神曲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「神曲」の項目を執筆しています。

神曲(La Divina Commedia)とは、3という数字にとりつかれたイタリアの詩人、ダンテ・アリギエーリが著した恨み辛みと妄想の集大成である。なお、無学無教養なニコ厨どものために断っておくが、かみきょくではなくしんきょくと読む。

目次

[編集] 概要

地獄篇・煉獄篇・天国篇の3篇からなる。詩集の形式を取り、その詩の数は14233行、99(3×33)+1歌である。詩は全てが3行を1連とし、詩の最後の連のみが3+1行となる。

全体を貫くテーマは恨み辛みである。神曲を著した当時ダンテは政争に敗れて不遇を託っており、その恨みを自分の作品の中ではらさんと、政敵をことごとく地獄送りにしている。[1]とんでもないことに、の代理人であるはずのローマ教皇すら地獄にたたき落としているのであるから、恨みの深さは相当なものなのであろう。

そしてそんな恨み辛みを言いまくるダンテもやはり地獄送りなのだろうと思いきや、神曲の中には不平不満や恨み辛みを言う人間が行く地獄はない[2]ので、煉獄という修行の場を通って天国に行き、神に出会っている。しかも、理想的な美女に導かれて、である。自分に甘いにもほどがある。

[編集] タイトル

「神曲」とは森鴎外がつけたもので、原題はCommedia(コメディア、喜劇)である。その後Divina(ディヴィーナ、神聖なるの意)という皮肉がくっつけられ、現在のLa Divina Commediaと言うタイトルになった。なぜコメディアなのかというと、円満な結末だからなのだそうである。確かに書いてる方にしてみれば円満かもしれないが、個人的な恨み辛みで地獄に落とされた方にしてみればたまったものではないだろう。世の中、評価を受けたものの勝ちなのだろうか。

[編集] 評価

キリスト教的に「正しい」ので、西欧世界での評価は非常に高い。逆に、「キリスト教的に正しすぎ」、ムハンマドやアリーを地獄の中途半端なところに落としたり、寺院であるモスクを地獄の形容に使ったりしているのでイスラム教世界からは目の敵にされている。同じ穴の狢なんだから仲良くしてほしいものである。

また、個人的な恨み辛みを別とすれば文学としては非常に完成度が高いとされる。つまり、才能のある人は得をすると言うことである。

[編集] 脚注

  1. ^ これは「リアリティ」ととらえられ、人気を集めたとのことであるからわからないものである。
  2. ^ 地獄は大きくは9、細かくは23あり、肉欲におぼれた者、大食したもの、けちと浪費家、怒りに我を忘れたもの、キリスト教以外の宗教を信じるもの、隣人に暴力をふるうもの、自分に暴力をふるうもの、神と自然を蔑むもの、女衒、太鼓持ち、聖職を汚すもの、占いをするもの、汚職をするもの、偽善者、盗賊、謀略家、不和の種をまくもの、詐欺師、肉親を裏切るもの、祖国を裏切るもの、客人を裏切るもの、主人を裏切るものである

[編集] 関連作品

ダンテの脳内彼女ベアトリーチェが出てくる。ツンデレの魔女である。
神曲をモチーフにした作中の小説「ネアニスの卵」に見立てた殺人が行われる。


この項目「神曲」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語