田沼意次

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

田沼意次とは江戸時代に活躍した日本予言者である。マシュー・ペリーの来襲や細木数子の誕生、小沢一郎の独裁政権の開始を予言したのもこの人。西欧ではタ・ヌーマと呼ばれ、ノストラダムスと並び賞される。

数少ない田沼意次の肖像画


老中として、政治を丸投げした将軍徳川家治に代わり政権を担い、その予知能力で様々な革新的改革を行った。賄賂政治家としても有名で、賄賂にまみれた政治家ナンバー1としてギネスブックにも載るほどである。その性格の違いから糞真面目の松平定信と対立し、それが原因で晩年は幽閉され、失意の内に死去。享年70歳 。

「この、上様のエコヒイキが!!」
田沼意次 について、松平定信
「田沼の、田沼による、田沼のための政治」
田沼意次 について、エイブラハム・リンカーン
「ん、政治?意次やっといて」
田沼意次 について、徳川家治

生涯[編集]

出生[編集]

享保4年(1719年)7月27日、田沼意行の隠し子として江戸の田安屋敷で生まれる。幼名は龍助。父・意行は普段は旗本であったが、真の姿はリーマンショックを引き起こした黒幕でもある紀州有数の資産家であった。意次の金への執着心は彼に由来する。

出会い[編集]

意次は世間でも評判のエリートとして担ぎ上げられ、順調に成長していった。そんな彼に運命の出会いが訪れたのが中二の夏である。 ある日意次が人通りが少ない道を一人で通っていると、前方から作業着姿の男性らしきものが現れた。その男は意次少年に向かって言った、 「ウホっ、良い男!やらないか(私のそば仕えを)」と。

その男こそ後の江戸幕府第九代将軍徳川家重であった。その後意次は彼のもとであごでこき使われることとなる。

ライバル[編集]

家重により見出された彼であったが、その後御側御用取次、大名(1万石)と順調に出世、家重死亡後、彼の実子とされる[1]徳川家治が将軍になると、上司である家重の信任厚かった上、将軍自体が後に政務に対して無関心になったため、田沼も出世の道を辿ることとなり、相良城主となり、侍従、老中格を経て相良藩5万7,000石の大名及び老中となった。

当然彼のサクセスストーリーを阻もうとする輩もウジャウジャゴミ虫のように湧いてくることとなる。その筆頭が松平定信[2]である。定信は小沢一郎の弟子で、政治を意次に丸投げして現実逃避を続ける頼りない家治を傀儡として江戸 およびその派生であるエロの全権を掌握しようと乗りだす。一方家治を飽くまで支えようとする意次は、定信追討をめざす。

意次と定信、正反対の目的を持つ両者の対立は決定的になっていく

失脚及び死亡[編集]

彼の当時としては斬新な政策は保守的政治屋にとっては問題となるものであった。その上、飢饉などが発生したにもかかわらず、その対策に失敗したことで立場は悪くなってしまった。そして息子を[3]ゴルゴ13に暗殺され、完全にやる気をなくし、その2年後、後ろ盾であった将軍が亡くなると、彼は失脚。城は打ち壊し、子孫は島流し同然の状況でオワフ島下村藩(1万石)に流された。

政治手法[編集]

相良藩主としての田沼の政策に関しては、街道及び港の拡張、藁葺きを改め瓦葺にする防火対策、殖産興業などの政策を行ったとされる[要出典]

老中における彼の政治手法は「賄賂にまみれた重商主義政策」である。これは株仲間[4]を構成して株を操り、有力企業の買収や、有力資本への投資を行い、日本の経済を牛耳る政策を行った。

また貨幣政策として当時秤量貨幣であった銀を金に関連付ける政策を行い、「偽貨幣である明和五匁銀及び安政二朱銀というを発行した。これは後々問題になるのであるが、当座は財政状況の良家につながった。

人材面においては広く人材や献策を取り入れたが、このことは「中間管理職」の跋扈する時代を生むこととなる上に、松平定信を代表とするような保守的な政治屋からは煙たがられる存在となった。

また外交面では、輸出物品の開発により、輸出入の赤字を解消した。俵物という米俵に麻薬を詰めたものを外国に売りつけ大もうけした話は有名である。また、蝦夷地の開発を進め、ロシアとの通商も開始しようともくろんだが、これは失脚によりならなかった。

この政策を採ることにより幕府の財政状況はよくなったものの、農業政策がお留守となっていたこともあり、農民が棄民して都市に出てくるという資本主義初期にありがちなことが起こり、さらに悪いことに火山噴火及び飢饉が発生したため、彼の没落につながったとされる。

その後の評価[編集]

田沼は御側御用取次となっているため、将軍の信頼が厚く有能な側近である。とはいえ、彼の失脚後には既に悪評が出ているが、これに関しては彼の反対派が故意に流したものであるという可能性が否定できない[5]。実際、田沼の失脚後に実権を握った松平定信の治世下では、徹底的な倹約主義、重農主義を採ったため、大田南畝[6]により「世の中に蚊ほどうるさきものはなしぶんぶといひて夜もねられず」や、「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」とうたわれることとなった。田沼の時代は、庶民には割りとすごしやすい政治だったと思われる。現在においては彼を評価する動きも出ているが、資料が少数のため判らない点も多い。

ちなみに、居城のあった静岡県牧之原市旧相良町町域ではやたらと英雄視されている実態もあり、市立の相良中学校の校章は田沼家の家紋をコラージュしたものである。故に当校の校長は賄賂の額によって決まることが慣例となっている。

ついでに[編集]

田沼意次失脚後、エロの全権を掌握しようとした松平定信であったが、逆に飲ま

続きはウェブで[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「松平定信」の項目を執筆しています。

続きはウェブで。

関連事項[編集]

大岡忠光

脚注[編集]

  1. ^ 家重は女性の可能性も否定されないため、実子か否か不明な点も有る。
  2. ^ 白河藩主。後の老中。朱子学に基いた重農主義による飢饉対策や、厳しい倹約政策、役人の賄賂人事の廃止、旗本への文武奨励を行ったが、天皇関連の問題で罷免される。将軍になり損ねたことを逆恨みしての反抗だったとの説もある[要出典]
  3. ^ 佐野政言という説もあるが実際は違った。
  4. ^ ホリエモンハゲタカなどに精通したもので構成される
  5. ^ これは現在においてもマスゴミが政権に失点がなくても些細な瑕疵を持って批判するのと同様の手段と推測される[要出典]
  6. ^ 天明期を代表する文人・狂歌師。所謂田沼時代に活躍したが、その後の政策変化により、狂歌は出来なくなった。