田町駅 (東京都)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

田町駅(たまちえき)は、JR東日本管轄の、山手線及び京浜東北線の利用駅である。

概要[編集]

田町の田は、塩田を意味する。駅のホームの屋根では東京湾の海水を天日干しして上質な塩を精製しており、改札近くにその塩専用の売店「シオスク」がある。これもし尺の重要な副収入である。また、かつて江戸前と呼ばれた土地らしく、ホームは新鮮な魚介類の売り子が大声で客寄せをしている。通勤客も、ついつい弁当のおかずに夕食にと買い求め、田町から出る電車内はいつも生臭い匂いがする。

利用路線[編集]

  • 京浜東北線と山手線の電車が同じ島式ホームに並行して停車する。同様な駅は山手線の東側に多数あるが、田町駅はなかでも最南端に位置しているため乗り換え駅として推奨されている。しかし結論から言えば田町から田端までどの駅で乗り換えるのも個人の自由である。ちなみに昼間は快速運転で飛ばす京浜東北線も田町には停車する。田町自体は快速が停車するほど格のある駅でないのだが、あくまで乗り換えのためである。
  • 総武・横須賀線が田町駅から東に100mほどの地中を走っているが、見ることも乗ることもできない。

田々グランプリ[編集]

山手線と京浜東北線が同じホームに停車するため運転士には自然とライバル意識が芽生え、どちらが速く田町から田端へ、田端から田町へ到達できるかが連日競われている(田々GP)。ただし、あまり急ぎすぎると運行指令からピットストップペナルティを課され正規のダイヤに矯正される。このレースの行方を左右する重要な要素が乗客の流れである。先述のように両線は自由に乗り換えできるため、どちらかが少しでも先行すればせっかちな都会人はそちらに鞍替えしがちで、そうした人が殺到すると意外に発車に時間を食って、その間にもう一方が抜き去ったりする。こうした複雑な要因を含みながら一進一退の攻防が繰り広げられるのである。

田町車両センター[編集]

田町駅~品川駅間の車窓は、東海道線車両を中心とした優等列車の宝庫として鉄ヲタはよだれを流して見入っていたものだったが、高輪ゲートウェイ駅設置のあおりで廃止になってしまった。さみしいね。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「田町駅 (東京都)」の項目を執筆しています。


Gomen.jpg この「田町駅 (東京都)」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)