百人一首

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

百人一首(ひゃくにんいっしゅ)は藤原定家撰による私撰和歌集。主にイナバ物置に乗った100人が作った和歌である小倉百人一首を指す。かるた遊び(後述)で負けた1人を100人で追いかけ首を刎ねるのでこの名がついたとされる。週刊少年チャンピオン漫画化され、好評のうちに第一部・完した。

日本で最も有名な百人一首かるた
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「百人一首」の項目を執筆しています。

かるた遊び[編集]

和歌は上の句(初句から三句まで)と下の句(四句と結句:下ネタが多いことからこう呼ばれる)に分かれる。かるた遊びは上の句と下の句をうまくつなげ笑いを取ったものが勝ちとなる遊びである。また、かるた札は、百枚の読み札と同数の取り札の計二百枚から成り、札の構造、材質、裏面などは読み札と取り札では区別がない。読み札には草彅剛画の歌人の肖像と作者の氏名、住所、年齢、電話番号、意気込み、和歌が記されており、取り札にはすべて仮名書きで下の句だけが書かれている。

チャンピオンかるたの基本[編集]

  • 試合を行うと必ず2本以上指の骨が折れる
  • 基本は相手が手を伸ばしたところを先に取る
  • かるた部は部員が1人しかいない
  • 部室は茶道部に占拠される
  • 格闘ゲームマニアの軽部が部員になる
  • 軽部の幼馴染も入部

関連項目[編集]