生物

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

生物 (なまもの) とは、突っつくとがついたり、放っておくと腐ったり、触ると匂いがつくもの全般のこと。触ると動いて怪我をするものも含む。

概要[編集]

謎の生物。

生物は、上に挙げたような特徴を持つ存在(モノ)ではあるが、これ以外にも生物的な特徴としては以下のようなモノが挙げられる。

  • 自分で動いたり大きくなったりする。
  • 動いている間は腐らない。
  • 緑色のモノは茶色くなったり乾いたりしなければ腐らない。
  • 腐ってなくても匂いがある。
  • その他のくさって無いモノと一緒に並べておいておくと、謎の消滅現象が発生する。この現象が起こると、残った片方の目方が増えるか、その数が増えている事が多い。
    • 大小の差があるモノを並べると比較的高い確率で小さい方がなくなる。
    • 良く動くものと余り動かないものを並べると、大抵は余り動かない方がなくなっている。
    • 長いものと丸いものを並べておくと、だいたい丸い方がなくなる。
    • 色が派手なものと派手じゃないのを並べると、派手じゃない方がなくなるか、あるいは派手な方が消えて派手じゃない方がやがて腐り出す事が多い。
  • 本体は腐ってなくても、腐ったモノが出てくる場合がある。特に動くものの場合は。
  • 良く動くものはを出すものがある。ただしの中にあるものは、音を出さないものと出すものに分かれる。
  • たまに毒や毒ガス、電気、超音波、電磁波を放つ恐ろしいモノがある。
  • 放っておくと増えていたりもする。
  • 腐って無いモノは焼いて食べると美味しい場合がある。

利用[編集]

生物は食べられるモノが多いため、その食べ方を知っておくと、とても役に立つ。しかし食べられない生物もあり、食べると病気になったりするモノもあるので、食べられないモノも知っておくといい。

腐っているモノは食べられない。食べると確実に病気になる。

生物はうまく扱うと大きくなったり増えたりする。大きいモノや増やしたモノは皆で分けて食べられるし、自分もお腹一杯になれる。生物の種類によって正しい扱い方が違うので、それも知っておくと皆がお腹一杯に食べられて、とても良い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「生物」の項目を執筆しています。
  • 料理 - 生物のほとんどは適切に料理すれば、とても美味しく食べられる。
  • 生物学
この項目「生物」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)