出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
牛。
牛を愚弄しているとこうなる。

(うし)とは、「君は牛を二頭持っている。」と言った哲学のテーマに関連付けられたりする、神秘の生物である。現実的には(ヒンドゥー教圏で)の様でもありながら、食用や飲用など、様々な利用方法で利用されている存在でもある。

目次

[編集] 牛とは

牛思うゆえに牛あり

すべからく牛の様であり、牛である事を全面的に肯定されるものを言う。それは、牛としてのアイデンティティに他ならず、たとえ牛肉として店先に並んでいても牛は牛であると思い続ける精神そのものである。

  • 「牛思うゆえに牛あり」
  • 「君は牛を一頭持っている」

[編集] 様々な牛

[編集] こくせん君

地下組織である生活協同組合の食料品宅配サービス「パルシステム」におけるマスコットキャラクターである。「こくせん」の名の通り国産食材しか配達しておらず外国産の輸入品を毛嫌いしており、もし輸入野菜などを見かけようものなら輸入業者をその企業ごと闇に葬りさるとまで言われている。そのため、いつもは地下牢に10本の鎖で封じられており、CM収録のときだけあたりに輸入業者がいない事を確認してから鎖が解き放たれるとされる。

ちなみに、理由は分からないがパルシステムでは牛肉の類は扱っていない。

[編集] 牛頭鬼

牛頭鬼(ごづき)は頭が牛の萌え擬人化キャラで地獄のマスコットキャラクター。頭がの馬頭鬼(めづき)とでコンビ・マスコットとして地獄の住民たちのアイドルである。賽の河原で石を積まない悪い子は、金砕棒で血の池所地獄にぶっ飛ばしちゃうぞ(はぁと)」が決め台詞。

[編集] バッファローマン

キン肉マンに出てくる牛の擬人化キャラでありマスコットキャラクターである。元悪魔超人の正義超人でカツラである。

[編集] うっしー

「うっしーマーク」の参考書で有名な参考書のマスコットキャラクター。

[編集] ファラリスの雄牛

吠える雄牛ともいう。焼いても死なないという牛である。なぜなら何度色が変わるほど焼いても吠えるのだ、生きていなければ吠えられないので生きているという結論になる。「ファラリス」はこの牛の品種改良を命じた人である。

[編集] 牛トピックス

  • 闘牛:牛と人間が戦う神聖なる命の儀式。BGMは「七英雄との戦い」。
  • カルビ:うまい。
  • 牛黄丹:牛の胆石を用いた漢方薬。いわゆる回復剤でHPが減ったときに用いる。
  • 吉野家:牛丼再開。
  • モーモーミルク:いわずと知れた世界中で愛飲されている飲料。よく白濁液と勘違いされるが、実はまったくの別物である。
  • 牛のこくまろ入り:相手を呪う儀式の一つ。もともとは牛の末路を現した言葉だが、「ホワイトシチューには邪道」との意見が多い。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語