師もロリ好きな教師も数多く在籍しており、秘蹟の聖油(XXXXXから煮出した油に薬草を煮出したもの)や聖乳(ソーマ)を頭に垂らすことで儀式は始まり、バチカン二千年の歴史によって培われたそれはそれは特殊なぬるぬるつやつやプレイを堪能する。それはもう気持ちよくてああ^〜たまらねえぜ、というのは教師側の意見であり、選ばれた生徒のほとんどはこれが大きなトラウマとなっている[不要出典]。この過程でさらに選別され、選りすぐりの候補生となった生徒については、これが(優良なショタ(コン)となるための)学園生活の平和な第1日目となる。
創立記念ミサ
いわゆる後期始業式である。やることは他のミサと変わらないが、特筆すべきはミサの後に行われる「創立記念講演」である。毎年偉い人が来てありがたいお話を聞かせてくださるのだが、大抵の生徒はこの場で意識を奪われてしまうため、ほとんど意味をなしていない。ただ、中三の春休みに「選ばれし5人」のみが参加できるカナダでの(アレな)研修があり、「選ばれし5人」を選抜するための面接ではこの講演の内容が問われているため、「選ばれし5人」になるための試練の一環としてこの講演が存在するのではないか、という説もある。
追悼ミサ(Messiah the Dead memory)
カトリックにおいて「死んだ者との思い出の月」とされている11月に行われる「死者との対話」「死者召喚」と呼ばれる秘密のミサである。秘密のお薬を使ってハードラックなバッドトリップをキメてそれぞれの脳内に出現した幻影とブツブツ独り言を交わしている全校生徒の図、という世にも凄まじい光景が広がるものの、意識を戻す際にその記憶は完全に吹っ飛んでしまうため、生徒本人は「1時間くらい寝ていた」ような感覚しか残らないと言われている。というか、何よりも理事長の話が長いのが悪い。
クリスマス・タブロー(Happy Great Xmas)
この頃の生徒達
やはりキリスト教と言えばクリスマスである。アドベントの時期から準備を重ねたページェント(pageant、野外劇)が披露されるが、そのテーマは『キリスト生誕』『十字軍の活躍』『テロとの戦い』『信仰の勝利(v.s.神道あるいはv.s.イスラム教、オリジナルver.)』のどれかである。どの演目にしても過激なアクションと過剰な演出において評判であり、そのスタントマンばりの演技を追究するあまり、死傷者が出ることもある。基本的に、真の洛星生(自称)はこれに命を捧げている。
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

学校施設

EAST WING
高校の教室がある校舎。本校舎の3つの部分のうち一番最後に出来たので(比較的)綺礼である。
WEST WING
中学の教室がある校舎。先述したように中二病患者が多い本校ではとりあえず中二病ということがうかがわれる落書きがとても多い。トイレに検閲により削除検閲により削除検閲により削除といった落書きが必ず出現している。
中央棟
職員室や食堂といった全員が使用する施設が集まっている。食堂の机はすべてアフリカの木から切り出してきている一枚板である。よって約1畳ほどの広さの机は男子高校生8人ぐらいでやっと持てる重さである。金の無駄遣いである。
廊下
以前人間のうんこが大量に落ちていた。校内ではもっぱら「理事長のブツではないか?」との噂である。誰も気にしない。
大講堂
洛星にある大きい方の講堂。耐震強度が問題になって補修工事をしたため窓がすべて使えなくなり、夏は暑く冬は寒い。ちなみに、夏は巨大な氷を何十個も椅子の周りにおったてている。また、ミストシャワーを導入しているが、先日装置の誤作動により講堂内がびちょびちょになり、体育の授業が二日間にもわたって中止となった。その上現在はほとんど使われていない。金の無駄遣いである。また、建物内には講堂としてのスペース以外に、普通の生活を営む生徒には解放されない様々な部屋や通路があり、その全貌を知る者はごく一握りである。
駐輪場/プール
同じ建物に入っていて上はテニスコートが2面ある。本校はそれほど強くない、むしろ弱いテニス部がなぜか優遇されており、テニスコートは10面ほどある。建物内の施設としては至って普通であるが、建物は無駄に綺麗でデザインに凝っているし、プールは謎のオゾン消毒をやっている。これも金の無駄遣いである。水温の自動調節機能まであるらしい。某体育教師はこれをAIプールと呼んでいた。やはり金の無駄遣いである。
茶室
サドー部ではなくサバゲー部が使用している場所。サバゲーの際は治外法権が適用されクーラーの温度が変え放題であったが、現在は禁止されている。現在は第4次部内内戦が休戦状態にあるため停戦協定が結ばれたままで、侵入すると即座にサバゲー部国境警備隊にバキューン!!
ラバディーロード
本校舎とそれ以外の施設の間にある公道を石畳にした。そのおかげで見栄えはよくなった(はず)が、ウン千万円とも伝わる道路の改修費用に加え、雨の後などの濡れているときはめがっさ滑りやすくなり車、自転車、人などが大変危険な状態に陥るため、生徒を間引きするためにあるのではないか、とさえ(影で)言われている。ラバディー(現理事長)本人は2010年秋まで知らなかった、「OBにそそのかされてやった。金も寄付してもらった。市役所にもっと金をかけろと言われた。通る車がスピードを落とすと思ってやった。反省はしていない。後悔もしていない。」などと生徒の前で証言している。これこそ真の金の無駄遣いである。
弓道場
こんなのではない。
本校の適当際まわりない弓道部が全国大会で2位をとった報酬として建設された。元の計画では建設費は500万円の予定だったが、知らない間に5000万円までふくれあがっていた。デザイナーズ・キュードージョーとやらになったからである。弓道場は冷暖房、全自動シャッター、間接照明なども完備である。弓道場には十字架と神棚が存在するという混迷した状況である。豊富な資金源は「卒業生の寄付」、「在校生の授業料」という名のみかじめ料である。これも金の無駄遣いである。これだけ金をかけたにもかかわらず、この弓道場は設計ミスが目立ち、しかも弓道場としては立地が悪い(らしい)し、トドメに道場の扉の立て付けがクッソ悪いので、当の弓道部員からもネタにされている始末である。ちなみに冷暖房は何年も使用禁止になっていて、使っているところを見たことがない部員がほとんど。
カリヨン
校門前に建設された鐘のこと。卒業生に多額の報酬を支払ってデザインを依頼した結果、校章を象るはずが大変不細工な形になった。毎日定刻に聖歌のメロディを響かせるが、調子が悪くて音を外すどころかまともに曲にすらなっていないこともある。金の無駄遣いである。が、そもそもこの名称すら知らない奴の方が多いので、誰も気にしない
洛星第二食堂 旧リヨンホール北館(ジャンボ)
一見何の変哲もないお好み焼き屋である。嵐電で一駅(徒歩二分)、等持院駅の裏にあり、値段に見合わない量の食材を提供してもらえることで、これまで「食堂2号館」、「ラバディーの懐刀」、「真の店長はラバディー」などと洛星生に親しまれてきたが、2018年6月30日をもって持ち帰りのみの営業となった。第二食堂の閉店により周辺のラーメン屋を占拠する生徒が発生することが予想される。
バー(HATSUNE) リヨンホール南館
一見なんの変哲もないバーである。雑居ビルの地下一階にあり、おばんざいを売りにしている。ジャンボが遠すぎる、と言った声により、ランチ営業を開始。全国でも珍しいバーに入り浸る高校生を見ることができる。昨今は修学旅行で来た客も多く、一般的洛星生が女子中学生と接点を持つならここしかないが、修学旅行というのは大抵複数のリア充が群れをなしてグループを作っているものである。そもそも中学生でナンパは余程のやつしか無理っすよ先輩..
全て遠き理想郷(ゲーセン)「キング」
そこに行けばどんな夢も叶うと言われる、伝説のゲームセンター。
誰しもが行きたがるが、あまりに遠いらしい。
どうしたら行けるのかは、主に口伝によって伝えられており、
ぶっちゃけJR円町駅(最寄駅)の目の前にあるのだが、学校周辺のパチンコ店舗出店率が高いせいもあってか、その中にゲーセンがあることは大半の生徒は気づかない(気にも留めない)
アニメイトゲーマーズメロンブックスらしんばんとらのあな信長書店  
これらの場所は本校からかなり離れているにもかかわらず、行けばほとんどの確率で本校生5人には会うという洛星率の高い場所である。
よって上記の六箇所を「洛星中学高等学校分館群」若しくは「選択第五〜⑨教室」として定める。
マイコン同好会(舞今同好会)
洛星で最大最強と謳われる軍事施設。第二支部はアメリカ(支部解体済)、第三支部は上海にある(未確認)。部員の一人一人が能力を持ち、彼らの後ろには超科学的なの謎の兵器が控えていたりいなかったりするので、決して手を出してはいけない。たぶん。
マイコン同好会の歴史については多数の文献などに残されている(はずである、うん)。マイコンは基本的に来る者拒まず去る者は追わずであるが、反逆する者は容赦なく圧倒し殲滅する(らしい)。隣にある鉄道研究会とは長年敵対関係にある。また、洛星中学生徒会と繋がっているという噂もあり、生徒会の軍組織として働いているともいわれている。マイコン同好会は現代社会のように地位のようなものが決まっている。構成員の中から投票で選ばれる「武長」と「副武長」、そしてその上に君臨する「コモン」などである。しかしそのマイコン同好会も某国語教師や60期からの空前絶後の超絶怒涛の天才共の失態が続き、追い打ちを掛けるように最高権力者である「コモン」が昨年度限りで引退するとあって、マイコン同好会に代わる新たな軍部が出来るのではないかと密かに囁かれていた。
現在は無事存続することが確定している。
しかし最も勢力があった63期生の事実上の引退により再び存続が危ぶまれている。
イラストレーション部(フラストレーション部とも)
現代の芸術を研究し発展させる部活動であるらしいが基本的に活動内容は自己の欲望を解放/暴走させリミッター限界突破120%の漫画を描くことである。文化祭では生徒向けにエロ同人も発売される。
アニメ研究会
主に深夜アニメを研究するために2019年度に設立された同好会。知名度はそれほど高くない。高校1年を中心に構成されていること以外は全て謎に包まれており、現代の魔境として一部界隈に知られている。魔物が住み着いているという噂があるが、実際に探検を試みる者はごく少数である。ついでに部員も少数精鋭である。
アンサイクロペディアからのお詫び
この記事において、一部不適切な表現がありましたことを心からお詫び申し上げます。ウソだけど。

生徒の声

かつてはエリートの代名詞 (自称) であり、「生徒一流、教師二流」とも言われた洛星も、最近は洛○高校附属中学校や◯川学園高校付属中学校といった新興勢力に偏差値で抜かれるようになってしまった。しかし、その現実から目をそむけ続けた生徒たちの心身は着実に荒んで/腐ってしまっている。一部(逆大本営発表)の生徒は二次元への道を日々邁進し、一部(逆大本営(ry)の生徒は阿部高和の予備軍となってしまっている。そしてこの性質を兼ね備えたエリートも日々増加の一途を辿っているが、それでも最後の自尊心からか「東京大学京都大学への進学率はそれらの2校よりかなり高い」ことを唯一の心の支えにしている。

これでも公欠席扱い。

関連項目

外部リンク

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「洛星中学校・高等学校」の項目を執筆しています。