三業革命

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「三業革命」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「花街」の項目を執筆しています。

三業革命(さんぎょうかくめい)は赤線の解体、東京都の歌舞伎町での取り締まりの強化等による産業構造の変化または、他業種のオタク産業への転換の事である。

目次

[編集] 概要

三業革命とは、主に赤線等の水産業の解体(第一次)と、他業種のオタク産業への転換(第二次)を一つの社会変革としてとらえた言葉である。 一方で三行広告をさす言葉から派生したとの説もある。

近年においては企業の多角化は珍しい物ではないが、80年代以降にオタク産業が著しく発達し、三業革命と言えば一次よりも二次を示す事が多い。

[編集] 原因

始まりは、一部の国民が欲求不満により「米が高い」と言って暴動を起こしたのを契機に国民の関心を赤線で無く、別な方面に向けようとしたが失敗。

国民の捌け口が合法な産業から、反社会的、非合法産業または、アニメゲーム等のオタク産業への転換が起きる要因となった。

[編集] 影響

三業革命により三次元世界に捌け口が無くなった事から、二次元世界に移行するパターンも見受けられ、三次元至上主義から二次元至上主義への転換が挙げられる事が多い。 建築業界が痛家、自動車業界が痛車を発売して立ち直ったのは有名な逸話である。

他にも二次元至上主義の人々は金欠になり易い事は、政府が発表した2500年経済白書にも記載されている。

[編集] 歴史

始まりは紀元前、聖母マリアの処女懐胎より始まる。日本では、明治に入り政府の方針により花魁が開放された事から始まる。

そして近年は、キャバクラなどへの取り締まり強化の為、メイドカフェ等への転換を示す一般三業からオタク三業への転換を第二次三業革命とする意見もあるが、統一された用語ではない。

変革自体はこうして長い歴史を持って、時には水面下で、時にはルネッサンスのような華やかな形で少しずつ進んだが、一般的な意味での三業革命は、1950年代以降の100年間を指すことが多い。

1950年代、それまで一部の人たちが実験的に楽しむだけであったアニメーション技術が、アメリカにおいて大きいお兄さんたちの間で大ブレイクした。ミ○キ○マ○スやポ○イシリーズなど様々なヒット作品が登場し、ここから雪崩を打ったように革命が始まる。

革命の飛び火は日本へと写り、手塚治虫鉄腕アトムショタコンの心を鷲掴みにすると、革命への流れは誰にも止められないものとなった。

それでもまだこのころは、オタク文化の成果は二次元(それもテレビのブラウン管の中)に限られていたが、1960年代以降、「キャラクター商品」と呼ばれる疑似三次元化を受け、1980年代に一気に成長した。また、2000年代以降のメイドカフェに見られる2.5次元化のように、三業の形態は急速に姿を変えて行った。

こうした革命は特に日本において成功し、戦後の混乱期にあった日本の経済復興の大きな助けとなった。特に朝鮮戦争ベトナム戦争における米軍兵士の慰安用具としてオタクグッズが大量に売れ、これが世界中にオタク産業を広めるきっかけとなった。

なお、ベトナム戦争に従軍した韓国軍兵士が日本製のグッズを持ち帰り、これをきっかけとして韓国国内でも萌え産業が急速に発達したことは有名な話である。その結果、それまで萌え輸入国であった韓国は、2000年代には逆に萌え輸出国になり、これが韓国経済を大きく成長させている。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語