出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

(たき)とは、世界各国で使用されている修行施設である。

概要[編集]

一般的な滝行の様子

滝は基本的に、高所からを落下させることで生まれる。その滝を身体で受け止めるスタイルが一般的だが、水が溜まった滝壺へと潜行する入水行や刀剣を振るって水を切る滝割り行など様々な使い方が存在する。滝行に詳しいメイドのコガラシ氏が「滝は修行の100円ショップ」と呼んだ通り、修練段階を問わず修行に励める総合トレーニング施設なのである。

特に中国拳法では滝を使った修行が励行されており、金剛拳における修行は嵐の夜中に行う滝行を以て完成するとされている[1]。また廬山の大瀑布を逆流させる拳法もあり、その使い手は龍座の化身として讃えられると言う。立身出世を表す「鯉の滝登り」も中国の諺であり、滝への思いが強い国民性と言える[要出典]

規模としてはカナダも相当であり、世界最大の滝であるナイアガラの滝は世界各国から修行者が訪れる「聖地」として知られている。他にもジンバブエのビクトリアフォールも聖地として来訪者が絶えない。

人工の滝[編集]

上に上げた滝は自然のものであることがほとんどだが、現在では屋内に人工の滝を作成して修行を行う事も多い。特に浴場やプールに置かれる事が多く、それらは子供にも人気の修行施設となっている。滝の下で印を組み「しゅぎょう!」と声をあげて笑う子供の姿は、訪れる者を癒してくれる。

また人工の滝の中には観光施設としての役割を持つものもあり、修行の役には立たないが美しい「白糸」と呼ばれる細い滝がそれに当たる。観光用の滝は美観を重視しており、ライトアップされ虹色の光を放ったり間欠泉と組み合わせたりもする。しかし滝の本道はあくまで修行施設である。

脚注[編集]

  1. ^ その前段階として、旧式カノン砲の弾を腹筋で受け止める炸裂行なども行われる。

関連項目[編集]

この項目「」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。