白い恋人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「白い恋人」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「白い恋人」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「白い恋人」の記事を執筆しています。

白い恋人(しろ-こひびと)とは、北海道を舞台にした恋愛映画。1976年公開。

概要[編集]

日本にスキーブームが訪れた1970年代、冬の北海道で出会い、春を共に過ごすも暑い夏の中で別れ、それぞれ孤独な秋を過ごした男女が一年前と同じ厳冬のスキー場で再会し愛を誓い合うまでを描いた青春映画となっている。タイトルになっている「白い恋人」は、作中でのセリフに由来したもの[1]で劇場公開時には「こいびと」ではなく「こひびと」とルビが振られていた。

当初は道内の映画館を中心に公開されていたが、スキーツアー客の口コミで認知度が上がったことを切っ掛けにして関東以南でも順次公開されている。北海道のイメージアップに大きく貢献した映画であり、現在も北海道西区には記念館「白い恋人パーク」が営業しておりまた旧国道5号線や国道36号には大きな広告看板が立っている[要出典]。また札幌雪まつりでは2007年から本作をイメージした「白い恋人パークエア」というスキー/スノボイベントを開催しており、本作は世代を越えて愛される映画となっている。

当作品はお土産品としても作られている。札幌近郊では魚介類と並んで精力を付けるものとして「自分たちも白い恋人にならないか?」とフレーズを付けている。

事件[編集]

2011年、吉本興業が本作のパロディとして所属芸人を出演させたコメディ映画「面白い恋人」を公開した際「パロディの域を越えている」として配給元である(株)石屋が公開差し止めを求める訴訟を起こしている。その後2013年に「メディア化しない」「関西圏の映画館のみでの公開」を条件として和解が成立している。

ただし、本作のパロディ映画としては「どあらの恋人」「二次元の恋人」「白いお台場」「おかしな恋人」「こうびな恋人」など様々なものが存在するものの訴訟に発展したのは「面白い恋人」のみである[2]セレッソ大阪もやってしまい、訴訟の前に顧客の苦情から取り下げられた。大阪民国クオリティーは揺るがない。

尚、2007年に本家が衛生問題で配給中止になった事があったが、今はメディアからも忘れられて誰も気にしない。むしろ、舞台に被害が及んだ東日本大震災千歳地震の方が心配される位に。

脚注[編集]

  1. ^ 企画段階では「冬の軌跡」というタイトルが予定されていた。
  2. ^ そもそも恋愛映画のイメージがない吉本興業映画部が、なぜ「恋愛青春映画の名作」をパロディしたのかがまず不明。しかし、ロッテの「お口の恋人」が商標権侵害にならないかが謎である。

関連項目[編集]

この項目「白い恋人」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。