瞳のカトブレパス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「瞳のカトブレパス」の項目を執筆しています。

瞳のカトブレパス(ひとみのカブとレタス 英題:Turnip and Lettuce in my eyes.)は、週刊少年ジャンプ2007年25号から40号まで連載された、石ノ森正太郎原作・田中靖規作の超絶ネタ漫画やよ。 前年2006年1月29日から2007年1月21日まで実写ドラマ[1]がテレビ朝日系列で毎週日曜日8:00 - 8:30に全49話放送された。 別名『ジョジョの奇妙な冒険Part0.0156』。 キャッチコピーは「天の道を行き、総てを司れ!」

spoiler
spoiler

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ミッドナイトはブラック・ジャックにより脳を恋人の身体に移植されて女性になることや、翔北は流川からパスを受けた桜木が最後にシュートを決めて山王に勝利することや、教皇シオンは既にサガの手にかかり亡き者にされていることや、工藤新一に盛られた毒は灰原哀が開発したことや、実はグゥはハレの子供だったばかりかその相手はマリィであることや、市長は寄生獣に協力していただけの普通の人間であることや、紫のバラの人の正体は速水真澄であることや、奇天烈大百科は最後、ママに汚い白紙のノートと勘違いされて捨てられることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、単行本を手放さないようにしてください。

概要[編集]

連載終了後に商品展開が試されたが、絵が全然違うのはお察し下さい

Kを舞台に、志村TOKIOと愉快な仲間達が祅魔と闘う、バトル漫画なんだかギャグなんだかおっぱいサービスなんだかよく分らないまま、15話で無残にも打ち切られてしまった作品。

作者の田中は荒木ピロピコの正統な後継者(元アシスタント)で、随所にジョジョっぽい(っていうかまんまパクリ)描写が見られ多くの糞漫画愛好家を喜ばせてきたが、何ぶん「カトブレパス」という単語を正しく覚えられない者が続出したため、広げまくった風呂敷を一切たたむ事無く「俺たちの闘いはこれからも続く!!」の見本のような終わり方をした。

ジャンプで四方神ネタをやると必ず打ち切られる」というジンクスを決定的にした作品。
打ち切りの原因の一つに「瞳のカブレタス」なのに、カブもレタスも出てこなかったことが挙げられ、読者にとってこの伏線は謎のままである。

あらすじ[編集]

千年前、K都には多くの祅魔がはびこり人を喰っていた。それを四方の結界で封じた男の子孫たち「K都守護家」と、守護家の一員・「北の玄武」志村TOKIOと知り合った普通の足手まといな女子高生・やよが織りなす、笑いあり涙ありジョジョ風味ありの、結局よくわからない漫画。

登場人物[編集]

俺の脳内でアニメ化が決定した。名前の横に妄想キャストを記す。

「北の玄武」志村家[編集]

本業は「玄武寺」という寺だが、TOKIO以外の家族が彼の兄・TOKI人に殺された為、現在は寺として機能を果たしていない。因みにハイビジョンはあるのに電話は無い。

志村 TOKIO(しむら ときお)(声優:鈴村健一
16歳の自宅警備員で、志村家の21代目当主。左目に時の祅魔・カトブレパスを飼っていて(通称:志村とカトちゃん)、物の時間を止めたり敵の時間を止めたりできる。典型的なヒッキーなうえアニヲタ。人と目を合わせて喋るのが嫌い。だから目を合わせようとしてくるやよが嫌い。
街中で突然赤い涙を流し「うっ・・・そうか、近くにいるのか。カトブレパス。」とか呟く危ない奴。
たまーにカトちゃんを、『ぼくのわたしの勇者学』の魔女っ子・火野木望にレンタルすることがある(代わりにまさゆきをクリーニングして借りて来る)。
決して黒の騎士団のボスではない。
ハクタク(声優:杉田智和
決して「ハクダク」ではない。古くから志村家に仕える使用人頭で、実は"北の決壊結界"。つまり人間ではない。
いつも四つん這いになって黒い布を纏い、顔も隠しているので正直キモイ。顔を隠しているのに、そもそも人間じゃないのに、何故かゴールド免許を取得していることにツッ込んではいけない。
最終回近くになって、いきなり八頭身化した。八頭身のハクタクはキモイ。
田中の次回作『鍵人 -かぎんちゅ-』にも出演した。

「南の朱雀」細美家[編集]

本業は「朱雀庵」という蕎麦屋を経営。店の中に"南の結界"の杭が打ってある。

一燈とやよ。右下の次号予告に要注目。
細美 一燈(ほそみ かずと)(声優:中井和哉
決して太◯数子ではない。21歳の蕎麦屋のあんちゃんで、細美家の21代当主。髪に火の鳥・マソホソニドリを飼っていて「一円玉」とか「百円玉」とか「千円札」とかいう技を使う。「黒い三連星三連朱雀」という子分がいる。やよが嫌い。
ミッキー(声優:浪川大輔
18歳。三連朱雀(みつらすざく)のひとり。銀星(ギンボシ)という祅魔を飼っている。チャラ男。
きれいなまさゆき(声優:大塚明夫
25歳。三連朱雀のひとり。雷切(ライキリ)という祅魔を飼っている。『ぼくのわたしの勇者学』のキャラ・ギロチンのまさゆきを綺麗にしてレンタルしてきた。グラサンを外すと目がキラキラしている。
五十嵐(いがらし)(声優:茶風林
三連朱雀のひとりでじいさん。打ち切りのせいで出番が無かった。

「東の青龍」倉持家[編集]

本業は大財閥「青龍会」を経営。青龍会ビルが"東の結界"になっている。

倉持 みちる(くらもち -)(声優:後藤邑子
17歳のお嬢様で、倉持家の21代目当主。に水龍・シャカラオウ(プニプニしてて可愛い)を飼っている。巨乳天然ボケドジッ娘。明らかにテコ入れで投入されたキャラ。
倉持 たまき(くらもち -)(声優:くじら
みちるの祖母で先代当主。ド◯えもん並に頭身がおかしい。

「西の白虎」叛阿弥家[編集]

打ち切りのせいで、存在そのものが無かったことになってしまった家。

叛阿弥(ほんあみ)
一応2巻(最終巻)のカバー裏にこっそり描かれていたが、昔田中が読切で描いたキャラの使い回し。

パンピー[編集]

やよ(声優:野中藍
15歳でTOKIOのお隣さんの女子高生にしてやよ教教祖。うざいうえに某女子高生探偵並みの大食漢で、志村家で勝手に飯を喰う
作中で唯一関西弁を喋るが、明らかにおかしい関西弁を喋る。ホントの京都人は「やよ」なんて言わないのでこのあだ名がついた。
パンピーのくせに勝手に祅魔との闘いに首を突っ込み、危機に陥って足をひっぱる。後半(当初の予定では前半)はみちる様登場のせいで空気化。
ちなみに作中で一度パンチラしている。

ZECT[編集]

前年度の実写ドラマ版に登場。漫画本編には一切登場しない。

天道総司(俳優:水嶋ヒロ
知っての通りのゴーイングマイウェイ野郎だが、役立たずと中二病しかいない漫画版ではツッコミ役を振られてばかりいる。

[編集]

天魔 破旬(てんま はじゅん)(声優:石田彰
祅魔の一番偉い人らしい。"天魔破旬"は中の人で、容器はTOKIOの兄・TOKI人(ときひと)。瞳孔が星形だったのでグレて、TOKIO以外の家族を皆殺しにした挙句天魔破旬と同化したらしい。
打ち切りのせいで1回しか出番がなく、結局何をしたかったのかも不明。
開明(かいめい)(声優:関智一
天魔破旬のパシリで、K都にいろいろと祅魔を送る係。

用語[編集]

もうめんどくさいので死にます。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

結論[編集]

とにかく劣化ジョジョ。

追記[編集]


Poruporu.png あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは "瞳のカトブレパス" を見つけたと思ったらそれはスタブだった』
な… 何を言ってるのかわからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… 身長が156cmだとか1が2だっただとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… (Portal:スタブ)