相沢舞

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「相沢舞」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「相沢舞」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「相沢舞」の項目を執筆してくれています。

相沢 舞(あいざわ まい、XXXX[1]8月21日- )は、オタクエンジンオイル売り。一時期においてはカニ、もしくは真の姫。また、自虐ネタを駆使する女芸人としての一面も持つ[2]声優というれっきとした職業があるにもかかわらず、口を開くたびに飛び出すさまざまなアニヲタ的・腐女子的発言、あるいはトンデモ発言により、声優の前にこれら要素が先行するキャラクターになってしまった。だがそれがいい。

愛称はもいもいモリソバ、そしてやっぱりカニ

人物・経歴[編集]

声優としては青二プロダクションに所属。2004年から活動。それ以前はOLとして生活していたが、その会社自体が僕らの宇宙は、崩壊したしてしまったため、青二塾に入塾。幼いころよりの夢であった声優を目指す。

幼いころから声優が夢だったなんて言っちゃうくらいなので、運動勉強成長そっちのけでアニメ・漫画にのめり込んでいたのはいうまでもない。特に学校がロボットの基地だったりするアニメ「俺の歌を聴けぇぇぇぇっ!!!」となんでも歌で解決するアニメに対する造詣が深い。ただし、その代償として、身長と貧乳はステータスだ!希少価値だ!を、さらに運動をしなかった代償として運動神経をも支払ってしまった。「バドミントンをプレイ中に、ダブルスの相方をラケットでひっぱたいてしまい、ダブルスではなくシングルスにまわされた」「大人になっても自転車に乗れなかった」など具体的な弊害も告白している。

また、アニヲタであるのみならず、重度のAXSヲタでもあり、後述する「松武秀樹・相沢舞のテクノスクール」に浅倉大介および小室みつ子が出演した際には、そのヲタぶりを如何なく発揮している。

声質について[編集]

肝心の「声」についてだが、村上夏美魔法先生ネギま!、デビュー作)、峰岸あやのらき☆すた)や日高ユメミ(空を見上げる少女の瞳に映る世界)をはじめとした少女役から、神宮寺菖蒲(喰霊-零-)のような妙齢の女性など比較的落ち着いた役、メール・ビーター(スーパーロボット大戦Z)やリュキア(幻想水滸伝 ティアクライス)のような快活なキャラクター、蠍宮シュモン(クロスファイト・ビーダマン)のようなショタ、果ては山崎バニラのごときハイトーンボイスでのナレーション[3]やコフィーちゃん(古墳ギャルのコフィー)、ポケモンの鳴き声まで、幅広い役柄をこなす[4]

とくに、2011年に入ってからの長野原みお日常)、雨流みねね未来日記)は特徴的であり、ニコ厨どもには駄美声の称号を持って好意的に受け入れられた[5]

…っておやおや、すっかりまじめな解説になっちまったよ!こんな解説はウィキペディアの専門家気取りどもに任せときゃいいんだ[6]

歌唱力について[編集]

相沢の歌唱力については、長らく疑問視されていた。以下のような要素による。

  • 「スパロボOGラジオ うますぎWAVE」における「じゃす☆わい☆びー」事件(後述[7]。)
  • 魔法先生ネギま!」シリーズにおいて、単独のキャラクターソングがリリースされていないこと(V-Kingdom内でも取り上げられている。後述。)
  • らき☆すた」において、オープニングに登場する、いわゆるメインキャラクターであるにもかかわらず唯一単独のキャラクターソングがリリースされていないこと[8]

特に「うますぎWAVE」においては、杉田智和によって度々ツッコミを受けており、この問題にもっとも近い位置の番組と言える。同時に同番組では「SEVENTH MOON」や「ドリーム・シフト」などを歌唱しているが、こちらは番組中相沢が演じる新人ロボット「モイモイ(通称モリソバ)」の追加機能である「初音ミク」の効果によるものと考えられていた。

しかし、2011年になり、buzzGによるオリジナルのボーカロイド曲を収録したアルバム「Symphony」に参加、また同年3月9日の初音ミクライブ「ミクパ!」冒頭のライブコーナーへの出演、テクノミュージックの解説をおこなうニコニコ生放送番組「テクノスクール」への出演など、初音ミクに頼らずとも高い歌唱力を有していたことが発覚。単独でのキャラクターソングのリリースが相次いだほか、イベントなどで歌唱する機会が大幅に増加した。

歌手デビューへ[編集]

そのような時流があるなか、2012年4月20日に相沢本人によるtwitterアカウントより「本日21時以降にお知らせがあります」との予告がおこなわれた。平常時にはTwitterアカウントを用いた告知、特に予告しての告知をおこなわないことや、「一緒にいてくれる男子がいなくてさみしい」「縁結びのお守りを買ってすぐになくした」などのいわゆる「ぼっちエピソード」に事欠かないなどから、「すわ結婚か」という憶測・妄想・デマが多く出回ることとなる[9]

しかしながら、ポップカルチャーニュースサイト「ナタリー」のフライング告知[10]を経て、ビクターデジタルエンタテインメントからデジタルシングル[11]「キミニトドケ」で歌手デビューすることが発表された。

これにより、ヲタクの間に「なんだ結婚じゃないのか」という空気が流れたのち、デビューを喜ぶ声が多く聴かれた。また、「結婚ですか」との声が多く寄せられたことについて、相沢は「あまりの孤独に泣きそうになりました」と持ち味である自虐ネタで返している。

一部始終については、[2]などに詳しい。なお、当該シングルの配信日は2012年5月9日である[12]

逸話[編集]

私の王国(ぶいきんぐだむ) ~プリンセスになろうよ~[編集]

ジュニア所属から準所属となる瀬戸際については、著書「私の王国(ぶいきんぐだむ) ~プリンセスになろうよ~」に詳しい[13]。より深い理解のため、「私の王国」の内容を、以下に断片的ではあるが解説する。

カニ沢舞
この著書を執筆するきっかけとなったラジオ番組「V-Kingdom」において、芸名を「カニ沢舞」に変更していた。理由は「2007年の正月中にカニを食べていたから」というだけである。本来ならばその場の冗談で流すべきところでありながら、以降「はさみまして、かにばんわ。カニ沢舞です」「今年はカニ声優として売れればいいんです!」などと発言するなどしたため、公式に改名する一歩手前まで話がすすんだり、大阪のメイドにも「カニ」呼ばわりされることとなってしまった。占い師に改名を止められ、事なきを得たが、しかしこの占い師、2007年のスパロボOGラジオ うますぎWAVEらき☆すた、さらには2008-2009年の喰霊やらスーパーロボット大戦Zやら空を見上げる少女の瞳に映る世界やらを言い当てちゃってるんだよね。
なお、現在も受け継がれている「カニ」の愛称はこの名残である。
こどくが~すき、ひとりが~すき、それはつ~よがり~
V-Kingdomは「としごろのおにゃのこ声優をあつめてくんずほぐれつさせよう」というコンセプトであった[14]ため、初期においては2人の声優をアシスタントとして採用していた[15]
フリートークコーナーで「休みの日に何をするか」をたずねられた際、「この曲(橘いずみの「サルの歌」)を歌いながらひとり家事をするのが好きなんです」などと告白。あまりに哀愁と生活感漂うこの台詞は番組が終了するまでの1年間[16]相沢を象徴するものとなった。
なお、コンセプトから「アシスタント同士が対戦するコーナー」というものも用意されており、その中で歌合戦が行われたこともあった。志村は魔法先生ネギま!でキャラクターソングを歌っていた[17]ため、その曲を歌った。しかし相沢はソロのキャラクターソングを歌ったことがなかったため、「サルの歌」を歌い上げた。そのあまりの哀愁[18]から、その場にいた全員が同情してしまったことでこの勝負は相沢の勝利となった。対戦相手であった志村でさえも敗北を認めざるを得なかったが、要因が「同情」であったため敗北感はまったくなかった。そりゃそうだ。
ここで遺憾なく発揮された「なんかちょっと恵まれない感じ」は、以降V-Kingdomに限らずさまざまなラジオで発揮されている。
あの、今月査定があるんです。準所属にあがるか、引退かっていう…。今月中に、わかるんですよ?このラジオやってる間に(微笑)
青二プロダクションには「ジュニア」-「準所属」-「所属」というヒエラルキーが存在しており、特にジュニアから準所属へのステップアップに失敗したものは容赦なくお察し下さいされていた。相沢も例外ではなく、査定の時期は訪れ、第48回の放送でついつい口走ってしまったのである。この台詞にも「なんかちょっと恵まれない感じ」が多分に含まれていたことは言うまでもない。
同時にV-Kingdomの終了が告知されていたにもかかわらず、「出演声優が出演期間中に引退を迎えるかもしれない」という衝撃はリスナー・パーソナリティともに大きく、以降2回に渡って相沢の引退にがっつり寄った企画が行われることとなった。特に第50回の「査定結果発表」では、「相沢が準所属になれたら何をするか」という公約を募集するという企画が行われ、「家から外に出ます」「大阪のメイドさんに告白します」「包茎手術うけます」「35年守ってきた童貞捨てます」などの公約がなされた。…でっち上げだと思うだろ?全部ホントにあった公約なんだぜ?その後これらの公約が果たされたかどうかは定かではない。
ちなみに準所属になったことを発表した瞬間、相沢が発した第一声は「包茎も手術してね」であった。…ホントだってば!
出産したことないの!?
最終回の土壇場において、(そんなもんみんな忘れていたにもかかわらず)としごろのおにゃのこ声優をあつめてくんずほぐれつさせようというコンセプトを思い出したスタッフがいた。さらに、その勝者である真のVプリンセスという「とってつけたような」ポジションを決めることになってしまったのである。
「トークテーマやるから勝手に話せ。その内容で勝者を決める」という「ルール?なにそれおいしいの?」という厳格なルールが設定され、厳正に勝負が行われた結果、必殺技「想像妊娠」を炸裂させ[19]、相沢がその座を射止めることとなった。
なお、対戦カードは以下のとおりである。
対戦者 勝者 決まり手
予選
カニ vs 世界最小サイズのFカップ カニ サルの歌
初音ミク vs SAMURAI・蝶々[20] 初音ミク 寝起き一番一本勝負、要するにドッキリ
私、引退します vs (´・ω・) カワイソス ノーゲーム [21]
決勝
カニ - 初音ミク カニ 想像妊娠

この書籍には他にも「男性ゲストの乳首あたりをみて「乳首が、透けてますぅ~///」と発言」「ハレ晴レユカイをマスターしてSOS団への入団を試みる[22]」「メイド服をはじめとしたコスプレなどの過激な写真をブログにアップロードしてみる」などといった、声優というよりもいっそ腐女子芸人的な、突き抜けたネタの一部始終が記述されている。

うますぎWAVE、またの名をソバシリーズ量産化計画[編集]

遠藤正明杉田智和斉藤梨絵と共演。初期は杉田の繰り出す下ネタ、無茶ぶり、置鮎龍太郎の物真似などに対して 何もできなかった。 しかし徐々に慣れたのか、本来の面白さを発揮。杉田とロボットアニメや桑島法子についてのテンポのいいトークを繰り広げた。 持ち味の天然ボケも冴えわたり、共演者を吹き出させることもあった。

第172回ではいつも通り中村悠一の話をする杉田に「聞き飽きた」と発言。それから10回ほどの間、杉田は中村の話をしなくなってしまった。

ラジオ内では数多くのキャラクターを演じている。

モリソバ
基本キャラ。出演者、リスナー、それに本人も忘れがちだが男の子である。もしかしたら男の娘かもしれない。
演じていないときでも一人称が僕になったりと、一体感は高い。
普段は音痴だが、本気を出して歌うと人が変わったような声になり、結構うまい。そのときは音声パーツを装着しているのだろう。
ザルソバ
モリソバの妹。イメージは口の悪い綾波レイ。ザルバではない。
カケソバ
みんなのアイドル。
ギャルソバ
チョーウケルんですけどー。
チャソバ
チーママとの区別がつかない。
ヘキソバ
委員長キャラらしいが、どちらかというとテレフォンショッピングの聞き手のような喋り方である。
ヤキソバ
熱血キャラ。
ソーキソバ
東北訛りの沖縄弁を話す。相棒とともに明るく振舞っているが、実は悲しい過去が……。
大きな弓を使って戦う
タンタンメン
チャイナキャラ。ショウロンポウしか言ってない気がする。
シットソバ
若くして主演を手にした後輩に嫉妬し、先輩の立場からプレッシャーをかける。
チンソバ
チン検閲により削除などの放送禁止用語をぶっ放す。本人に自覚は無い。
チーママ
スナックのママ。妙にうざい。でも悪い人ではないと思われる。
杉田曰く「成功したキャラはザルソバとチーママくらい」
コウジ君
テツヤさんの講義を受ける。ざっとこんなもんだぜぇ!

空を見上げる少女の瞳に映る世界のラジオ 長いから略して空上げラジオ[編集]

初主演作品のラジオ番組。テーマ曲は『姉もいもい』。

白石稔とともに声優としてのキャリアの浅い内田彩を育成する場面が多かったが、自身もラジオのコーナー内で織田信長を演じて森蘭丸を妊娠させるなど強烈な存在感を示した。

日常のラヂオ[編集]

パーソナリティは番組前半が白石みのる小神あきら東雲なの、番組後半が相沢、桜野くりむ椎名深夏

3人の中では一番先輩ということもあってか、あまり前に出ずに進行役に徹する場面が多い。 共演者からは「もい様」と慕われていた。特に本多からは好かれているが、本人はうざがっていた。 本多曰く「もい様はデレツンなので私だけに意地悪」 「男塾合格でしょうか?」のコーナーで、本多塾の理事長となり、にゴキブリ、ゴキブリを食べるクモ、高級ゴキブリなどを入塾させた。 ただし自分のもい部へのメールはサーバで止まっていた。

第28回に本多と古谷が入れ替わった。初めのうちは新人にして"名人"と呼ばれ、強烈なボケをかます古谷を、うまく扱えずにいた。 古谷のボケに相沢が乗って収拾がつかなくなり、たまらずに富樫が流れを終わらせる場面もしばしば。

松武秀樹・相沢舞のテクノスクール[編集]

2011年4月より9月までニコニコ生放送で放送された、テクノミュージックの入門番組である。「テクノの学校」という設定であり、松武が校長役、相沢は生徒役となって進行された。松武をはじめ、毎回ゲストが豪華であり、スタジオ観覧も含めて「観覧無料」に釣られた観覧者を「これホントに無料で観ていいの?」と不安にさせた[23]。内容も充実しており、毎回観覧者の満足率は高かったが、最終回の生放送終了後おこなわれたアンケートでは驚異の観覧者満足率100%という数値を叩き出している[24]

特に第2回には浅倉大介および小室みつ子が「テクノスクールの先輩」という設定でゲスト出演しており、前述の通り「重度のAXSヲタ」であるところの相沢はそのポテンシャルを如何なく発揮、暴走の限りを尽くした[25]。以下に概略を記す。

  • 事前にtwitterで暴走を予告
  • ゲスト両名が登場すると同時に「今日は会話とかさせてもらうかもしれないんですけど…!」と挙動不審に
  • 浅倉がシンセサイザーを操作し即興でSEを作成したり演奏したりするたびに大喜び[26]
  • 小室みつ子による作詞に関する講義中に「Life goes onの歌詞がもうファン心理的には…!これはふたりの歌詞だと思って…!」とガチ談義[27]
    • 浅倉「Life goes onね…。あれはaccessの…えっと何周年だったかな…のときn」相沢「15周年です!(きっぱり)」小室「舞ちゃんのほうが知ってるじゃ~ん!」
  • エンドロール時、映像・音声がフェードアウトする一瞬の隙をつき、「ジャムパンを渡すのが夢だったんです!」と隠し持っていたジャムパンを浅倉にプレゼント。予告を遂行することに成功する

全編にわたり「いちAXSヲタ」として暴走の限りを尽くした相沢であったが、にわか臭どころかガチヲタ臭しかしなかったため、スタジオ観覧者および視聴者にはおおむね好感を持って受け入れられた。

また、レギュラー放送終了半年となる2012年4月末におこなわれた「ニコニコ超会議」の1コーナー、「超テクノスクール」として復活している。ここでも浅倉・小室をはじめ、最終回ゲストである氏家克典やモモーイこと桃井はるこも再度ゲスト出演したほか、すでに発表されていた「キミニトドケ」を松武・浅倉を奏者に迎え初披露した[28]

「超テクノスクール」でも放送終了後のアンケートでは99%の満足度を叩き出しており[29]、現在シーズン2の開始が期待されている。

オイル売りの少女[編集]

概要のとおり、一時期においては「エンジンオイル売り」であったことがある。「孫正義に検閲により削除されたM-1グランプリ」のスポンサー「オートバックス」でエンジンオイルを売っていたら、いつの間にか営業成績女子部門で全国2位になったことがその主たる要因となっている[30]。この影響で、青二プロダクションホームページ内にあるボイスサンプルがカオスになってしまった……[3]。現在でもラジオなどでエンジンオイルについて楽しそうに語る姿を垣間見ることができる[31]

さらに、スーパーロボット大戦Zのスーパー系主人公機が「修理屋」という設定になり、必殺武器のカットインムービーでは「オイルの涙」が流れるようになった。暑苦しいスマイルをお持ちのナイスガイの嫁はもいもいの擬人化キャラ(要するに「あてがき」ってやつだ)だそうなので、関係上おそらく間違いはなかろう。

年齢について[編集]

ちゃんとした公式の場で言及した猛者もいた[32]よ?ユニバァアアアアス!!されたけどね!あと、「空上げラジオ」で「中学生から15年くらいずっと虫歯だ」と言っている気がするけど、計算なんかしちゃだめだぞ。

とかなんとか言ってはみたが、本人が「今年でウン十代最後」と言ったりしており、そんなにシークレットでもないようだ。

その他エピソード[編集]

  • 身長がとにかく低く、声優を身長順に並べた画像などではかなりの存在感がある。
  • 日常のBD・DVD発売を記念したニコニコ生放送では、スタッフによる慈悲の感じられない無茶ぶりにあい出演者全員が心に傷を負った。視聴者もお通夜状態になりニコニコであるにも関わらず草を生やせない空気になってしまった。特にひどい目にあった相沢は「明日からどうやって生きて行こう……」とつぶやいた。
  • 酒にはとても弱く、ユンケルを飲むと酔ってしまう。
  • 暗いのが好きで夜になると元気が出る。家の電気をつけずに生活していたことも。
  • 学生時代に先生に立たされてMに目覚めたという。
  • 友達がいないとよく言うが一応いるようだ。まあそうですよね。
  • ホルモンを食べていたら肉が喉から鼻へ逆流し、危うく窒息しそうになった。それがトラウマになって以来、ホルモンを食べられないどころか、食べてる人を見るのも辛い。

出演作品[編集]

魔法先生ネギま!(村上夏美)
いつの間にか小太郎の嫁に。出世したなあ。
らき☆すた峰岸あやの
こなたかがみが必要なように、みさおにはあやのが必要なんだってヴぁ!
喰霊-零-(神宮寺菖蒲)
「あやの~、相方を殺しても平気なのかよ~」「元、背景コンビよ」というシーンがあったとかなかったとか。
スーパーロボット大戦Z(メール・ビーター)
成長しても体形が…ってやっぱり中の人と同じじゃないか!
空を見上げる少女の瞳に映る世界日高ユメミ
ムント、私、諦めない!(お察し下さい的な意味で)
古墳ギャルのコフィー キャンパスライフ(2代目コフィーちゃん)
のっけから「前の声優さんは円満降板しました☆」ってすげえなおい[33]。このチンカス野郎っ☆[34]
キディ・ガーランド(アリサ・コール)
BL大好きなんだって[35]。…やっぱりやっぱり中の人と同じ…だと思ったらそれは間違いだ。なぜなら巨乳[36]だから。ただのモブかと思ったらえっらいセレブでビビったのは筆者だけではない…はず。でも、アニメじゃほとんどこの設定生かされなかったなあ。
涼宮ハルヒの消失阪中佳実
キョンくんの近くの席で咳をしてただけ。
日常 (漫画)長野原みお
叫びっぱなしのツッコミ役。その叫びようは同時期にあった舞台に影響が出ないか心配されたほど。
未来日記雨流みねね
えんがっぷ!

ほかたくさん。

他の声優との関係[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クソ真面目な方には生年表記されている。もちろん検証できない出典でだ。まったく削除厨はこういうときに仕事をしな検閲により削除
  2. ^ Twitter上でのネタ披露のほか、2011年9月以降はお笑いライブへ出演するなどしている。
  3. ^ 日本テレビ系列で放送されている「音の素」。
  4. ^ 後述の「スパロボOGラジオ うますぎWAVE」におけるソバシリーズも併せて参照されたい。
  5. ^ ニコ厨が金を払ってまでその声をたたえた記事
  6. ^ でも実際に見てもこんなことは書いてなかったりするんだがな。なぜかって?それは書いた端から削除主義者どもが検閲により削除
  7. ^ また、この動画に詳しい。
  8. ^ ランティスはよ。
  9. ^ [1]など、「結婚ではないか」との憶測が多いことが確認できる。
  10. ^ 本人がお知らせするよりも前にニュースが配信されてしまっていたのである。なんというネタバレ。
  11. ^ 「ダウンロード配信のみのリリースとなる楽曲」のこと。この場合はiTunes Music Store他での配信となっている。
  12. ^ その後、お笑いライブ「登風」にゲスト出演した際、「これ売れないと次ないよってビクターさんに言われてるんで」と発言。芸人に「いやいや、もっと清いコメントしなくていいんですか!」とツッコまれると、「汚くてもいいんで買ってください!!!」と応酬、クロスカウンターをたたき込み、一連の自虐ネタで撃沈させている。
  13. ^ この書籍はラジオ番組「V-Kingdom」にまつわるノンフィクションドキュメンタリーであり、生放送で行われた羞恥プレイの一部始終が赤裸々につづられているとかいないとか。気になる人は本編みればおk。ニコ動かどっかにころがってるだろ。また、サブタイトルは「プリンセスになろうよ」である。「シンデレラになろうよ」と混同しやすいので注意されたい。
  14. ^ ちくわを題材に「ネタをやれ」「くわえろ」などといったセクハラ行為が横行していた。……ある回では年頃の女性声優6人が集まってちくわをくわえあうという光景が繰り広げられたことも……やるなOBC。
  15. ^ 相沢のパートナーは世界最小のFサイズこと志村由美であった。
  16. ^ 相沢が番組でパーソナリティを勤めたのは2006年4 - 5月と2007年1月・3月の計4ヶ月間である。
  17. ^ 長谷川千雨のキャラクターソング。もちろんソロ。モブとは違うのだよモブとは!
  18. ^ でも上手かったけどね。
  19. ^ 出産したことないの?」は、この必殺技を放つための予備動作である。
  20. ^ なぜ「SAMURAI・蝶々」なのかはV-Kingdom第50回を参照せよ。
  21. ^ かたや引退。もういっぽうは……お察し下さい(´・ω・) カワイソス
  22. ^ この入団テストは涼宮ハルヒの中の人を前にして行われた。
  23. ^ しかし、番組自体はいたって健全なニコニコ明朗会計であり、実際に観覧は無料であった。
  24. ^ 嘘っぽいけどホントの話。
  25. ^ ニコニコ生放送のタイムシフトで現在でも視聴できる。ただし視聴できるのは毎月上納金を納めている真のニコ厨のみである。
  26. ^ ただし、これらの操作はすべてアドリブでおこなわれており、相沢に限らずスタジオ観覧者・視聴者のほぼ全員が驚愕していた。
  27. ^ 両名は相沢がAXSヲタであることを知らなかったため、突如語りだした相沢に置いてけぼりを食らってしまった。
  28. ^ 翌日おこなわれたお笑いライブ「登風」にて、「伴奏中ずっと浅倉さん見ちゃった」と発言している。ここでもガチヲタである。
  29. ^ 残りの1%はツンデレである。
  30. ^ V-Kingdom第1回を参照せよ。
  31. ^ 空上げラジオ 第18回を参照せよ。
  32. ^ 舞台を見に行った人たちだけの秘密だ!絶対だぞ!何が起きたかはうますぎWAVE第141回に手がかりがある…ような気がする。
  33. ^ DLE公式チャンネルのイントロダクション動画を参照せよ。
  34. ^ ダニエル戦々恐々。しかし「私の中の人の相沢さん自身が言いたい」ということだ。…ニコ生でも言ってたしな。いいぞもっとやれ。
  35. ^ キディ・ガーランド公式データベースを参照せよ。
  36. ^ 「あ~肩凝るわぁ」なんてセリフを放つ日が来ようとは。ちなみにキディ・ガーランド第14話を参照せよ。
  37. ^ 鷲崎健の超ラジ! #110を参照せよ。
  38. ^ V-Kingdom #42を参照せよ。
  39. ^ 空上げラジオ内で相沢が強引に組んだ百合百合しいユニット。活動内容はキャットファイトを除き一切不明。

外部リンク[編集]


Hayami.jpg この項目「相沢舞」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)