潮吹き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「潮吹き (アダルト)」の項目を執筆しています。

潮吹き(しおふ-)とは燃料想い核融合炉内で光速の約98%まで加速し、ぶつけることで発生した熱によって炉内が高温になることで、内部の圧力が高まり、炉心溶融を起こすことで水蒸気爆発を起こす現象である。

目次

[編集] 概要

上記の通り核融合炉内、いわゆる神秘の場所で起きる現象である。機械の性能によって水蒸気爆発の程度は変化し、場合によっては全く持ってこの現象が起きない場合もある。また、機械にの改良を加えることで、水蒸気爆発をより大きくすることができる。

人によってはこの水蒸気爆発を好む者もおり、水蒸気爆発の瞬間を捉えた神秘的動画が世の中に大量に出回っている。入手方法としては、TSUTAYAとはじめとするビデオ屋で購入するか、インターネットを使用するのが普通である。

[編集] 爆発の条件・量など

水蒸気爆発における水の噴出量は人・場合によってまちまちである。これにはいくつかの要因が重なっていると言われている

燃料の速度
一番最適の速度が光速の98%である。この速度まで加速させるのは難しく、速度が足りないことが殆どであり、その場合水蒸気爆発があまり派手に起こらないため、結果として満足に水が飛び散らない。より速度を上げようと、研究者たちの間で開発が進んでいる。
なお、光速を越えると空間の捻れや歪みが起きやすくなるといわれる。
想い
疎かにされがちだが、想いは大事である。全ての要素を満たしても、これが足りないがために最悪の場合、水蒸気爆発すら起きない。
機械側の性能
スペック不足や、試運転を怠った場合は期待するほどの結果を得られないという推測がなされている。中には耐久値が高く炉心溶融が起きないものもあり、その場合はどうしようもない。一方で耐久値が低いものに関しては、修復も速くできる場合が多いため短いスパンで水蒸気爆発を容易に起こすことができる。

[編集] 場所

機械によっては、周囲の環境で反応が変わるという。

専用の場所
ポピュラーな場所である。場所に困ったらここでやればよい。
自宅
機械を家にお持ち帰りして実験を行う。これまたポピュラーな方法であり、上記の方法よりもよりよい反応が期待できるとする説もある。
学校の裏、閑静な住宅街、山奥など
いわゆる屋外実験である。この方法を好む者も多く存在し、また機械によっては物凄い反応を起こすらしい。

[編集] 後処理

一時的とはいえ、核融合炉を溶かして破壊するため、後処理は大事である。後処理をしっかりとしないと、不完全な状態で修復されてしまう(異臭がするなど)、想いが足りなくなる等のよろしくないことがおきてしまう。しかし、しっかりと後処理をすれば次回はよりより反応が期待できる。

まずは機械の核融合炉をしっかりと掃除し、次に飛び散った水を拭き取るのがベストとされる。それは核融合炉が敏感なためである。なお、核融合炉内に白濁液をぶちまけてしまうと、異臭が出るという都市伝説がある他、余計な反応が起きて後々面倒なことになりかねないので、扱いは慎重かつ大胆にすべきである。

[編集] 関連項目

Makesophia.gif
記事書き方コンベンション
対象記事
執筆初心者のために、先輩風を吹かしたアンサイクロペディアンが「記事の書き方」を発表しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語