差分

移動先: 案内検索

エクストリーム・脱税

4,447 バイト追加, 2008年11月20日 (木) 14:50
新しいページ: ''''エクストリーム・脱税'''(- だつぜい)とは、エクストリームスポーツの一つであり、主に高額所得者がたしなむ事の多い競...'
'''エクストリーム・脱税'''(- だつぜい)とは、[[エクストリームスポーツ]]の一つであり、主に[[高額所得者]]がたしなむ事の多い競技として知られている。

==概要==
[[日本]]国民は[[憲法]]で[[納税]]が義務付けられているが、これは[[税金]]は為政者や役人の飯の種となるからに他ならない。

一方、幾ら税金を納付しても例えば幾ら犯罪にあっても[[警察]]は捜査してくれないわ、物価は相変わらず高いわなど行政に対して「この[[税金]][[泥棒]]めが!」などと不満を持つ事は少なくない。

一方、[[政治家]]なら[[選挙]]で落選させるだけで不満を知らしめる事が可能だが、公務員に対してはそのような手段が用意されていないのが実情である。

そこで、そのような不満を特に公務員に知らしめてより良い行政の実現のために行なう[[エクストリームスポーツ]]が、'''エクストリーム・脱税'''と呼ばれるものである。{{Softbank|と言うのは取って付けたこじつけなんだけどな}}

尚、所得が高額であればあるほどこのスポーツへの参加率は高くなるようである。これは、高額所得者が<del>[[ケチ]]</del><ins>行政への関心が強い</ins>からに他ならない。

==競技ルール==
参加年度の所得を実際より少なく申告して納税額を法律で定められた額より幾ら少なく出来るかを競う。これだけである。

===得点について===
得点は個人部門・法人部門に分かれ、更に所得に応じて等級分けがされており、得点計算法は等級により異なっている。
例えば、個人<del>貧乏級</del><ins>フライ級</ins>の場合、本来収めるべき納税額と競技の結果請求された税額の差'''100円に付き1点'''と言う計算法になっている。

但し、以下のようなペナルティもあるので注意されたい(いずれも個人<del>貧乏級</del><ins>フライ級</ins>の場合)。
;所得ごまかしを[[Mixi]]などで自慢して[[祭り|祭られる]]
:自慢した額が算定出来る場合、その'''金額100円に付き1点減点'''となる。算定出来ない場合には'''得点の90%を減点する'''。
;[[税務署]]に何者かが[[通報しました|密告]]した
:密告の事実が確認出来た場合、'''密告者一人に付き20点減点'''となる。
;脱税の容疑で[[検挙]]された
:得点がプラスの場合には全部没収され、更に'''[[追徴金]]100円毎に2点減点'''される。但し、脱税以外の容疑での逮捕であれば点数に変動は無い。

==参加資格が無い者==
'''エクストリーム・脱税'''には初めから参加資格を持たない者もいる。
以下に主な該当者を挙げる。
;[[金融機関]]
:本来なら赤字であっても最低限の納税をしなければならないのを、救済の名の元で免除される事があるが、その場合参加資格が剥奪された事を意味する。
;[[宗教法人]]
:「信じない者は地獄に落ちる」などと[[恐喝]]行為を日常的に行い私腹を肥やしているにも拘らず、[[宗教の自由]]の名の元で非課税になっており、従って参加資格が与えられていない。
;[[自宅警備員]]
:彼らの所得は非課税らしいので、当然参加資格は無い。但し、申告しないと面倒な事になるので、その意味で別の[[エクストリームスポーツ]]となる事が考えられる。

==類似スポーツ:エクストリーム・納税拒否==
エクストリーム・脱税は[[検挙]]の危険性があり、正直お奨め出来ないものである。
しかしながら、それでも<del>糞</del>[[公務員]]の[[税金]][[泥棒]]振りに抗議したいと言う方のために、よりマイルドな'''エクストリーム・納税拒否'''と呼ばれる[[エクストリームスポーツ]]もある。

こちらは所得を正当に申告した上で、納税の請求を無視して拒否するだけである。
こちらも、拒否した金額に応じた得点が与えられるが、差し押さえをされた場合にはペナルティが課せられる事となる。

{{スタブ}}
{{エクストリームスポーツ}}
匿名利用者

案内メニュー