神奈川東部方面線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

神奈川東部方面線 (かながわとうぶほうめんせん)とは、鉄道教徒による多大なる妄想が実現する一つの方法である。

概要[編集]

相鉄線ウエストバレーから、今は使われていないはずの東海道貨物線の横浜羽沢駅の近くに無理矢理ゆきりぬ・スーツの聖地を置き、さらに混みあっているはずなのに快く提供してくれたNew Yokohama Stationを経て慶應義塾大学日吉キャンパス駅の区間を新たに作る路線である。

このうち、新宿までの直通列車は、ゆきりぬ・スーツの聖地から東海道貨物線・JAL Watchを通った後に横須賀線の線路に入り、最強線と同じ形で列車を走らせることとなっている。何がなんだかわからないので、詳しく知りたければ物好き辞書に頼ることを強く推奨する。

経緯[編集]

さて、なぜこのようなゴチャゴチャした路線を作ろうかと思ったのだろうか。一つにハマの人口減少がある。いままでバブルなどで横浜は常に最先端をゆく近未来都市として名を馳せてきたはずなのになぜこのような失墜が見られるのであろう。そんなことはともかく、横浜だけでは相鉄は生き残れないと悟り、今まさに副都心線によって東武線西武線とつながった東横線を標的としたのである。その際、つなげるのは大体大倉山駅であろうと予測されていたのにもかかわらず、「東急だけでは心配だ」などと思ったどうかはわからないが、ちょうど近くに東海道貨物線の貨物駅がある、鉄道空白地帯を通ろうと画策、いっしょにJR東日本とも直通しようと欲張ったのである。そして、この項目ではそれにより出来るルートを一つ一つ細かに解説する。

新路線について[編集]

  • 海老名駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り高崎線方面に至るルート
この場合、小田急小田原線と大きく内容がかぶってしまう。それどころか、小田急のほうがより速く新宿駅に着けるので、全く需要がないと思われる。
  • 湘南台駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り高崎線方面に至るルート
この場合であっても、小田急江ノ島線経由で小田急小田原線に乗れば確実に早く行けるのであるため、この路線を作る理由は川崎市渋谷区を通るだけである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り宇都宮線方面に至るルート
宇都宮線は昼間はあまり本数が多くないこともあり、需要は限りなく低いとされている。また、海老名も宇都宮もベッドタウンであることに替わりはないため、根本的にいらないというのが現実なのではないだろうか。そもそも、田舎から田舎を結ぶ路線など、採算が取れないことは流石のJR東日本も承知のうえである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、湘南新宿ラインを通り埼京線方面に至るルート
通るルート的には湘南新宿ラインとほとんど変わらない。本数的には宇都宮・高崎線よりはましだが、やはり埼京線の沿線はベットタウンであるため、上記と同じ理由でいらないと思われる。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、上野東京ラインを通り宇都宮線及び高崎線方面に至るルート
最新路線を通り、宇都宮線や高崎線に行く。それはいいのだが、この電車の利点は東京に出やすいだけである。別に東京に何かがあるわけでもないわけで。そもそも、新幹線に乗るのならまさにこの路線の途中、新横浜駅で乗ればいいだけである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、上野東京ラインを通り常磐線方面に至るルート
ボランティアをするならともかく、常磐線に乗り入れるということは地獄に足を突っ込むことと全く変わらない。観光目的とはいえ、その目的を達成したいのは鉄道教徒に限られ、ただの自己満足というだけなのである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、横須賀線を通り成田空港に至るルート
ついに成田に直結、相鉄。しかし、羽田空港のほうがより良いのではなかろうか?確かに海外便は成田空港が多いものの、それなら普通に横浜から京急に乗るほうがよほど早い。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、りんかい線を通り舞浜方面に至るルート
埼玉からも神奈川からも直結、ネズミの国。ただし、そんなものを作って喜ぶ人はいるのだろうか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東海道貨物線、計画中の羽田新線を通り羽田空港に至るルート
新発想の計画。ただし、羽田新線は品川方から来るので、スイッチバックを余儀なくされる。同じことをするなら、よほど京急空港線で行ったほうがマシというべきであろうか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急東横線、副都心線を通り西武池袋線方面に至るルート
東急東横線はただのベルギーとなってしまう。これで県央のサル園から秩父のクマ園に直通することができる。だからと言ってそれが何か役立つかといえば、それはないに等しいのは確定的に明らかである。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急東横線、副都心線を通り東武東上線方面に至るルート
東武東上線に入っても、通勤がより面倒になるばかりである。もう横浜には直通できるし、まったく理由が感じられないのが本音であろう。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急目黒線、南北線を通り浦和美園駅に至るルート
海老名駅から浦和美園駅に行くことの重要性がまるでない。ベッドタウンばかりをつないでも、特に功績は発見されない。それとも、つなぐことでマネーが得られるのであろうか。相鉄の考えは意味不明といったところか。
  • 海老名駅もしくは湘南台駅から東急目黒線、三田線を通り西高島平駅に至るルート
もともと、三田線は東武東上線につながる計画があった。その当時はとても高島平は賑やかであったからである。しかしここ最近では高島平はすっかり廃れてしまったので、今更作っても意味はない。

現実[編集]

ここからは、現実の運行形態について記述する。

相鉄・JR直通線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「相鉄・JR直通線」の項目を執筆しています。

概要[編集]

とりあえず、JR側の直通先は埼京線となり、2019年11月30日に開業。でも東急直通線が開業したら埼京線直通は必要な(ry

上野東京ライン」やら「湘南新宿ライン」やら、やたらと運転系統に愛称をつけるのが好きなJR東日本だが、深澤ゲートウェイはこの運転系統にあんまり興味がないのか、特に路線愛称を決めなかった。そのため、武蔵小杉駅 - 羽沢横浜国大駅間は「相鉄線直通」なのか「埼京線直通」なのか、はたまた「横須賀線」なのか「湘南新宿ライン」なのか、今なお明確な答えが出ていない。

ただ一つ言えることは、武蔵小杉駅 - 羽沢横浜国大駅間は「埼京線」ではないということだけだ。

使用車両[編集]

相鉄12000系
JR直通用に作られた、全身紺色の相鉄車。ちなみに、当初は11000系が直通を見越して作られた車両だったのだが、JRが勝手に埼京線にATACSとかいう独自の運行システムを導入してしまったため「改造は面倒だから新車にしよう」という展開になり、悲しく線内運用限定になってしまった。
JRE233系7000番台
埼京線で使われている車両。

停車駅[編集]

特急
海老名駅 - 大和駅 - 二俣川駅 - 西谷駅 - 羽沢横浜国大駅 - 武蔵小杉駅 - 西大井駅 - 大崎駅 - 恵比寿駅 - 渋谷駅 - 新宿駅 (- 埼京線)
各停
海老名駅 - (この間各駅停車) - 西谷駅 - 羽沢横浜国大駅 - (以下特急と同じ)

以上のように、直通列車は相鉄本線では特急と各駅停車の2種類あるが、JR線内羽沢横浜国大 - 新宿間は各駅に停車する・・・とみせかけて実は鶴見駅と新川崎駅は全列車通過する。ちなみにいずみ野線への直通はないため、結局いずみ野線ユーザーは乗り換える場所が横浜から二俣川(もしくは西谷)に変わっただけで、それほど恩恵を受けていない。また、朝の一部列車を除いて相鉄直通列車は新宿止まりである。よく考えたら、「埼京線直通」と銘打っておきながら大半の列車は埼玉に行かないって、ある意味詐欺である。ちなみに、海老名~川越間を直通する列車は埼京線内快速(平日は通勤快速)なのだが、羽沢横浜国大~大崎間は「埼京線ではない」という不条理な理由により各駅停車と案内される(せめて種別表示はやめとけよ・・・)。そのため海老名~羽沢横浜国大間特急・羽沢横浜国大~大崎間各停・大崎~大宮間通勤快速・大宮~川越間各停と3回も種別変更するトンデモ列車も爆誕した。これにはあの名古屋鉄道も驚きだろう。

路線の様子[編集]

海老名~西谷間
相鉄本線を参照。
西谷~羽沢横浜国大間
正式名称は相鉄新横浜線。だが2020年時点ではまだ新横浜までつながっていないため、詐欺呼ばわりされないために「相鉄新横浜線」という案内は全く使われていない。羽沢横浜国大で相鉄とJRの管轄が切り替わる。この区間を走る列車の大半はJRに乗り入れるが、早朝・深夜には海老名・西谷~羽沢横浜国大間のみを走る運用も存在する。その運用は相鉄線内完結運用にもかかわらず、なぜか決まってJR車が使用される
羽沢横浜国大~大崎間
正式名称は東海道本線。だが、案内上ではなぜか「相鉄線直通」「埼京線直通」とだけしかアナウンスされておらず、この区間が俗にいう何線なのかはぼやかされている。羽沢横浜国大~武蔵小杉間では貨物線の線路を間借りしているのだが、その線路上にホームがないため、途中の鶴見や新川崎といった駅は全てスルーし、なんと1駅区間なのに15分かかる。ちなみに、それに伴う運賃計算の特例で、羽沢横浜国大からは1駅で着く武蔵小杉までよりも2回乗り換えが必要な鶴見までの方が運賃が安いという謎の逆転現象が発生している。また、武蔵小杉~大崎間では湘南新宿ラインや横須賀線と線路を共用するため、ここが本数のネックとなり、日中は驚愕の30分に1本というクソダイヤになってしまった。その結果羽沢横浜国大の時刻表は秘境駅並みのスッカスカ状態である。
大崎~新宿~川越間
埼京線を参照。

相鉄・東急直通線[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「相鉄・東急直通線」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

概要[編集]

東急側は2022年に開業予定。東急目黒線を日吉駅からそのまま南下する形で延伸するため、全列車目黒線直通になる・・ハズだったが、「渋谷から新横浜まで直通列車を出せば儲かる!!」ことに気づいてしまったため、目黒線直通に加えて東横線直通も設定される見通しだ。

なお、現時点では東武・西武・メトロが直通に興味ないのかコメントを出さないため、東横線に乗り入れても渋谷駅までしか入れない可能性が高いこと、さらに東横線直通が実現してしまうと、先行して開業したJR直通線が無用の長物となってしまうため、事業は難航している。

脚注[編集]


関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神奈川東部方面線」の項目を執筆しています。
Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第33回執筆コンテストに出品されました。