田中マルクス靖規

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田中靖規」の項目を執筆しています。

田中 靖規(たなか やすき、1982年11月17日 - )は、和歌山県出身の漫画家やよ。代表作は『瞳のカブとレタス(通称・カブトレ)』『鍵人 -かぎんちゅ-』。サッカー日本代表DF・田中マルクス闘莉王の実弟である。たぶん。

経歴[編集]

衝撃の告白入りの新人自己紹介ページ
  • 生まれて初めて描いた漫画『獏』で、天下一漫画賞にて審査員・オサレ師匠に絶賛される。
  • 』が赤マルジャンプ2003年WINTER号に掲載され、トントン拍子にデビュー。この当時はまだ本名を使っていた。
  • 青マルジャンプ(週刊少年ジャンプ2004年4月1日特別増刊号)にて『DEAD/UNDEAD』を掲載。割と化けの皮が剥がれる。
  • 赤マルジャンプ2004年SUMMER号にて『空中図鑑』を掲載。これはそこそこ評判が良かったので、後に『カトブレの作者』と同一人物の作品と知った人間はショックを隠せないらしい。
  • 2005年春、大学を卒業しダークサイドに堕ちる(後述)。
  • 名前の読みを変更しPNにして、週刊少年ジャンプ2006年40号にて『瞳のカブとレタス』を読切掲載。
  • 週刊少年ジャンプ2007年25号から40号まで『瞳のカブとレタス』を連載。
  • 赤マルジャンプ2008年WINTER号にて『ジャメヴ』を掲載。
  • 赤マルジャンプ2009年WINTER号にて『鍵人』を掲載。
  • なんと『鍵人 -ギガジン-』が週刊少年ジャンプ2009年33号から連載に昇格。世の糞漫画愛好家を狂喜乱舞させる快挙を成し遂げたが、またしても17週でカトブれた
    • 鍵人 -かぎんちゅ-』の最終話が、最終話ではなく第17話となっているのは、「秋田書店でもいいので続きを描かせてください!」というヤスキの切なる願いが込められていて、未完である事を強調し、さらにバイバイジャンプを示唆している。余談ではあるが、単行本も上・下巻というカトブレ以下の扱いを受けたにも関わらず(カトブレは全15話で、1・2巻扱い)、やはり最終回は第17話になっていて、あとがき等のコメントは一切入っていなかった。やっぱり俺等のヤスキはバイb(ry

人物[編集]

  • 本名は、同じ漢字で「たなか やすのり」。吸血鬼の魔の手に堕ちるまでは本名で漫画を描いていた。
  • 大学在学中に初めて描いた漫画をジャンプに送ったら、そのまま何の間違いか漫画賞を受賞してしまいデビュー。
  • 大学卒業後は、前述の吸血鬼の元でパクr漫画の基礎の修行を積み、1年半後独立。恐らくこのアシスタント期間に血を吸われたと思われ、その後の作風がガラッと変わる。
  • 師匠同様コピー能力に非常に優れ、『カトブレ』は秀逸なギャグ漫画として(主にジョジョ信者と糞漫画愛好家を中心に)人気を博したが、惜しくも15週で打ち切りとなった。このことより、秀逸なギャグ漫画が15週~20週程度で打ち切りを喰らう「カトブれる」という言葉が生まれた。
2007年流行語大賞ノミネート「やよ」誕生の瞬間
  • 『カトブレ』打ち切りのショックを振り払い執筆した新作『ジャメヴ』は、日本語訳すると「未視感(知ってる筈なのに見た事が無い、デジャヴの対語)」という意味だったが、内容はとてつもなくデジャヴだった。っていうかこれ何てミキタカ寄生獣?
  • そして読切版『鍵人』ではまたもやスタンド『マジシャンズ・レッド』を出してきて、読者を盛大に噴かせた。むしろムスカっぽい悪役のジョジョ喋りのほうが遥かに(ここ傍点で)面白かったッ!!
  • 寄生獣を弄るなど、並の人間には持ち得ない度胸と向こう見ずさを持っている
  • 『カトブレ』の舞台は"K都"、『ジャメヴ』の舞台は"T都"と、略語にする意味の無い地名を創作するのが好き。
  • 「桐星」「風呂苳」など、大根っぽい地名や学校名をつけるのが好き。
  • 和歌山出身の割には、カタコトの関西弁を使用する。特に『カトブレ』で使用された、明らかに関西弁ではない言葉「やよ」は、その後流行語にもなった。
  • マブダチ・椎橋寛の巻末コメントにより、2008年6月現在生息中で、ふたりで(椎橋は連載中にも関わらず)ウイイレに興じていたことが判明した。
    • そのマブダチは最近、連載誌で掲載順位を上げており、好調の様子で、その後の2人の亀裂関係に注目したい。
  • そして遂に2009年、『鍵人 -かぎんちゅ-』で2回目の連載権を獲得。俺達のヤスキはこれからも続くんやよ!!
  • 最近は椎橋寛との巻末漫才コンビ『みかんズ』を結成。第二の『内水大石』を目指している。勿論田中は、内水役のほうであr(ry
  • 1作目の連載『瞳のカブとレタス』の1クール半での打ち切りを反省しバネにした結果、2作目の連載『鍵人 -カギジン-』ではソードマスターツバメとなって伏線を回収しまくっていた。しかしそれでも、ラスボスを倒すことは出来ず「俺たちの戦いサルベージはこれからだ!!」ENDとなってしまった。
  • ジェイソンジュース』なる、グーグル先生も知らないようなローカル飲料を愛飲する、愛郷の鑑のような人である。ところでジェイソンジュースって何その怖い飲料?

年表[編集]

  • 第39回・天下一漫画賞である意味スベる。
  • 『赤マルジャンプ』2003年WINTER号にてデビュー作の「獏」がスベる。
  • 『青マルジャンプ』2004年4月1日特別増刊号にて「DEAD/UNDEAD」がスベる。
  • 『赤マルジャンプ』2004年SUMMER号にて「空中図鑑」がスベる。
  • 『週刊少年ジャンプ』2006年40号にて「瞳のカトブレパス」がややウケる。
  • 『週刊少年ジャンプ』2007年25号から40号までの「瞳のカトブレパス」でやっぱりスベる。(これが後に語り継がれる「カトブれる」。
  • ショージ村上のすべる話に出演。上手にスベる。
  • 『赤マルジャンプ』2008年WINTER号にて「ジャメヴ」でスベる。
  • 『赤マルジャンプ』2009年WINTER号にて「鍵人 -ギガジン-」がちょこっとウケる。
  • 『週刊少年ジャンプ』2009年33号から50号までの「鍵人 -かぎんちゅ-」で予想通りスベる。(これ後に語り継がれる「カトブれる」。
  • ショージ村上のすべる話に2度目の出演依頼がくる。(返答保留中)
  • 『最強ジャンプ』2012年8月号から10月号まで「メダロット」の漫画を短期集中連載。
  • 『最強ジャンプ』2013年5月号からテレビアニメ「ガイストクラッシャー」のコミカライズを開始。
師匠すみません…

作品リスト[編集]

  • 獏(デビュー作)
  • DEAD/UNDEAD
  • 空中図鑑
-- PN・作風が変わる --
  • 瞳のカブとレタス(読切)
  • 瞳のカブとレタス(連載)※英題:Turnip and Lettuce in your eyes.
  • ジャメヴ
  • 鍵人(読切)
  • 鍵人 -カギジン-(連載)※正式には『ジョジョの奇妙な冒険Part0.00156 鍵人 -雲のかなたに-』
  • メダロット7(短期集中連載)
  • ガイストクラッシャー(連載)※さすがにこれはタイアップ企画のため打ち切られず

カトブれた作品は全2作(記録更新中・太字表記)。

関連項目[編集]


Poruporu.png あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは "田中靖規" を見つけたと思ったらそれはスタブだった』
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… 身長が156cmだとか1が2だっただとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… (Portal:スタブ)