猫せんべい

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
猫せんべいが良く出てくる人気アニメ。一見猫優勢だが…
問題の猫せんべい

猫せんべい (ねこ -) とは、轢死体である。車に轢かれてもできるが、さらにハンマーでつぶされてできたり、ドアや壁にぶつかってもできる名産品である。

概要[編集]

猫せんべいとは、主に道路で製造される。は道路を渡ろうとし、その時とおりがかった車に対処できず、その場で立ち止まってしまう為、轢死する。轢かれた直後は猫の形を保っているが、車の通行と共に猫の体は平坦化され、猫の形をした煎餅状の物体となる。これが猫せんべいである。線路上の場合、綺麗なおせんべいにはならない。

猫せんべいは平坦である為、後から猫せんべいの横たわる道路を通ろうとした車は、直前になるまでそれに気付かない。動体視力が追いつき、猫せんべいの存在に気付く距離まで来た頃には、もはや手遅れである。回避は至難であり、猫せんべいを踏んでしまい、猫せんべいはより平坦に、つまりその厚さは限りなく0に近くなっていく。

猫せんべいの謎[編集]

猫せんべいは、ある一定期間を超えると道路から消滅する。これは猫が死期が迫ると姿を消す為であるとも言われるが、既に死亡している為、自らの意思で姿を消す事は不可能であると考えられる。

またある観察によると、猫せんべいは猫ミストとなって大気に放出されていると報告がある。猫せんべいがどのように猫ミストになるのか、そのメカニズムは不明であるが、前項のように厚さが限りなく0に近くなった猫せんべいは分子間の結合が解けやすくなっていることが要因との仮説もある。

この猫ミストを人間が吸い込んだ場合、身体が柔らかくなったり、無闇によく眠るようになったり、夜型人間になったり、耳の形が変になったりといった悪影響が出るとも言われる。

一説には、「その猫の口からふいごで空気を送り猫を蘇生させるいつも仲良く喧嘩をしているライバルのねずみ」が目撃されており、場合によっては自らの力で復帰し難を逃れているという。猫は不死身としか言い様が無い。

関連事項[編集]

Imgb4da957b62oe8w.jpg 猫せんべいは、まだ定食屋の付け合わせ料理です。一品料理にして下さる一流シェフを求めています。 (Portal:スタブ)