猛暑

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「猛暑」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「猛暑」の項目を執筆してくれています。

猛暑(もうしょ)とは、常軌を逸するほどの暑さを表す言葉である。

概要[編集]

猛暑は真夏の中でも頗る暑い一時期を指す気象用語であり、一日の平均気温が35℃を越える状態を指す。この状況になると生物は殆ど活動出来なくなり、熱中症での死者も増大する。本来原子分子は熱量が増えるほど活発になるが、生物は何故か逆の傾向を示すのである。哲学者の土屋賢治氏はこの結果を見て「生物は分子では出来ていない」という説を提唱している[要出典]

地球の気温自体は一万年前に氷期が沈静化して以来緩やかに上昇しており、特に21世紀に入ってからは上昇率が上がり猛暑日が増加しつつあるという[要出典]。しかし氷期自体が完全に終わったわけではない為、今後猛暑が沈静化し極寒日が増える可能性も高い[1]

猛暑の影響[編集]

猛暑時のよくある光景。

猛暑が到来すると体感温度は気温以上に上がるため、冷却のためビール発泡酒が飛ぶように売れる。高熱下では、常温の飲み物は喉を通りにくい為であり、冷凍庫でゴキゴキに冷やした飲み物を身体が欲してしまうのは本能的な欲求だと推測される。また気温を下げようとクーラーの稼働率も跳ね上がり、他にも経済効率が活性化する効果がある。冬の寒さは重ね着でしのげても、暑さは抑えようがないので扇風機やクーラーを使う他に手はない。例え裸になっても、暑いものは暑いのである。

猛暑区域の住民は不要不急の外出を避けるようになるものの、近代では通販やネット販売が発達したため、外出を避けても経済への悪影響は出にくくなっている[要出典]。健康上のリスクを背負いつつ暑い中に出歩く位なら、例え割増になっても通販に頼る。それが現代人なのである[不要出典]

またクーラーによる表皮低体温状態に陥ることで、身体深部を暖めようという意識が働き外部とのスキンシップが増大する効果もある。とは言え暑ければ暑いでスキンシップは増大する[2]ので、結局猛暑には少子化対策の効果が存在すると認められる。

脚注[編集]

  1. ^ 「氷期は既に終わって、気候は安定しているのが当然」というのは現代社会中心の誤った考え方である。
  2. ^ 脂肪は筋肉に比べ温度上昇が少なく、おっぱいなどは夏場でも触ると温度が低い。また古代エジプトでは、奴隷を冷寒抱き枕として使うこともあった。

関連項目[編集]