田村日和

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田村ひより」の項目を執筆しています。
田村日和。「乙女」と書いて「おつおんな」と評される

田村 日和(たむら ひより)は、陵桜学園高等部に属する女子高校生の一人である。その名字からも推測出来ようが、声優として活躍している田村ゆかりの妹である。

人物概要[編集]

御宅教の信仰者であり、その中でも腐った部類に属している。夏と冬が忙しい趣味を持っている。自称は「アウトロー」。

自費出版の漫画に関するサークルに所属しており、手がけるジャンルはBLから百合までと幅広く、レイティングされたパソコンソフトに関する教養もある。そのため、パティ此方同じ御宅教の信者たちよりは腐っているものの、オールジャンルな同人作家であると考えられる。ただ、前述の二人の影響もあって毒の周りが早くなっているのだが、当の本人である日和は無自覚である。

元々、創作的な思考がたくましく、常日頃から漫画のネタやその他を考えている。思いついたネタをメモし忘れて苦悩したことは幾度となくあり、作中でもその描写がなされている。

陵桜学園高等部に進学してからは、岩崎南小早川優という現人神をクラスメイトに持ったため、妄想に拍車がかかった。親友の情を、ヅカをベースにした恋愛模様として見るのは日常茶飯事である。クラスメイトを腐った目で見るべきではないと自らに言い聞かせていたものの効果は全くなく、最後には南×優のチョメチョメ本を描いてしまったほどである。

後に、当事者である二人に本を見られてしまったのだが、それでも自制心はあまり育っていないようである。しかし件の本を見られた後も、彼女はその二人から軽蔑されるどころか未だ尊敬されており、友達運については人一倍強いとみて間違いないといえる。

姫化[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日和姫」の項目を執筆しています。

神格化こそできなかったものの、南×優のチョメチョメ本は人気があり、腐った御宅教の信仰者たちの間では同士として「姫」と呼ばれる傾向がある。

田村日和自身はこの姫化を利用して、唯一のメガネキャラとして眼鏡教の神になることを目論んでいる。(唯一のメガネキャラ?あれ、誰か忘れている?そして、本当に忘れられている。

神託者として[編集]

神典では「メガネキャラ」は創造神の代行者、代弁者として重要な役割を担う者の象徴であるが、その中でも彼女は創造神よりの神託を受け彼自身の日々の活動や苦悩を自らが体現することで間接的に一般信者に伝えるという重要な役割を担っている。そのためか、巻を追うごとに彼女の登場頻度及び重要度は増してきている。

これと同様の事例としては、東方計画において呑んだくれの子鬼である伊吹萃香妖怪である原作者の女装と伝えられ、位置づけや性能で優遇されている例が挙げられる。

関連項目[編集]

Konata GJ cropped.jpg この記事「田村ひより」はからすればよく出来てるよ。でも、キャラへの愛がちょっと足りないかな。この記事に加筆することによって、もっとキャラへの愛を示そうよ。 (Portal:スタブ)