無慈悲な鉄槌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

無慈悲な鉄槌
무자비한 철퇴

無慈悲な鉄槌

平壌上空を飛行中の無慈悲な鉄槌

  • 用途:爆撃機
  • 分類:戦略爆撃機
  • 設計者金正日
  • 製造者:金正日
  • 初飛行:2010年8月15日
  • 生産数:13機
  • 運用状況:現役

無慈悲な鉄槌(むじひなてっつい)とは、朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮人民軍空軍が開発・運用する無人戦略爆撃機である。日本遺憾の意に対抗する形で2010年から運用され始めた。NATOによるコードネームはcock(コック、ヨーロッパに生息する鳥の名前)である。

開発背景[編集]

韓国李明博政権になってから南北関係は緊張の度合いを高めている。そのようななかで、北朝鮮は朝鮮戦争が再開されても米韓連合軍に拮抗しうるだけの力を持つ必要があった。

韓国軍の生命線を確実に断ち、戦争を早期に終結させるために、韓国本土の基地を爆撃可能な戦略爆撃機を開発する必要に迫られた。さらにこれからの戦争における電子戦をにらみ、アメリカ軍の持つ「プレデター」等と同等の水準の無人機として開発されることとなった。

特徴[編集]

レーダーおよび可視光線に対して非常に高度なステルス性を有しており、他国軍隊がその飛行中の姿をとらえたことは一度もない。2010年8月の米韓軍事演習の際にも、北朝鮮は「無慈悲な鉄槌を下す」と公式に発表したため、訓練が行われた海域に飛来した可能性が高いが、米韓両軍はその影すらとらえることができなかった。

写真を見ると複葉機のように見えるが、じつは単葉機であり、最先端技術によりどちらが本物の翼かわからなくしている。爆弾のほかにも様々な武器を搭載することができる。実際に、借金の返済を求めてきたチェコに対して、北朝鮮軍は無慈悲な鉄槌を用いてチョウセンニンジンをお見舞いするという無慈悲な報復を実行、要求をのませることに成功した。

それ以後も北朝鮮は、他国が挑発的な言動をとった時などに威嚇手段として無慈悲な鉄槌を発進させている。

派生型[編集]

無慈悲な鉄槌による無慈悲な打撃攻撃

無慈悲な報復打撃[編集]

(朝鮮語:무자비한 보복 공격)無慈悲な鉄槌を基に作られた攻撃機。対日本戦を念頭に置いて開発されたとされているが、そのステルス性は無慈悲な鉄槌を上回っており、一度もその姿が確認されたことはない。

無慈悲な重さ[編集]

アンサイクロペディアに仕掛けられている。アンサイがたまに(というかしょっちゅう)重くてつながらない原因となっている。無慈悲なタイムアウト無慈悲な接続エラー(だっけ?)などの変形型もある。

戦績[編集]

2010年11月23日、北朝鮮は韓国・延坪(ヨンピョン)島に対し砲撃を行った。この砲撃の際には無慈悲な鉄槌も出撃したと考えられるが、これに対して韓国軍が出撃させたキムチイーグルでは目視はおろかレーダー上ですらその姿を確認することが出来なかったとされる。無慈悲な鉄槌が高度なステルス性能を持っているということが改めて実証されたことになり、韓国軍及び在韓米軍はこの脅威への対策を迫られている。

2011年2月20日の韓国軍の海上射撃訓練に際して北朝鮮は「無慈悲な対応打撃開始」を宣告した。 無慈悲な鉄槌が出撃した可能性が高いが現時点では北朝鮮および韓国軍からの発表は無い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「無慈悲な鉄槌」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「無慈悲な鉄槌」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)