火星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
このページに対して内容に関する意見募集が行われています。詳しくはこのページのノートを見てください。
議論が終了する前にこのページを改変する場合、議論が存在していることに十分に配慮してください。
主な意見募集の内容:ノートを参照してください
※このテンプレートを貼った場合、議論ページに{{意見回答}}を貼って意見・質問を記述してください。

火星とは、かつて文明が栄えていたが、度重なる環境破壊の末荒れ果ててしまった太陽系第四惑星のことである。

火星

概要[編集]

火星は地球と非常に似た惑星である。火星の組成や自転周期などは地球に近く、近年の研究の結果で太古にが存在していたことも分かっている。そう、地球と似たような生命体が存在してもおかしくない環境だったのだ。しかし現在の火星の表面は赤茶けた岩石で覆われている。大気も非常に薄く、酸素はない。なぜこのような事態になったのか、それはかつて火星にいた知的生命体が環境破壊の限りを尽くしたためである。その結果、火星からは生命がほとんど消滅してしまった。

しかし、かつて生命がいたということに目を付けて、火星をテラフォーミングする計画も始まっており、どこかに植物を植えられる環境がないか、ロボット探査機を使っての探査が始まっている。

環境[編集]

地表[編集]

酷く赤茶けた不毛の大地である。かつれは往々にして植物が生い茂っていたが、火星人の見境のない土壌汚染によって、火星からは緑が消滅してしまった。地球の海のように豊富に蓄えていた水も、水質汚染によって生活に使えなくなり、その重度に汚染された水を大気外に捨てていった結果、火星は枯れ果て、極地の氷を残すのみとなった。

大気[編集]

大気は二酸化炭素が75%を占め、残りは窒素アルゴンなどである。そして気圧も薄い。皮肉にも火星人全滅によって大気の有毒物質は分解され、大気成分そのものは非常に綺麗になっている。馬鹿小学生がいうように地球の人間が息をしなくなれば、二酸化炭素どころか有毒ガスも消え去るという先例を示しているとも言える。

火星探査[編集]

NASAが火星に送った探査機の成果により、少しずつ火星の姿が分かってきているが、調査結果のうち公表されているのはわずか10%でしかない。残りの90%とは火星にかつて知的生命体が存在し、文明を築き上げたことの証拠である。そして火星文明が作り出した大量破壊兵器や科学技術の情報も残っている。NASAが火星文明の証拠をひた隠すのは、軍事、科学技術の面でアメリカがリードし続けるためなのである[1]

火星探査にかける金があったら地球に使えという議論もあるが、火星にはなぜ文明を崩壊させるまで環境破壊が続いてしまったのかというデータも残っている。このデータを入手することは環境破壊の進む地球を守るために非常に有意義なことであり、火星と同じ轍を踏まないためにも火星探査をやめるわけにはいかないのである。

過去の火星[編集]

前述のとおり、火星は海と緑に覆われた美しい星であった。地球と環境も似ており、生命も誕生したのである。そして、火星の環境が地球よりも安定しなかったことが、地球より早く知的生命を生み出すきっかけとなった。しかし、知的生命を生み出したことが、逆に火星環境を早く衰退させることに繋がってしまった。

恐らく最盛期の火星文明は、地表を建造物が埋め尽くし、宇宙にも進出せんとしていたと言われている。しかし実態は、火星人の軍事派閥が極冠の氷から巨大運河を引いて、残り僅かな水資源を追い求めていた。そして、その競争が火星人内部の紛争を生み出し、やがて火星の表面から生物を消し去るまでつづいたとされる。

やがて十数億年の時を経て、地球人類が火星の観測を始めた時には火星の文明や生物の証拠が消え去っていた。だが、NASAによる懸命な火星探査により、文明の跡が少しずつ発見され、極秘裏の内に研究が進められている。

脚注[編集]

  1. ^ 欧州ロシアがアメリカより先に有人火星探査に乗り出そうと躍起になっているが、それにはこの様な事情がある。

関連記事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「火星」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第34回執筆コンテストに出品されました。