白雪姫

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「白雪姫」の項目を執筆しています。

白雪姫(しらゆきひめ、英:Snow White、独:Schneewittchen)は、の恐るべき確執を描いたドキュメンタリー作品である。

[編集] 原作

母が白雪姫に福島産リンゴを差し出すシーン

白雪姫の母は大変なナルシシズムを有しており、自分の姿を毎日魔法のそれらしい)に見せては「貴方は世界一美しい」と言わせて満足していた。しかし鏡のほうが、毎日同じ事を言わさせられるのに鬱憤を抱くようになり、ある日「白雪姫のほうが美しい」と本音をこぼしてしまった。

これが確執の始まりで、ついに自らの娘を殺害するよう猟師に依頼。しかしそんな事は猟師にできるはずもなく、証拠品として持ってくるはずの彼女の肝臓イノシシのそれを用いて捏造した。それを母は食べた。

しかし、鏡のほうは正直にも、白雪姫の生存を白状。そのため今度は毒殺を画策し、福島産のリンゴ青酸カリを塗りわざわざ扮装して森で小人の連中と暮らしていた白雪姫に食べさせた。だがそのリンゴには強力な放射能が付着していたため、急性放射性障害により長期の眠りについてしまった。

その後、どこかの国の王太子が白雪姫の元に立ち寄ったが、ネクロフィリアだった彼はその美貌の虜となってしまい、寝た姿を死んだものと誤解して、に入れて城へ運ばせることにした。その最中、家来が疲労により八つ当たりで彼女を殴った。そのショックで白雪姫は目覚めたという。

のち、白雪姫は母への復讐を決意。王太子との婚姻式に母を騙して呼びひっ捕らえ、摂氏1000度を越す赤色の鉄靴を履かせて死ぬまで躍らせた。彼女はそれを見ながら笑っていたという。

[編集] 改鋳

白い悪魔

なお、上記の話は現在に至るまでに何度か改鋳された。それは余りにも親子関係を描くにしては凄惨なものであるためで、まず母が継母に代えられ、さらに眠りからの目覚め方、ラストなどあちこち手が加えられている。その結果、児童向けの本に載せられる出来ともなったが、原形はとどめていない。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語