爆乳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

爆乳(ばくにゅう)とは、胸部が大きい女性をさす言葉であり、より大きい巨乳の別称である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「爆乳」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「爆乳ウィキペディア」の項目を執筆しています。


定義[編集]

この言葉の定義においては、各種意見が存在する。一般的には巨乳爆乳の境界はFカップとGカップだといわれる[要出典](つまり爆乳=Gカップ以上)。この上に超乳という呼称が存在すると言われているが、その境目は学者及び有識者においても意見がかなり分かれるため、往々にして定かではない。一般的に、日常生活に困らない範囲を巨乳、身動きが取れないものを超乳、その中間を爆乳と呼称する場合が多いが、誰も気にしない、多分。

しかし、胸部が発達しているものの、腹部及び臀部が発達している場合、このように呼ばれない。この場合、肥満とされ、デブと呼ばれることとなる。


語源[編集]

「ていうか、誰だよ、乳にこんな固そうな言葉を最初に当てはめた馬鹿は。」
爆乳 について、あるユーザーより

ということで本項目では語源について説明する。爆乳という言葉の起源は1970年代、永井豪原作のマジンガーZから始まったとされる。「ハレンチ学園」や「けっこう仮面」で知られる永井御大がロボット漫画においてもエロスを追及した結果、あろうことかロボットを女体化するという斬新な手法を取り入れた。これにより登場したのがヒロインである弓さやかが搭乗する「アフロダイA」である。そのアフロダイAのメインウェポンこそが、胸部から光子学ミサイルを発射する所謂「おっぱいミサイル」である。このおっぱいミサイルが初期こそそれなりに活躍するもやはり主役機ではないこともあって次第に通用しなくなってしまい、兵器としての性能の強化を求めた結果ミサイルがどんどん肥大化された。これに伴いバストサイズも急上昇し、もはや巨乳とすら呼べないレベルに達したことから巨乳を超える爆弾おっぱい、すなわち爆乳という言葉ができあがったと言われている。これに対し、一部のファンから「ヒト型ロボットなんだから新しい武器を持てばいいじゃん」などとも言われるが、そこはそれ、永井御大だからしかたがない。あえておっぱいにこだわった設計者は間違いなくおっぱい星人である。そしてもちろん、御大も。

発生用件[編集]

その生育には高度な血統管理や生育管理を必要とするため、天然物は非常に稀であるとされ、大概は生育過程において、全体的に発達不良となり鶏がらのようになってしまうか、本来胸に蓄積されるべき内容物が別の部分に蓄積されてしまう。

そのため、実際に市場に出回るものは偽造品及び模造品が多いとされる[要出典]。しかしながら、特に過去において作成された模造品は非常に衝撃に弱く、ちょっとした刺激で内容物が破裂してしまうと言われている。爆乳の「爆」の字は、この模造品が破裂するさまより取られたとする説が存在する。

二次元における状況[編集]

キャラ全体のバスト水準が高いと、爆乳の定義自体形骸化しがちである。

この状況は特異な形状を有する事から、キャラクターに特徴をつける上において非常に使いやすい対象であるとされている。また、現実では到底ありえないような「スレンダーな体格でありながら巨乳」だったり、「第2次性徴すらむかえてなさそうな年頃なのに巨乳」というキャラ付も可能であるため、二次元においては巨乳を超える爆乳も頻繁に存在する。

やもすれば貧乳と言われているのに乳が揺れる程の描写が求められるアニメーション業界においては、現実社会ではありえないほどのサイズにしないことには爆乳以前に巨乳すら名乗らせてもらえないとされている。 また多くの創作物が現実と異なっているのと同様に、爆乳の中身は実際の人間の胸部にある器官と大きく異なっている場合が多く、噴出物がやたらめったら高粘度であったり媚薬であったり、挙句の果てには別の生命体が詰まってたりする場合もある。そして大胸概ね、何かしらの外的刺激により、内容物を外部に向かって勢いよく暴発させる。または外部からの暴発の集中攻撃を浴びる。ようするになにが言いたいかというと

( ゚∀゚)o彡゜オッパイ!オッパイ!

三次元における状況[編集]

見慣れすぎると、こんなタワゴトをほざくようになる。女の敵である。

先述の通り、天然ものの爆乳は非常に稀であり、発掘するのは困難である。

また仮に天然物を発掘できても、「重力に耐えられずに垂れ下がっている」、「乳輪も爆発的に大きい」など美観を損なう欠点があるケースが大半であるため、あまり生鑑賞には向かないと言われている。従って、それらの問題点を隠蔽できる着衣状態で鑑賞することが推奨されている。というよりも、着衣状態こそが三次元爆乳の真骨頂ともいえる。Yシャツなどの前ボタン式の着衣を内側からはちきれんばかりに外へ外へと押し出そうとするその様こそまさに爆弾。まさに爆乳である。男性ならだれもが胸(と股間)が熱くなるだろう。そしてはちきれんばかりのおっぱいに押されてボタンとボタンの隙間から下着を覗かせる様など、男なら誰だっておっぱいを応援したくなるだろう。また、着衣という抑圧への大きなおっぱいの弾力という抵抗が社会というルールに縛られたサラリーマン男性たちの若かりし頃の熱い思いを呼び起こすともいわれている。ようするになにが言いたいかというと

( ゚∀゚)o彡゜オッパイ!オッパイ!

爆乳について、様々な意見[編集]


本項目ではアメリカのOH!乳輪ズニューオーリンズで開催された第21回世界おっぱい学会にて発表された論文や、パネルディスカッションで爆乳に言及したものを紹介する。

  • 巨乳=バカっぽいといわれているが爆乳=大バカっぽいということでよろしいか?
バカで何が悪いのでしょうか。おっぱいが大きければ問題はありません。むしろ賢い貧乳よりバカな爆乳を選ぶべき。
  • そもそもなぜそんなに大きい必要があるのか?
>そこには夢が詰まっている。男のロマンが詰まっている。夢やロマンが大きいに越したことはないでしょう。
  • いくら爆乳でも数年もすれば垂れるに決まっている。それでも爆乳が良いのか。
>過去も未来も関係ない!大事なのは今!生きるべきは今!今、目の前に爆乳があるならばそれで良い!
  • そんな大きさで大丈夫か?
一番大きいのを頼む!
  • 胸が大きすぎて授乳中に乳児が窒息死する事故の発生が懸念されるがどう思うか?
うらやましい限りです。
  • ようするに言いたいことは?

( ゚∀゚)o彡゜オッパイ!オッパイ!

  • そもそもこの項目、必要ですか?
>必要です。爆乳の定義がGカップ以上であるからにはアンサイクロペディアにおける爆乳の記事ならばGバイト、すなわち1,000,000,000バイトを超えるべきです。そのためなら上げ底やシリコンなど水増しも止むをえn
絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

関連項目[編集]


Sunohara.png あ、しまった!
この項目「爆乳」に使うネタ忘れた!
智代! お前のネタ貸してくれ!! それと便座カバー (Portal:スタブ)