無宗教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

無宗教(むしゅう きょう)とは、世界四大宗教の1つとされる宗教である。

概要[編集]

信者(無宗教徒)は全世界に分布する。共産主義の各国では国教とされている。また、日本で最も多いのが無宗教の信者である。日本人は9割の無宗教と1割のカルトでできている。逆に欧米では無宗教の信者は少なく、無宗教徒であるというだけで迫害の対象となることがある。

無宗教は、教義も教典も、さらには教祖も存在しないという特殊な宗教である。

無宗教には様々な宗派がある。

  • 無宗教原理主義 -- いかなるも信じないという宗派。ただし、何らかの神を信仰する者を敵視することがないという点で、無神論者とは異なる。
  • 無宗教無節操派 -- 逆にいかなる神も仏も信じるという宗派。日本人の多くがこの宗派に属する。
  • 「無宗教」宗教化派 -- 原理主義とは反対に、神を信仰する者を敵視(バカに)する中二病患者が集まった宗派。

「無宗教」宗教化派の成り行き[編集]

始め、教祖無宗が「神の存在を考えるため『神の存在を疑って』みる」というテーマからホームページ(以下HP)を立ち上げた。しかしHPのテーマが「神などいない。すがる人は愚か」という内容に変わり、いつの間にか『無宗教』という宗教が生まれ、HPを総本山にし、掲示板などには「俺たちが本物の神話を創る。」、「神を信じる奴はバカ」、「いないのになぜ信じる」などというニーチェ気取りの信者の書き込みが全体の約99%占めた(残りは「そんなの勝手だろ」、「プッ」などの失笑など)。そしてだんだんと信者が増え、挙句の果てにはオフ会までやったり、「もはや『無宗教』ではない」というところまできてしまった。

なおこのHPは今は無く、教祖はHP作りにもう飽きたと考えられる。よってこの宗派は無くなったか、秘密結社(カルト)になったか、と考えられる。

似て非なるもの[編集]

  • 無臭教 -- あらゆる匂いを発するものを忌避することを教義とする。ST派、小林派などの宗派間対立が激しい。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「無宗教」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)