おじいちゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
祖父から転送)
移動: 案内検索

おじいちゃん男性を長期間放置すると出来上がる。特に君のママまたは君のパパ父親を意味する。かつては洋の東西を問わず貴重だったが、なぜか最近は貴重でなくなりつつある。

おじいちゃんの歴史[編集]

少なくとも君のパパまたはママよりも前、ひいおじいちゃんまたはひいおばあちゃんの後に誕生した事は確かだ。その後色々あって射精した結果君のパパが生まれ、君のパパが射精した結果が生まれた。

おじいちゃんの特徴[編集]

  • おじいちゃんの話は長い。どれ位長いかと言うとアメリカ合衆国自転車で一周する位の長さがある。
  • おじいちゃんの頭は白い。物がなかった頃はシャンプーの代わりに漂白剤を使ったのだろう。
  • おじいちゃんの皺は深い。その昔合体(性的でない意味で)できるイヤリングを魔女に使われたせいだとあるアニメにあった。
  • おじいちゃんの入れ歯は臭い。だがおじいちゃんが悪いのではない。口に異物を入れるからだ。
  • おじいちゃんが醤油とソフランCを間違えて服を真っ黒に洗い上げた。なぜなら老眼だから。
  • おじいちゃんは君にお小遣いをくれる。その度に君のパパとママはいい顔をしない。
  • おじいちゃんはおばあちゃんとセックスをする。何か問題でもあるかい?

世界の有名なおじいちゃん[編集]

おじいちゃんから一言[編集]

「私のおじいさんがくれた初めてのキャンディー、それはヴェルタースオリジナルで、私は4歳でした。その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。なぜなら彼もまた特別な存在だからです。」

甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「おじいちゃん」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいおじいちゃんをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんおじいちゃん。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)