破門

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

破門(はもん)とは、

  1. (英語で言うとGate)を強引に突破すること。
  2. ある師匠弟子がその師匠の弟子であることを辞めされられ、場合によっては処刑されること。

のいずれかをさす。

1の意味での「破門」[編集]

この意味での「破門」は、英語で「Break the gate」というらしい。 たとえば、こういった例がある。

  • 高速道路料金があまりに高すぎると日ごろから思っていたAさんが、高速道路を利用したときのこと。当然、いつものように料金所で料金を請求される。だが、Aさんは、そこの料金所にいたおっさんにこのように書かれた「破門状」をたたきつけた。
    • 高速道路無料通行宣言書

おっさんは愕然としたそうな。みんな、自分がまともで、かつ、品行方正な人だと思うならそれぐらいちゃんと払えよ!!

あと、この話には、ものすごいスピードで文字通り料金所を「強行突破」するバリエーションもある。

このような奴は、社会から「破門」されるべきである(これは2の意味)。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

2の意味での「破門」[編集]

以下のような例がある。

  • 門限を守らなかった場合。
  • 坐禅の途中で眠ってしまった場合。
  • 師匠の目の前で「(かつら)」という単語を発した場合。
  • 師匠の目の前でパソコンを使用した場合。
  • 師匠よりも先に悟りを開いてしまった場合。
  • 師匠に、自営業八百屋で野菜を買うよう頼まれたが、すでにシャッターを閉め、閉店していて買えなかった場合。
    • ただし、この場合は「破門」すれば何とかなる場合が多い(これは1の意味)。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「破門」の項目を執筆しています。