浜松市集団食中毒事件

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「浜松市集団食中毒事件」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

浜松市集団食中毒事件(はままつししゅうだんしょくちゅうどくじけん)とは、浜松市にある企業がノロウイルス入りパンを発売したことにより、浜松の小中学生が苦しんだ事件。

企業にとっては実験段階であり、世間一般の反応としては「マルハニチロ(アクリフーズ)の再来か」といった声も広がっていた。また、一段落着いたところで広島市集団食中毒事件が発生し、2014年はノロや毒物入りの食品を開発する年だという印象をつけた。

概要[編集]

浜松市の小中学校にパンを提供する企業は2014年に入ってから、当時最大の流行を見せた2010年を超えるペースでノロウイルス感染者数が増えていたことと、農薬混入事件でニュースになっていたマルハニチロホールディングス(当時)のような売名を目論み、ノロウイルス入りのパンを製造することを決めた。

新学期が始まった1月に、始まって1週間ほどした1月14日、実験段階として小中学校相手に新製品のパンを提供した。すると潜伏期間が終わった2日後に症状が一気に出始め、4日後には在京マスコミに報道される。

第一段階の実験は終わり、第二段階からは潜伏期間を短くし、症状が早く出ることを求められたために試作品を計画し始めたところ、浜松市の保健所その他が捜索に入り、トイレのドアノブからウイルスを検出されてしまい、営業禁止処分を受ける。しかし、開発が終わってしまうことは防ぎたい企業が広島市の給食を提供する企業に研究の続きを行うように要請し、広島市内でもノロ患者がでた。

営業禁止処分が終わってからは広島市の企業と裏で手を組み続きの開発を行っているものとみられる。

ただ、その後はマルハニチロの研究者が逮捕されたため、この以降の関する報道はほぼない。

経過[編集]

1月14日にパンを製造し、潜伏期間が終了した16日に威力をふるうことに成功。17日の報道で軽く触れだし始めると、18日には900人に対し効果を上げる。この段階で、浜松市は給食の提供を止める。1日ごとに1000人、1200人と感染者が増えていき、今回の試作品は終了。

翌日から第二段階の試作品を作りだしたが、保健所などに立ち入り検査に入られ営業禁止を受け、広島市内の企業に続きの研究を要請。

28日に給食が再開された。

関連項目[編集]


この項目「浜松市集団食中毒事件」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)