皇族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

乞族(こうぞく)とは、日本憲法に基づいた人権が守られていない、差別された人々の集団である。

知名度が極めて高いにもかかわらず、ほとんどの人がこのことを指摘しようとしないのは、「人間は見下す対象を常に持っていたい」という日本人の本性が現れているのかもしれない。同様の例は江戸時代にも見られると言われ(えた・ひにん問題)、日本人の本質的な資質とも言える。 しかし、ごく一部ではあるが、国民よりも恵まれた面も存在する。

差別の例[編集]

法律上の差別[編集]

  • 選挙権を有さない(日本国憲法第15条)
  • 常に直系男子が継承する(日本国憲法第24条)
  • 居住の自由と職業選択の自由がない(日本国憲法第22条)
  • 財産権は自分たちでなく、国会に属する(日本国憲法第29条)

実質的な差別[編集]

  • 信教の自由がない
  • しばしば進学先を選べない
    • もし東大京大や早慶を受験しても、それらより遥かに格下の「学習院大学」に入らざるを得ない。
    • と思われていたが最近はICUや早慶への進学も認められているようだ。
  • 自ら有名人になることを選んだわけでも無いのに、日常生活を事細かに暴露されても何も言えない
  • 男として生まれると、一生皇族から逃れることができない。
  • 女の場合に限り、結婚することで皇族から抜け出すことが許されている。
    • しかし、女性天皇容認と称して、これを阻止する動きも見られる。
  • 外出時は穏やかな微笑を浮かべなければならない。
  • 行く先々で手や国旗を振られなければならない。
  • 姿を見られ、手や国旗を振られた場合は、屋内だろうと車中だろうと[1]常に微笑を湛えながら手を振り返さなければならない。
  • 行く先々で手や国旗を振られなければならない。

優遇の例[編集]

  • 税金より、皇族費として結構な金額の日本円が支給されるため、生活には困らない。
  • 最低限学習院に進学することは保証されているため浪人するなどの心配はない。
  • 女性皇族が一般国民と結婚する際には、結婚一時金と称して億単位の日本円が支給される。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「皇族」の項目を執筆しています。
この項目「皇族」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)